2005年6月のさくら日記
 
2005年6月30日(木)
 
 午前9時50分に起きたのだが暑すぎてどうにもこうにもやる気が出ない。でも今日で6月も終わりなのでぜひともがんばりたいと思う。
 
 大学へ行く。type theory。今日でおしまい。とても面白かった。Leibniz勉強会とLeibnizの演習。難しいが面白い。久しぶりに大量コピー。夏休みの課題。
 
 午後9時前に帰宅。「黒うさぎの小部屋」を聴きながら夕食。「ゆかりちんピンチ!」
 
 ここ最近留学がらみの話題でもちきりである。身近にこのたび留学する人、もうすぐ留学する人、留学が決定した人がいて、置いてきぼりになった気がしておれはちょっと寂しい。お前も留学のこと真剣に考えてみたらどうだ、このまま日本にいてもどうしようもないぞと時折師匠に言われる。今日も言われた。確かにその通りなのだ。うまい具合に奨学金を確保できれば留学はたいへん魅力的な選択肢だ。でも、能力的なことはさておいても、現段階では留学するつもりはさらさらないんだよね。研究活動は日本でも十分可能という向上心のなさもあるが、本心を言えば日本を出ることで大好きなアニメが見られなくなるのが嫌なのだ。なんて嘘。嘘だよ。本当は、ほっちゃんと離ればなれになりたくないのだ。うわ。今回こそは真面目な話かと思いきやまたしてもほっちゃんオチかよ。こいつマジでキモいんだな。でも本当のことなんだもの仕方ないじゃないか。
 
 先月に引き続き今月もこのクレイジーダイアリーで「ほっちゃん」が何回登場したかカウントしてみた。118回。目標の100回を大きく上回ったよ、ほっちゃん(119回目)!ほっちゃん(120回目)への想いは高まるばかり。「だれもぼくを止めることはできない!」(吉良吉影)
 
 
2005年6月29日(水)
 
 午前9時前に起きた。まずは大学に行って1限のTA。その後銀行に行って家賃を振り込む。大学に戻って少し勉強。午後は人の発表を聞く演習。今日も今日とてほとんどの時間を教室の隅で寝て過ごす。だってつまんないんだもん。どうでもいいことだが、この演習には本来は哲学専修の学部生院生は全員出席しなければならないのである。でも、実際の学生の出席率は毎回3割程度。しかも教師を含め誰もそれを注意しない。この意識の低さが学生の発表の質に確実に負の影響を与えている。毎回演習には出るには出るがろくに発言もせずに寝てばかりのおれが言うべきことではない気もするのだが、これはどうにかした方がよいのではなかろうか。別にいいじゃんどうせおれには関係ないし、って態度はあまり好きではないのだ。演習が終わった後も続けて昼寝してしまう。勉強はあまりしてない。午後9時半に帰宅した。
 
 クロマティさん、「魁!!クロマティ高校」差し止め申請。ぷぷぷぷぷ。マンガ本編よりも面白い展開。
 
 「BSアニメ夜話」見る。マクロス!懐かしくて涙が出るな。今日は面白かった。1時間といわずに5時間くらいやってほしい。「板野サーカスはスローで見るとわからなくなる」ってのはその通りだなと思った。昔ビデオを何回もスロー再生してあの動きを解析してあわよくば再現しようとしたことがあったが、結局機体がどう動いているのかがよくわからんのだ。あれは本当に凄い。あと、岡田斗司夫が「童貞臭」というテクニカルタームを使っていた。
 
 「魔法先生ネギま!」最終回。予定調和。ちなみに一番好きな生徒はもちろん佐々木まき絵!
 
 「フタコイ オルタナティヴ」最終回。ああ……。脚本がカスなのでせっかくの最終回もいまいち。1話で大興奮して2話以降はその後の展開に不安と期待を覚えつつもとりあえずは楽しんで見ていたのだが最終回のとほほ展開。結局終わってみればただの絵がきれいなアニメだったという印象。細かいところでは見るべきものは多かったが全体の軸がはっきりしていなかったので印象がどうしても散漫になってしまうのだ。ユーフォーテーブルは自家中毒に陥っているのではなかろうか。
 
 
2005年6月28日(火)
 
 午前9時前には目が覚めちまったよ。
 
 仕方ないから勉強する。Fichant。なるほどねえ……。
 
 「トップをねらえ2!」3巻を見る。悩める優等生のお話。定番だがそれゆえにぐっと来るところもあってなかなか楽しいのであった。宇宙空間で戦闘してるから遮蔽物がほとんどなくて視界良好なのもよい。
 
