愛知大学学長武田信照 五十周年を迎えるにあたり 杉浦健五師範
イギリスより愛を込めて 早川明心 連合王国より声のある限り 早川明心
故大塚最高師範 50周年史の発刊に際して 田中宏 私の欧州30年の回想 坂神国昭
同窓会会長 出席者の方々
昭和27年度 昭和28年度 昭和29年度 学生歌 空手道部歌
昭和30年度 昭和31年度 昭和32年度 昭和33年度 昭和34年度
昭和35年度 昭和36年度 昭和37年度 昭和38年度 昭和39年度
昭和40年度 昭和41年度 昭和42年度 昭和43年度 昭和44年度
昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度
昭和50年度 昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度
昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度 昭和58年度 昭和59年度
昭和60年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度
平成2年度 平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度
平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度 平成11年度
平成12年度 LINK  

昭和50年卒業

同期生

藤江立幸

渡辺英雄

井上一男

渡辺克比古

加藤順也

北川 誠

武井嘉満

杉浦悦夫 (早世)

思い出

藤江立幸  

思い返せば丁度30年前になります。昭和46年に入学というより、入部のような学生生活の始まりでした。同期には、学連の委員長も努めた井上一男君他.武井嘉満君.北川誠君.渡辺英雄君.渡辺克比古君がおります。彼等とは満月会という同期会で交流があります。残念ながら杉浦君は若くして鬼籍に入りました。思い出すのは一年の時の事がいちばん鮮やかです。その一つは屋上で行われた訓練で“戦場三戒”を述べよと云うものがありますた。我々は誰も知っているものがおらず、聞き返すのもはばかれたのでお互いに顔を見合わせ、屋上を3回駆け足で回りました。“戦場3回”だと思ったわけです。当然、立ち会った鬼頭先輩は我々のとった行動が理解できず苦笑い。

 その他全部員で恵那峡へ行った事、奈良の若草山へ行った事など楽しい思い出です。同期生に一番思い出に残る合宿はと尋ねると、鳥取県の大山を上げると思います。個人のことでは、先輩の金に蹴りがあたりその後ひどい目にあいました。最後の打ち上げでは大山登山です。一般登山客はそれなりの装備で登っているのですが、我々は万年草履にシャツひとつでした。千数百メートルの高さだったと思います。

 試合は、私の個人優勝を含め総合優勝を2回残しました。優勝以外は無いという環境でしたのでプレッシャーを感じました。試合中卒業された青木先輩の声援が聞こえた時は嬉しかった事を覚えています。

 学生時代はずっと学生服で通していたので、服には金はかからず気楽なものだった。今は昔の話となってしまいました。機会があれば旧交を温めたいと思っています。