愛知大学学長武田信照 五十周年を迎えるにあたり 杉浦健五師範
イギリスより愛を込めて 早川明心 連合王国より声のある限り 早川明心
故大塚最高師範 50周年史の発刊に際して 田中宏 私の欧州30年の回想 坂神国昭
同窓会会長 出席者の方々
昭和27年度 昭和28年度 昭和29年度 学生歌 空手道部歌
昭和30年度 昭和31年度 昭和32年度 昭和33年度 昭和34年度
昭和35年度 昭和36年度 昭和37年度 昭和38年度 昭和39年度
昭和40年度 昭和41年度 昭和42年度 昭和43年度 昭和44年度
昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度
昭和50年度 昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度
昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度 昭和58年度 昭和59年度
昭和60年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度
平成2年度 平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度
平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度 平成11年度
平成12年度 LINK  

平成2年卒業

「為せば成る!!」

石黒吉久

 当時の思い出としては、時代の変化のためだと思いますが、大学の武道系部活の人数が減り県内大学空手道部は、全体に部員が少なくなっていました。名城、中京大学なども部員減少に頭を抱えており、大学空手道部も自分が4年生の時の部員は4年生1名・3年生1名・2年生4名・1年生4名・合計10名と寂しい人数でした。

 しかし、お忙しい中、練習を看て頂いた数多くのOBの諸先輩やガッツある後輩たちに恵まれ少人数ながら活気のある練習ができ今でも皆さんに大変感謝しております。

 当時入学時には体力的には少々とる自分でしたが、永年培われ、考えられた練習方法のお陰で随分と体力が付き、又、未熟ながらも空手道の第一歩にふみこめたと思います。

 現部員の方々が伝統を活かしながら新しさのある空手道にされることを期待し、今後の愛知大学空手道部が更なる発展をすることを心より願っています。

戦歴

東海大学空手道選手権大会 春季 「団体優勝」

                      「個人3位」 石黒吉久

東海大学空手道選手権大会 秋季 「個人3位」 石黒吉久

主将 石黒吉久