愛知大学学長武田信照 五十周年を迎えるにあたり 杉浦健五師範
イギリスより愛を込めて 早川明心 連合王国より声のある限り 早川明心
故大塚最高師範 50周年史の発刊に際して 田中宏 私の欧州30年の回想 坂神国昭
同窓会会長 出席者の方々
昭和27年度 昭和28年度 昭和29年度 学生歌 空手道部歌
昭和30年度 昭和31年度 昭和32年度 昭和33年度 昭和34年度
昭和35年度 昭和36年度 昭和37年度 昭和38年度 昭和39年度
昭和40年度 昭和41年度 昭和42年度 昭和43年度 昭和44年度
昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度
昭和50年度 昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度
昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度 昭和58年度 昭和59年度
昭和60年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度
平成2年度 平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度
平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度 平成11年度
平成12年度 LINK  

昭和45年卒業

赤堀哲雄

同期生名簿・役職

主 将              栗山宣男

副 将              梶原正道

副 将              大沢秀雄

マネージャー    西田幸治(旧姓大須賀)

OB係り           赤堀哲雄(旧姓長谷川哲雄)

体育会委員       吉田正美

学連委員           西川政広

道場取締り       壁谷幸昌

思い出

今でも思い出す度に残念に思うことがある。それは4年生最初の試合(55日、愛知県体育館)。和道流全日本学生選手権準決勝のことである。名城大戦で副将戦まで2対1、1引き分け、しかも内容勝ちしておったにもかかわらず大将戦で1本負け。代表戦でも負けてショックを引きずり、3位決定戦に望み山形大に敗れたことである(試合後OBの方から大目玉を頂き後日交換稽古があった)。

もしこの試合で勝っていたなら、後の東海学生選手権等にプレッシャーなしで戦うことができ、好成績が残せたのではないかと今でも思う。当時は悔やんでおったがやはり今思えば平常心(体中が心だけ=無心)が足りなかったと思う。

戦歴

東海学生選手権大会 (春季) 団体3

東海学生選手権大会 (秋季) 団体3