愛知大学学長武田信照 五十周年を迎えるにあたり 杉浦健五師範
イギリスより愛を込めて 早川明心 連合王国より声のある限り 早川明心
故大塚最高師範 50周年史の発刊に際して 田中宏 私の欧州30年の回想 坂神国昭
同窓会会長 出席者の方々
昭和27年度 昭和28年度 昭和29年度 学生歌 空手道部歌
昭和30年度 昭和31年度 昭和32年度 昭和33年度 昭和34年度
昭和35年度 昭和36年度 昭和37年度 昭和38年度 昭和39年度
昭和40年度 昭和41年度 昭和42年度 昭和43年度 昭和44年度
昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度
昭和50年度 昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度
昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度 昭和58年度 昭和59年度
昭和60年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度
平成2年度 平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度
平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度 平成11年度
平成12年度 LINK  

昭和28年卒業             

空手部創立の思い出                  初代主将 田中 宏

 旧制官立岐阜農林専門学校(現国立岐阜大学農学部の前身)で空手部を創立して初代主将であった私は、昭和25年旧制愛知大学法経学部へ入学した時はすでに初段をもらっていた。五段制の時である。

空手部創設については、入学してから東京の大塚最高師範とも相談したりしていたが、スタートは昭和25年10月頃であったと思う。

 主将田中宏(旧法経1年)、副将川村渉(新法経1年)、相談役笠岡喬(旧法経1年)等私の豊川市下長山町の下宿のメンバーであった。部長には後に学長になられた小岩井浄先生にお願いし、快く引き受けていただいた。部員の本格的募集は昭和26年の新学期から始めた。

 当時は、空手部創立早々であり、珍しさもあってか入部者も多かったが退部者も多く、学年末まで残っていたのは栗原・徳原・赤松(故人)・松井・伊藤(藤男)・中林・中島・黒釜・高橋・三村君等々十数名であった。2年目になると伊藤(太)・村井・松浦・久郷・真野君等が入ってきてかなり賑やかになってきた。

  道場は専門の道場はなく、本校(旧豊橋校舎)の北門の西にあった旧豊橋陸軍第一予備士官学校の兵器庫の二階が空室となっていたのでそこを使用していた。(註・創立時の愛知大学は、旧豊橋陸軍第一予備士官学校の校舎を使用していた。)

 黒帯(有段者)は無論私一人で後は皆白帯ばかりであったから、自分としては教える事と自分の練習でなかなか大変であった。

 当時は現在のような試合規定・審判規定に基づく試合・大会はなく、年に一度か二度他校との交換稽古や演武会を行うだけで、後はひたすら道場で基本・形・約束組手・自由組手の練習を行い、又巻藁で突き・蹴りを鍛える鍛錬の日々であった。

 又現在のような防具はなく、組手は寸止めが原則であったが、相手の手加減次第で時としては流血の修羅場となる事もあった。華々しく大会を開催する他の武道・スポーツが、時として羨ましく思えたものである。その後私が全日本学生空手道連盟を創立してその発展に打ち込んでいった動機の一つになっていたのかも知れない。

 学生空手道連盟は、それまでの流・会派別の縦割りの組織であった我が国の空手道界において、流・会派を横断して創られた最初の組織であり、又試合,審判規程を初めて制定し、全日本選手権大会,東、西日本選手権大会,地区選手権大会等各種大会を最初に実施した団体である。

 私は、昭和26年の夏静岡県伊豆で行われた東大空手部の夏期合宿練習に単身参加した。年度は異なるが名城大空手部の合宿練習にも2度参加した。愛知大学空手部としての最初の合宿練習は、昭和27年夏三河の山奥北設楽郡の鳳来寺町で、女子高校の体育館を借りて行った。この時は東大空手部OBの小嶋和四郎氏が同空手部青木主将とともに参加された。当時は他大学の合宿練習にも積極的に参加し、互いに技術の交流を行ったものである。

 現在の部旗についている愛知大学空手部のマークや道衣の胸につける大学名の図案は、当時黒釜君の兄さんがデザインしたものと記憶している。

 最近大学の空手部には、他の大学でもそうであるが、女子部員が何人かいて結構華やかである。大会等においても男子の試合に併せて女子の試合も行われる。女子学生の数が圧倒的に少なかった部創立時には考えられなかった事である・空手部はどこの大学においても、角帽と詰め襟の黒の学生服に、“オッス”の気合いが飛び交う男の世界でもあった。