 午後1時前に大学へ行く。今日も暑いぜ。KrV。数多い邦訳が同じ箇所で揃いも揃って不自然な訳をしているのは偉大な先人に倣ったためか。けっ。集合論。似たようなLemmaをいくつも証明しないと定理が証明できないから面倒くさい。
 
 研究室のPCがなぜかネットに繋がらない。作業途中のファイルはYahoo!のブリーフケースに置いてあることが多いのでこういうときはたいへん困る。フラッシュメモリを買うか。
 
 午後8時に帰宅した。
 
 「BSアニメ夜話」見るも、途中で少し寝てしまった。まあいいや。
 
 だらだらと勉強。Fichantの論文を註だけ読む。本文は明日。
 
 「ガラスの仮面」。今週も面白かったよ。それにしても誰かの演技をする人の演技をするわけだから声優も大変だ。
 
 「まほらば」最終回スペシャル。ずっと珠実に感情移入して見ていたので25話の珠実の告白にはマジ泣いたよ……。最終話も実に素晴らしいハッピーエンドだった。特にこれまでのおはなしを振り返るフルコーラスのEDにまた泣いた。「まほらば」は素直に楽しめる良作だったな。スタッフ・キャストにありがとう。また珠実に会えるといいな。
 
 そういえば今日、大学で「梢ちゃんラブリーですぅ〜」って珠実の物まねをしていたら「どうしてそんなに上手いんですか」と言われたんだ。
 
 
2005年6月27日(月)
 
 午後1時30分に起きた。
 
 せみの鳴き声が聞こえてくる……。もう夏だね!ぼくたちの大好きな夏がやって来たんだね!
 
 今日は自宅でDVD鑑賞でもしようかと思ったが用事を思い出したので大学に行かなきゃならない。
 
 てなわけで大学へ。だらっと勉強する。
 
 午後9時前に帰宅。
 
 「BSアニメ夜話」見る。大塚康生も宮崎駿もやっぱり天才だな。まがりなりにも昔は漫画家を真剣に目指したこともある自分はまったくをもっておこがましい。
 
 ほっちゃん日記更新。ほっちゃんも夏が好きなんだね〜♪しかも今日のこの日記の2行目とシンクロしてるよ!やっぱりぼくたち気が合うんだね!でもほっちゃん、クーラーは早く直した方がいいよ。なんならぼくが直してあげようか?
 ようしこうなったら今日は童謡を歌っちゃうよ!
 
 ♪もしもしほっちゃん ほっちゃんよ せかいでいちばん あなたほど
えがおがかわいいひとはない どうしてこんなにかわいいのか
 
 ♪ほっちゃんはね よしこっていうんだ ほんとはね
だけどかわいいから みんなはほっちゃんっていうんだよ
かわいいね ほっちゃん
 
 ♪ほりえさんからおたよりついた ゆかりさんたらよまずにやぶいた
あーつにおこられておへんじかいた さっきのてがみのごようはなあに
ゆかりさんからおたよりついた ほりえさんたらよまずになくした
いたくろでしてきされておへんじかいた さっきのてがみのごようはなあに
 
 深夜も伊集院光のラジオを聴きつつ勉強する。相も変わらず不調。
 
 
2005年6月26日(日)
 
 なぜかほとんど眠れず。一時間ほどで目が覚めてしまう。どうしてだろう。一ヶ月くらいこういう日が続いているのだ。
 
 「交響詩篇エウレカセブン」。!!!!!!!Aパートのエウレカの入浴シーンで卒倒してBパートのニルヴァーシュとジ・エンドの板野サーカス全開の戦闘シーンで大興奮。あみすけアネモネは少女の無邪気さと残虐性とを実に上手く表現できているしホランドはあいかわらずレントンに対して低脳発言を繰り返すしタルホはエウレカに嫉妬するしでもう眼が離せません。現段階での今年ベスト。ところで平松禎史はどの原画を担当したんだろう?アネモネ登場シーンか。
 
 「仮面ライダー響鬼」。安定した面白さがあるね。あきらたんにスカウターが好反応を示し始めました!
 
