関西と関東のスピ−チの違い??

初めに

1月初めに関東に某メジャコンを観戦に行って参りました。そこでの休憩時間の話です。そこでのある会話です。「関西と関東のスピ−チの違いと比べて、この大会は違うでしょ☆」と会話していました。そのときは私は、「関西と関東ってスピ−チの質が違うんかなぁ〜と、あんまり変わらないような気もするが・・・」と思いました。今回は無理やり「関西と関東のスピ−チの違いって何だろう?」と私の意見を述べていきたいと思います。

今はボ−ダレスな時代では

ほんの一昔は関西のエリミに受かるのは簡単だったらしいです。その理由は関東の参加者が少なかった事があげられます。よって「それってスピ−チなん!!」とメジャ−に出ている人なら誰もが疑う勘違いスピ−チが多かったらしいです。よって関西では通用するけど、関東では通用しないスピ−チがたくさんあったらしいです。しかし、ここ数年スピ−チコンテストが減っていく中、必然的に地方の方にもスピ−チ大会へ出場する関東のスピ−カ−が多くなっている傾向にあります。ここ数年見ても、関西では初心者の大会でお馴染みな大会まで関東からの参加者を見るようになりました。また今年に限っては、関西では初心者の大会で普通2〜3年は絶対出さないと暗黙の了解にされている大会に、2〜3年生の関東からの参加者がプライズを取っていくのを良く見るようになりました。これは情報不足だと思います。それにより今まで「それってスピ−チなん!!」っという”エセスピ−チ”がまったく通用しない現状になりました。そうつまり全国で通用するスピ−チを作らないと普通の大会にさえも出れないという状況になってしまったのです。実際神戸の団体が主催している大会で、関西なのに関東のスピ−カ−だらけというのがあったぐらいです。関西は必然的に関東勢に負けないスピ−チを作らなければいけなくなったのです。その関西の努力が認められたのかどうかわかりませんが、こういう温かいコメントを未だに忘れることは出来ません。99年度の某関西のメジャコンでのレセプションで翻訳家のジャッジさんが、「私が6年前初めてジャッジを引き受けた頃、オ−ディエンスと関西の参加者は主催大学の学生しかいなかった、それ以外の参加者は関東の学生だけだった。しかし、今は半分以上は関西のスピ−カ−が参加し、またオ−ディエンスも関西の学生がたくさん見に来てくれていることを嬉しく思いました。」つまり近年関西もレベルアップをしているという傾向なのです。関東が積極的に地方に遠征する時代なので、昔のように関西だけで通用するスピ−チでは太刀打ちできないのでしょうね☆本当にボ−ダレスな時代だ!!

エリミジャッジの経験より

今年エリミジャッジをしました。これはどこの大学ぽいな-まではわかったけど、関西とか、関東とか、見分けれなかったです。本当にコンテンツの質はそんなに変わらなかったような気がします。品質が均等になっている気もします。あえて別けるとすれば、こんな特色があります。

強引に分けるとすれば

関西の特色

 聞いていてもわかりやすい文を書く

関東の特色

 レトリックを多用する

無理やり分けたので自分でもいまいちですが、関東のスピ−カ−はそんな所にまで何でレトリック使うねんと疑問に思うことがたまにありますが・・・

やっと全国大会だと意識し始めたのでは・・

スピ−チ大会は本来全国大会なはずです。数年関西では全国を意識しないスピ−カ−が良く見うけられました。今のボ−ダレスな時代に勝ち抜くには、たとえ関西であろうとも全国で通用するスピ−チを作らなければいけないことに気づくべきです。実際関西のスピ−チ人口も減っています。関東のレベルについていけないからでしょう。昔はメジャコンは関東に占められていましたが、今日では普通の大会でさえ占められるのではないかと思っております。

最後に

今は全国に通用するスピ−チを作らないと、大会にさえ出れない時代だと思っています。結論として、関西や関東のスピ−チが違うとか言っている時点でもうこの時代では勝ち抜けないと思います。だから私には正直ぴ〜んとこなかったのです。この時代に勝ち残るには、いち早く全国どこ行っても通用するスピ−チを書かなければいけないと思い、対応したスピセクが生き残るでしょう。本当に関東から実力で奪い取らないと、どこの大会も出れないのでは?また、昔の関西は凄かったとか、違いがはっきりしてたなど感想を私信もしくは、BBSにコメント頂けると個人的にうれしいです。