愛知大学学長武田信照 五十周年を迎えるにあたり 杉浦健五師範
イギリスより愛を込めて 早川明心 連合王国より声のある限り 早川明心
故大塚最高師範 50周年史の発刊に際して 田中宏 私の欧州30年の回想 坂神国昭
同窓会会長 出席者の方々
昭和27年度 昭和28年度 昭和29年度 学生歌 空手道部歌
昭和30年度 昭和31年度 昭和32年度 昭和33年度 昭和34年度
昭和35年度 昭和36年度 昭和37年度 昭和38年度 昭和39年度
昭和40年度 昭和41年度 昭和42年度 昭和43年度 昭和44年度
昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度
昭和50年度 昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度
昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度 昭和58年度 昭和59年度
昭和60年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度
平成2年度 平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度
平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度 平成11年度
平成12年度 LINK  

昭和47年卒業

同期生

青木孝悦     主 将

鈴木長衛     副 将

深尾敏朗     副 将

横野 忍     副 将

西尾憲一     マネージャー

杉野彰一     マネージャー

寺西芳雄     マネージャー

平出久二

石川 孝

坂上修一

倉上昭男

黒部和善

藤原清志

三村重夫

洞田幸則

 

     東海学生選手権     春季     団体優勝

     東海学生選手権     秋季     団体優勝

思い出

青木孝悦  

 伝統ある愛知大学空手道部への入部者は、他の体育系のどのクラブよりも多かったが(中には強引な勧誘があったことも否めない)、伝統ゆえにその練習の厳しさも群を抜いており、4年の間に淘汰されていった者も多く、年度毎の卒業生も少数であった。そんな中で、我々の年度は15名と、それまでの年度では一番多い卒業生であった。

 無論それは、我々の時代以上に厳しい練習に晒されていた為でもあろうが、今に至っても同期の結束は堅く、後藤敏朗先輩をお迎えして定期的に同期会を開催している。

当時、前年度の真野(賢)先輩の代、東海学生選手権大会春秋団体優勝という実績を往時のように更に伸ばそうと部員一同必死になって稽古に励んだ。そのお陰で我々の代も前年同様春秋連覇を果たし「ホッ」としたことを覚えている。

また苦しい思い出としては、我々が3年の時に、名古屋校舎にて1年生の退部問題に絡んで傷害事件を引き起こし、マスコミにも取り上げられ、諸先輩、同輩、後輩及び関係各位に多大のご迷惑をお掛けしたことは今もって忘れられない。殊に首謀者であった私は責任を痛感している。

 時は過ぎ、東京に住む小生にとって、新聞等で母校の記事に懐かしさを覚えながら見入る今日この頃である。