 「ふたりはプリキュアMax Heart」。ザケンナーのビジュアルがとほほ過ぎて怖くも何ともない。
 
 洗濯する。
 
 ようし勉強するぞーと思ったけどほっちゃんのことが好きで好きで勉強する気になれないのでおでかけして萌え分を補給してくることにします。
 
 中古CD店をひやかしていたら掘り出し物を見つけてちょっといい気分。
 ア○○○トの萌え店員は無表情のまま今日も元気に勤務中。しかも今回は商品をうっかり落としてしまうというドジっ子イベントをぼくのために用意してくれました!
 マンガ買った。かわぐちかいじ、『ジパング』19巻、講談社、2005年.田島隆+東風孝広、『カバチタレ!』20巻、講談社、2005年.福島聡、『起動旅団八福神』2巻、エンターブレイン、2005年.岡本一広、『translucent』、メディアファクトリー、2005年.富沢ひとし、『特務咆哮鑑ユミハリ』1巻、幻冬舎、2005年.
 
 帰宅したら部屋の中がサウナみたいで死にそうだ。
 
 DVD「双恋LIVE〜バレンタインパニック〜」を優雅に鑑賞する。ツインテールほっちゃん超かわいいよ!!!(どうしてほっちゃんはこんなにかわいいのだろう?)それにしても水橋かおりが「私は一体こんなところでなにしてるんだろう?この歳で今更ドル声優でもあるまいし」的な表情を始めから終わりまで崩さなかったのはむしろポイント高いな。しかし今回の観客はいつにも増してきもいなあ。普通この種のソフトでは観客のかけ声や雄叫びなどはライブの臨場感が伝わるようにしつつもミュート処理されるんだろうけど、まるっきりそのままだもんな。そりゃあ一般人が見たら引くよね。というかおれってあんなん?
 
 部屋の中も心の中もほっちゃんでいっぱい(まさに夢の世界!)。
 
 勉強と昼寝。
 
 IDS!イベント決定。やったあ!これで今年後半も生きられる。
 
 「堀江由衣の天使のたまご」
 「堀江由衣アニメアフレコ情報」が好評の天たま(;´Д`)ハアハア
 今更ながら「ネギま!」のアフレコ話をするほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 野中藍が今のファッションリーダーなほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 ほっちゃんパワーが足りないリスナーからのメールが。
 「みんなオラに元気を……ほっちゃん元気玉!!!」(;´Д`)ハアハア
 これからは「天玉」になるらしい。
 不安定ラジオから脱却したい天たま(;´Д`)ハアハア
 天たま演劇部を高校でやったというリスナーからのメールが。「ああ、なんてことを……」(;´Д`)ハアハア
 「私が落としたのは、金の斧です!」(;´Д`)ハァハァハァハァ/lァ/lァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \アノ \ア ノ \ア
 由衣様は絶対!
 今日のテーマは「年上の女性に告白するならこの台詞」。
 「ぼくにいろんなことを教えてください」(;´Д`)ハァハァハァハァ/lァ/lァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \アノ \ア ノ \ア
 次回のテーマは「UFOが地球に来る目的は何?」。(「ほっちゃんに会うため」「天たまを聴くため」って内容のメールが殺到しそう)
 次回はangelaがゲスト。
 「早く鉄のようになるといいな」(;´Д`)ハアハア
 
 サイキック聴きながら勉強。DummettのFrege and Other Philosophersを読む。
 
 
2005年6月25日(土)
 
 午前8時に起きた。
 
 「絶対少年」。潮音の「私たちって付き合ってるんだよね?」という台詞とその後の行為にがびーん。
 
 新聞でも読もうかと思ったがいつのまにか再び眠ってしまったようだ。目が覚めたのが正午だった。おっと遅れちゃうぜ。急いで家を出る。午後2時過ぎに某大学に到着。今日の京都はたいへん暑い。Russellばなしを聞く。いやあ日本橋に行かずにこっちに来て本当によかったよ!終了後は某氏と夕食。その後は某氏と某氏と某嬢に久々に会って飲み。特に某氏と会うのは2年数ヶ月ぶりであった。午前1時半頃帰宅する。
 
 「ほぼ織田信長のオールナイトニッポン」を聴く。
 
 もう寝るよ。
 
 
2005年6月24日(金)
 
 正午前に起きた。起きがけに誰か訪ねて来たみたいだけどほっちゃんじゃないから無視した。読みかけの本と論文を読み終えてから出掛けたのが午後2時前。コンビニエンスストアで『アフタヌーン』2005年8月号を買ってから大学へ向かう。『論考』の演習。Davidson勉強会。根元的解釈。午後10時半過ぎに帰宅。
 
 ほっちゃん日記更新。ほっちゃんと一緒に休憩したい(;´Д`)ハアハア
 
 今週も無駄に時間が過ぎただけだった。
 
 
2005年6月23日(木)
 
