バルナクル刑事(本名だったかな、これ)
「メグレたてつく」に登場する引退間近の(といってもメグレより2歳6ヶ月というえにしかすぎないが)
老刑事、写真の腕がある。喜びも好奇心も無い目、すりへってたるんだ皮膚、だるそうな肩をしている(・・ひどいな)。
ただし、犯人追跡になると、決して逃がさず、パリの半分はがれたポスターがたくさん貼ってある、
灰色の壁みたいに群衆に紛れ込む。しかし、笑って「こまったことになっても、わたしのために動かないで下さいよ。
ずっと前から、私はああいう連中に「くそったれ!」って言ってやりたかったんですから!」といってみせるなど、結構良いキャラ。
人物紹介トップへ