愛知大学学長武田信照 五十周年を迎えるにあたり 杉浦健五師範
イギリスより愛を込めて 早川明心 連合王国より声のある限り 早川明心
故大塚最高師範 50周年史の発刊に際して 田中宏 私の欧州30年の回想 坂神国昭
同窓会会長 出席者の方々
昭和27年度 昭和28年度 昭和29年度 学生歌 空手道部歌
昭和30年度 昭和31年度 昭和32年度 昭和33年度 昭和34年度
昭和35年度 昭和36年度 昭和37年度 昭和38年度 昭和39年度
昭和40年度 昭和41年度 昭和42年度 昭和43年度 昭和44年度
昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度
昭和50年度 昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度
昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度 昭和58年度 昭和59年度
昭和60年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度
平成2年度 平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度
平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度 平成11年度
平成12年度 LINK  

昭和30年卒業

同期生

昭和27年4月〜昭和29年3月        主  将      伊藤藤男

                                副  将     黒釜利広

                                マネージャ    中林満生

思い出

伊藤藤男  

往時を回顧しますと私が入部したのが昭和26年でした。

大学1年の時です。愛大空手部は草創期であり、部員10人前後で田中主将を除きオール無級者ばかりの新人たちでした。主将が昭和27年3月に卒業され、黒帯びなしとなり、一時期困難な時代を向えましたが、大塚師範和道流三河支部長、小嶋哲也(現在 和四郎名)氏(東大OB)にご指導賜り、田中先輩にはご多忙のところ部員の昇級・昇段審査・合宿練習等に参加指導いただき、部員は熱心に練習に励みました。部員の努力も実り昭和28年から入団者がでるようになり、空手部の将来に光が見えてきた1つの時代だったと思います。以来、関係者各位、先輩、部員の皆さんの努力で愛知大学空手部OB会の今日あるのを見て、同慶の至りであります。

主な部活動

昭和26年

1回目の合宿練習を南設楽郡鳳来町小学校で実施。演武会を開催し、地域との交流、空手道の普及に努める。  主将 田中宏

昭和27年

愛知学芸大学(現在 教育大学名)学校祭の一環としての空手演武会に参加

開催場所 学芸大学(東大 愛大 大学各空手部)

和道流東海学生空手連盟合同練習に参加 

開催場所 岐阜大学(岐阜大 名城大 学芸大 愛大 東大特別参加)

和道流三河支部.学芸大.愛大合同合宿東大指導参加

場所 南設楽郡 大野小学校

演武会を開催し地域との親睦交流と空手道の普及に努める

昭和28年本郷小の村娘たちと

全日本和道流空手演武大会に参加

場所 東京都内 日比谷公会堂

和道流空手三河支部演武会に参加

(愛大 学大 共演)

北設楽郡 本郷小学校で合宿

演武会を開催し地域との交流と空手道の普及に努める。