 午前10時前に起きちまった。飽きもせず大学に行く。type theoryとLeibniz勉強会とLeibnizの演習と雑用とコピー。そしていつも心にはほっちゃん。午後8時に帰ってきた。
 
 黒うさぎの小部屋。
 
 なぜか泣きたくなってきたので発作的にケーキをつくった。そんなもん発作的につくれるのかと言われそうだが、つくれるのだ。今は冷蔵庫で冷蔵中。
 
 「Leibnizにおける色の分析」という研究テーマは面白そうだな。もちろん自分で手をつける気はまったくないけど。
 
 栗の子日記。そう言えば今日僕にも古い友人から久々に電話があったけど、過去の悪行三昧を一気に思い出してしまってしみじみとした気分になったよ。
 
 TVアニメーション『まほらば』最終回アフレコ現場からコメント到着!隅っこで遠慮がちにポーズをとるほっちゃんはなんと奥ゆかしくてかわいいのだろう!
 
 深夜も勉強する。O.Bradley Bassler,“Towards Paris:The Growth of Leibniz's Paris Mathematics out of the Pre-Paris Metaphysics”,SL,31/2,1999,pp.160-80.を読んだ。最大数の非存在証明についてのパリ時代前後のLeibnizの考えの変遷をA-V-1,1-20やA-Y-2,258-76.などを中心に追う。発想の根底には「全体は部分よりも大きい」というEuclidの公理があり、この公理は無限級数の和を求めるに際しても指導的な役割をもっていた。なるほど。勉強になった。GMX392-410は再読すること。こういう風にこれからのLeibniz研究はますます歴史研究の色彩を帯びていくんだろうね。まいったな。おかげでこっちはやりにくくて仕方ない。
 
 
2005年6月22日(水)
 
 午前9時前に起きてる。大学に行って1限のTA。そう言えばこのあいだ「就職活動で何回か授業休んでしまったんですけど単位大丈夫でしょうか」って複数の学生に聞かれた。そんなことおれに聞いてどうするよ。だいたい就職活動で仕方なく休もうが朝寝坊しちゃって授業に出損ねようがかったるいからさぼろうがぜんぶ同じ欠席扱いなのであって就職活動を言い訳にするなよこの阿呆。この講義の単位落としたら卒業できないかもしれないんですってお前ら必死だなwwwwwwそんなお願いする暇があったら1年生向けの講義を4年生にもなって受けなきゃならないお前の要領の悪さとか計画性のなさでも呪ってろよボケが。まあ心配しなくても週一回の講義に出る時間すらまともに確保できないほどの甲斐性のないお前みたいな奴はろくな就職できねーって。悪いこと言わないから今からハローワーク通いの準備でもしてろよこの溝さらい。……なんてことは思っても一切口には出さず、「後の授業はちゃんと出てレポートも提出したら大丈夫だと思うよ」などと適当なことを言って学生を安心させるのであるが、多分大丈夫なのである。おれってば善人。
 でも考えてみれば多くの企業が採用に際しては新卒と既卒を区別しているからどうしても就職活動が学業を阻害してしまい、結果としてこういう学生が出てきてしまう。就職活動をするのは大学出てからでも遅くはないと思うんだけどね。企業は新卒採用にこだわるのをやめたらいい。もっとフレキシブルな方向に社会が向かうとよいと思う。
 なんてまともに就職活動したことのないこのおれが偉そうに言うことではないんだろうけどさ。
 
 勉強と昼寝。研究室にあるはずのQuineの本が見当たらない。誰かが借りてるのかな。
 
 午後6時に帰宅。
 
 これはあまり指摘されてないことだと思うので、いい機会だから今のうちに書いておく。ほっちゃんが出てるいろんなライブDVDからほっちゃん出演パートだけを毎日リピート再生しているのだが、ほっちゃんの歌のクオリティがCDレベルとあまり変わってないのだ。某綾波声優や某へきへき声優の体たらくを思い起こせばこれがどれだけすごいことなのかよくわかるだろう。もちろん、ソフト化する際に音声に多少の補正はかけられているのだろうが、それを割り引いてもほっちゃんの歌声は素晴らしい。実際に生で聴いてもよかったからね。ほっちゃんはプロなのだ。深く感銘を受けた次第である。
 ほっちゃんといえば何かとj声優(≒実力が人気に追い付いていない声優)の典型として軽く見られがちだが、実は人気も実力もトップクラスのまさに完璧声優なのである。
 やっぱりほっちゃんは超声優さんだよ(>_<)
 
 ほっちゃんプロフィール3更新。ほっちゃん、「Dream rush」ってもう15年くらい前の曲だよ……。ほっちゃんも年を取ったんだねえ。
 
 ほっちゃん日記更新。ぼくも明日は夕方の空を見るからね。ほっちゃんと同じ空を見るからね!
 
