メグレが食べる料理




あーもう、食べたくてたまらなくなる料理です。誰か作ってください・・・。
登場順に掲載しますが、お酒類は一回出たやつは省略しているときがあります。
メグレ激怒する オムレツ(としか記述が無い・・・)
松露の薄片やざりがにのしっぽがちりばめられたソースのかかった、手の込んだ珍味料理(という記述のみ。具体例はない。わかった方ご一報を)
揚げ卵
メグレの途中下車王室風野ウサギ(ル・リエーブル・ア・ラ・ロワイヤル)
チョコレートシュークリーム
タルト
シャコのひなのキャベツ巻き
タラゴンチキンのアスパラガス添え
仔牛のブランケット(仔牛の肉と野菜をホワイトソースで煮込んだシチュー)
ris de reau a labelge ベルギー風仔牛の胸腺
メグレと殺人予告状rougets grilles ほうぼうのグリル
truites au bleu 紅鮭の青煮
メグレの途中下車 perdreaux au chou やまうずらのヒナのキャベツ巻き
rougets grilles ほうぼうのグリル
メグレたてつく アントレ(食事のはじめに肉の前に出す料理)
スフレ(天火を使ってふくらませて焼く、たまごの白身を使って焼く軽い料理)
コック・オ・ヴァン(白ワインを使って雄鶏を煮込んだ料理)
定食のアヒル(って言われてもなあ・・・)
ブリ・チーズ(ブリはフランスの旧地方の名前)
メグレと老婦人の謎 <食べ物>
冷肉
マヨネーズをかけたサラダ
にしんの薄切り
フライドポテト
子牛の腸詰
子牛のシチュー
子牛肉の蒸し煮
すかんぽの煮込み
クロワッサン
子牛のブランケット
子牛の胸腺
子牛の骨付きあばら肉
いちご入りケーキ
<飲み物>
白ワイン(白ぶどう酒)×3
コーヒー×4
カルヴァドス
生ビール
ロゼ
トムコリンズ
<詳細>
冷肉&マヨネーズをかけたサラダ(メグレ婦人が作った夕食)
ボジョレー&にしんの薄切り&フライドポテト付きの子牛の腸詰&コーヒー(ビヤホール<<ドフィーヌでの昼食>>)
子牛のシチュー(メグレ婦人の昼食の残り)
カルヴァドス(お酒です)
生ビール(街角のバー)
子牛肉の蒸し煮&すかんぽの煮込み(メグレの好物)
白ワイン(ロワール産:ドフィーヌにて)
白ぶどう酒(バー「ボンゴ」にて)
白ぶどう酒(「カウンターにゆで卵が置いてある常連相手の小さなビストロにて」
コーヒー(パリからモンテリーマールへの夜行列車の中で。まずかったらしい・・・)
コーヒー(モンテリーマールのカフェ・レストランんにて)
コーヒー&クロワッサン(メグレではなく登場人物の一人が食べた。)
ロゼ(お酒)
トムRリンズ(お酒)
ロゼ
子牛のブランケット
子牛の胸腺&子牛の骨付きあばら肉&いちご入りケーキ(ヴィクトワール広場のレストランでメグレ婦人との夕食)
メグレと殺人者たち 生ビール×2&サンドイッチ(ドフィーヌからのデリバリー)
シュクルート(塩漬けキャベツ)(「バスティーユの大砲」にて。後にジャンビエも食べる)
ミル・フィーユ(パイにクリームを挟んだケーキ:レピュブリック通りの生菓子店。メグレ夫人によるとおいしいミルフィーユを作ることのできるパリで唯一の店にて)
アルコールをたらしたコーヒー(朝の6:30分に開いたばかりのカフェでポール医師と。)
クロワッサン(同上の店で、労働者が食べていた)
豌豆のスープ&鱈料理&りんご&白ワイン(登場人物が食べた)
ボージョレーワイン(「ボージョレーの酒倉」にて)
シュズ・シトロエン(アルコールがほとんど入っていない、苦い飲み物。付き合い酒の多い職業の人がよく飲む)
グロッグ
黒すぐり酒
ヴェルモット
ソーセージ&いわしの缶詰&オランドチーズ&濃い青味がかったワイン
仔牛肉蒸し煮(フリカンドーア・ロゼイン)
ラム
クリームチーズ
ブルーチーズ
コニャック
ビール(大ジョッキ);リュカが飲んでいた
シュクルート×2&生ビール×2(「カドラン」にて)
ジン
ハムサンドイッチ×2&生ビール×3(「ラ・クポール」にて)
濃いコーヒー
薄いラードで包んだ鶏肉
やまうずらとキャベツの煮込み
ビール(ドフィーヌ)にて
コーヒー
カルヴァドス

メグレトップへ