愛知大学学長武田信照 五十周年を迎えるにあたり 杉浦健五師範
イギリスより愛を込めて 早川明心 連合王国より声のある限り 早川明心
故大塚最高師範 50周年史の発刊に際して 田中宏 私の欧州30年の回想 坂神国昭
同窓会会長 出席者の方々
昭和27年度 昭和28年度 昭和29年度 学生歌 空手道部歌
昭和30年度 昭和31年度 昭和32年度 昭和33年度 昭和34年度
昭和35年度 昭和36年度 昭和37年度 昭和38年度 昭和39年度
昭和40年度 昭和41年度 昭和42年度 昭和43年度 昭和44年度
昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度
昭和50年度 昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度
昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度 昭和58年度 昭和59年度
昭和60年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度
平成2年度 平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度
平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度 平成11年度
平成12年度 LINK  

昭和42年卒業

三浦 恒

同期生の氏名と役職

坂神国昭              (主将)                   壁谷弘高              (副将)

浜口 薫              (副将)                   石井忠朗              (マネージャー)

斎藤 昭                                          鈴木基之

富松 茂

稲熊義樹                                          竹内富彦

永井 守

部活動での思い出

入部した翌日、富本食堂の前で応援団の連中とトラブルを起こし、学内にいた 応援団全員を道場に呼びつけ、2年〜4年は道場内で直立不動、1年は土間で正座させ、上級生は後藤昇次さんと青本さんが、1年生は小生が担当しヤキを入れた。その後応援団とは親しく付合っている。

4年の遠征合宿中、鬼の昇次さんがひょっこり現れイヤな予感がしたが案の定 フリーの時小生を指名して来た。不思議と先輩と言う変な遠慮意識は働かず、男同士の闘いと言う気持ちになれ壮絶な闘いを演じたことを今でも覚えている。 その他語りつくせない程あるが、誌面の都合もあるので終わります。

戦 績

東海学生選手権              団体優勝

東海学生選手権            個人の部優勝

全日本学生選手権           個人戦ベスト8入賞(社会人)

愛知県選手権                  昭和43年〜464年連続個人優勝

その他

イ,大学3年の時のエピソード

 名古屋地区の他流派の大学へ交換稽古に行こうということになり、ある日突然 鈴木順四郎(主将)が引率者となり、坂神・壁谷・小生の4人で名商大、愛知学院と廻つたがいずれも師範が留守ということで体よく断られてしまった。 両校とも帰り際、タクシー代と食事代という名目で数千円を差し出すので遠慮なく貰いて揚々と引き上げた。(まるで一昔前の道場破りだね)

ロ,社会人になって3年目のエピソード

 ある日、杉浦先輩から連絡が入り「和道海からの要請で君にヨーロッパヘ指導員として行って欲しい」という事だった。当時小生もまだ現役バリバリだったし、 早川先輩、坂神をはじめ多くの知人も海外で活躍していた時期でもあったので、何となくやって見たいという気持ちになり、親・兄弟の了承も得、上司の石田さんにも同意を得、最後に当社の社主にお伺いを立てたところ「お前は会社に残れ」鶴の一声であっけなく幕切れとなった。今想えば、もしあの時行っていたら人生がどう変わったのか気になるところである。