お墓参り

寝坊して起きたのが昼過ぎでした。
頭がハッキリしてきたのがそれから数時間経ってからでしたので、出発が非常に
遅れてしまいました。

お寺に着いたのが6時頃・・・
墓の門は閉まっていました、でオロオロしていると暗がりの中から総白髪のお婆さんが
出てこられました。
暮れ行くお寺に白髪のかなり高齢なお婆さん・・・・ちょっとホラーな雰囲気でした。
しかし親切な方で住職さんを呼んできてくださいました。
住職さんもとても親切な方で夕暮れ押し迫る非常識な時間にやって来たアヤシイ人
をお墓に案内してくれました。
駅から寺まではスコールのような土砂降りだったのですが、お参りする頃にはすっかり
雨もやみ、1君の優しさをここでも感じました。
みなさんの献花によせてのメッセージは、雨に濡れても大丈夫なようにクリアケースに
入れて持っていきました。
←コーラの下のクリアケースに
皆さんの言葉が詰まっています。
















花は、リクエストのあったカサブランカ、黄色いフリージアは季節外れでなかったので
カサブランカとよくあったひまわり、そして黄色いガーベラで一束、その組み合わせと
すこし合わないと言われたのでコスモスは別にもう一束作ってもらいました。

コーラは入った店にコカコーラしか置いていなかったのでもし、彼がペプシ派だったら
申し訳ないのですが、普通のコーラ・ダイエットコーラ・彼がまだ飲んだ事がないだろう
C2を持っていきました。

お墓はご家族がきれいに掃除されており、
散らかすのはどうか、と思いましたし、住職さんが
「花にも命があるから、そこに置いて枯らすより
 三回忌(25日)までもたせて家族に渡すよ」
 と言ってくれたので、お花と皆さんのメッセージは
住職さんに託しました。
ただ、前述のように出発がかなり遅れてしまい
献花のメッセージは慌ててプリントアウトしたので
(保存されているログが)重複している所があり
ました。
ですので、10月に御実家にお伺いする時に
しっかりリストにして持っていきますので、
御容赦ください。









一応その事を御家族にもしたためました。




おまけ  留守番していてくれた犬