愛知大学学長武田信照 五十周年を迎えるにあたり 杉浦健五師範
イギリスより愛を込めて 早川明心 連合王国より声のある限り 早川明心
故大塚最高師範 50周年史の発刊に際して 田中宏 私の欧州30年の回想 坂神国昭
同窓会会長 出席者の方々
昭和27年度 昭和28年度 昭和29年度 学生歌 空手道部歌
昭和30年度 昭和31年度 昭和32年度 昭和33年度 昭和34年度
昭和35年度 昭和36年度 昭和37年度 昭和38年度 昭和39年度
昭和40年度 昭和41年度 昭和42年度 昭和43年度 昭和44年度
昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度
昭和50年度 昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度
昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度 昭和58年度 昭和59年度
昭和60年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度
平成2年度 平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度
平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度 平成11年度
平成12年度 LINK  

昭和41年卒業

同期生

竹田順四郎   主  将
笹野勝英     副  将
石崎正敏     副  将
栗原寛爾
根木克武
竹内 敏
鈴木元広
長谷川修郎

合宿の想い出と私の空手道

石崎正敏

 私が初めて空手道と出会ったのは高校3年の時でした。友人が習う空手道場を尋ね、練習を見て空手の魅力に取り付かれ即入会しました。

当時、地元として空手道場はめずらしく又、練習生も殆ど厳つい大人達ばかりでしたが、比較的かわいがっていただいた事を記憶しております。

愛大に入学し、下宿の先輩の紹介で空手部に入部しました。当時1年生の入部者は豊橋、名古屋で50名程だったと思います。

1年生時の夏期合宿は河口湖畔で行なわ1年夏合宿 河口湖れました。鈴木師範の指導の元、厳しい練習でしごかれ、初めての合宿経験は苦しいものでした。最終日には演武会が行われ、鈴木師範が“ワンシュー”と言う形を演武され、その素晴らしさは今でも記憶に新しい所であります。又、この合宿時の早朝マラソンで赤い富士山と出会ったのも感動的でした。

2年生は妙高高原で合宿が挙行され、ジャリ道を裸足で数キロも走り、足の感覚がなくなりかけたのを憶えております。 3年夏合宿妙高高原野尻湖にて

3年生のときは御殿場でした。運動場で鉄ゲタをはいてリレーをし、何周も走り、最後に足が上がらなくなった事を記憶しています。

4年生の合宿は山中温泉で、この合宿は最高師範、故、大塚博紀先生をお迎えしました。先生にご指導を仰ぎ、その中で「力を抜いて流れるように、極めはしっかり」と言う意味の言葉は、今でも印象に残っています。

又、ある夜4年生全員が先生の部屋に呼ばれ、いろいろ空手のお話を聞かせていただきました。その中で「私は未だに基本が出来ないよ」と言われ、全員驚いたのを憶えています。このとき初めて空手の奥の深さを知らされました。

苦しくも又、ある時は楽しくもあつた4年間、結局同期生は最後7名程度になっていました。師範、諸先輩のご指導の元、体力的、精神的、技術的に鍛えられ、東海大会団体戦優勝。個人戦では同期の栗原君が優勝と、我々の代も、連続優勝を途切れる事無く果たすことができました。

卒業後、鷲巣先輩と愛工大を指導することになり、監督として5年間和道空手を教えました。その時の生徒達が今、愛工大の師範、コーチとして活躍され、同時に和道会の指導者の一員として頑張っておられます。

 又、私事ですが、地元四日市において、昭和58年自宅に道場を開設し、故、岩川新次先輩が興された愛空塾の一員に加えていただき、s39年1月12日日曜日豊川の金色島で零下2.5度天文台8時四日市南支部長として、地元の生徒達に空手を教えております。同時に自分自身の

最後に愛知大学空手道部の益々の繁栄と、OBの皆様方の発展を祈念して記念史の1ページとさせていただきます。