愛知大学学長武田信照 五十周年を迎えるにあたり 杉浦健五師範
イギリスより愛を込めて 早川明心 連合王国より声のある限り 早川明心
故大塚最高師範 50周年史の発刊に際して 田中宏 私の欧州30年の回想 坂神国昭
同窓会会長 出席者の方々
昭和27年度 昭和28年度 昭和29年度 学生歌 空手道部歌
昭和30年度 昭和31年度 昭和32年度 昭和33年度 昭和34年度
昭和35年度 昭和36年度 昭和37年度 昭和38年度 昭和39年度
昭和40年度 昭和41年度 昭和42年度 昭和43年度 昭和44年度
昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度
昭和50年度 昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度
昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度 昭和58年度 昭和59年度
昭和60年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度
平成2年度 平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度
平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度 平成11年度
平成12年度 LINK  

創部50周年をお祝いして

愛知大学学長武田信照 

 

 愛知大学空手道部創部50周年おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

 愛知大学創立4年後に空手道部が産声をあげ、この50年の間に全日本学生空手選手権大会に出場を果たし、東海学生空手道選手権大会においては常時優秀な成績を収めてまいりました。また、ここ何年も愛知大学後援会の課外活動奨励賞授与には必ずといってもいいほど空手道部が名を連ねています。これもひとえに部長を始め師範・監督・コーチあるいは先輩の皆様方のご指導と部員の努力の賜物と思っています。

 大学は課外活動に積極的に参加することを学生に勧めています。それは学生生活を楽しく豊かにするために、また集団の中で、共同活動において社会的・人間的な資質を身につけるために有意義であると考えるからです。

 課外活動の中で武道系のクラブは数多くありますが、空手道部もその一つです。武道は精神の涵養と人格の向上を図ることを第一義としていますが、この面では空手道はその色彩の最も強いものの一つであり、学生の心身の鍛練に大いに役立つものと思います。規律やモラルの面での最近の学生の風潮を考えるとき、礼節を重んじる空手道の精神がクラブの諸活動を媒介に、学生の中に波及していくことを期待しています。

 近年、課外活動に参加する学生達が少なくなり、それは武道系のクラブに顕著です。空手道部も例外ではないと聞きます。しかし伝統ある空手道部です。その輝かしい実績が連綿と受け継がれていくだけでなく、さらに裾野を広げ一層の発展を遂げられるよう祈念して創部50周年を記念するお祝いの言葉とします。