 うへえ。Quineの本が部屋から出て来たよ。なんだおれが借りてたのか。すっかり忘れてた。てへ♪(^‐^;)
 
 深夜も勉強する。テキストにもっと深く潜り込まねばならない。って何言ってるのかよくわからないね。要するに一字一句疎かにせずに読めということ。
 
 「フタコイ オルタナティブ」。いいね!最終回の手前でのこの盛り上がり方は何とも言えずよいです。
 
 
2005年6月21日(火)
 
 正午過ぎに起きた。大学へ行く。カントと集合論と雑談と昼寝と勉強。午後9時前に帰ってきた。
 
 そろそろ君島セリアの思い出話でもしようか。よくよく考えてみれば「ヴァニーナイツ」の主要キャストはほっちゃん以外全員消えてしまったね。
 
 夜も勉強する。Quineの様相論理批判についてちゃんと勉強しておくこと。
 
 「ガラスの仮面」。けっこう面白い。
 
 「まほらば」。珠実今週はよくしゃべってたねとても嬉しいよ珠実。来週で最終回か。寂しいなあ。
 
 
2005年6月20日(月)
 
 午前6時に寝て午前11時過ぎに起きた。正午過ぎに大学へ。勉強と昼寝と勉強。計画も何もあったもんじゃない。午後9時前に帰宅する。
 
 向かいの家の子どもがまた母親に叩かれてる……。虐待はよくないよ。
 
 ほっちゃん日記更新
 「てへ♪(^‐^;)」
 か、かわいすぎるよ素敵すぎるよほっちゃん……!!!夏服ほっちゃんもきっとかわいいんだろうなあ。ようしこうなったら久々にマジカルミラーさんに聞いてみようかな!
 「鏡よ鏡よ鏡さん。世界で一番かわいいのは誰ですか?」
 「もちろんほっちゃんに決まってます!」
 やったあ。
 
 「エマ」最終回。なんとまああっけない最終回ですこと。
 
 あちこちで話題になってるMusical Batonですが、kasareriaさんがぼくのところに回してくれました。こんな辺境にまで回ってくるなんて恐るべしネット社会。いろんな人が楽しそうに回答しているのを見ていて祭りから取り残された気がしてちょっとだけ寂しかったので、バトンを回してもらえて率直に嬉しいです。
 
・Total volume of music files on my computer(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
 
0.8GB。音楽はCDでしか聴かないのでこの程度。アニラジを録音した音声ファイルはカウントしてません。
 
・Song playing right now(今聞いている曲)
 
「鳥になって」in「創聖のアクエリオン OST」。
このサントラ自体はたいしたことないけど、この曲と「荒野のヒース」だけはなぜか気に入ってる。
 
・The last CD I bought (もっとも最近買ったCD)
 
CooRie「光のシルエット」。
「絶対少年」のOP。早朝の街中を自転車の立ちこぎで走り抜けるイメージ。
 
・Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
 
1.ピエール・ブーレーズ「バルトーク:管弦楽のための協奏曲」。
ブーレーズではこれが一番。まさに完璧の一言に尽きる。いささかの無駄もない。
 
2.Ryoji Ikeda「0℃」。
これまた完璧。絶対零度の音へ。
 
3.森高千里「晴れた日曜日」in「ラッキー・セブン」。
隠れた名曲。このアルバムと「TAIYO」の2枚は腐りきった日々をほんの少しだけ支えてくれたのだよ。
 
4.坂本真綾「木登りと赤いスカート」in「Lucy」。
真綾曲から一つ選ぶのはとても難しいね。というかほとんど不可能。というわけで一番最近聴いたものを。
 
5.堀江由衣「Romantic Flight」in「sky」。
ほっちゃんの曲はもちろんすべてが素晴らしいのだけれど、断腸の思いで一つだけ選ぶとしたらこれかな。
 
・Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)
 
 やっぱりみんなここで引っ掛かるわけですよ。こういうことを気さくにお願いできるほど深くもないつながりってのがネット上では多いわけです。でも、バトンを渡す相手をリアルでもよく知ってる人に限定してしまったら、このお遊びをネット上でおこなう意義がほとんど失われてしまうと思う。というわけで、ネタに走ってもいいんだろうけど、ここは思い切ってやってみます(もちろん面倒だったら無視してくださってもかまいませんし、名前を出されることに問題があるのであればすぐにでも削除いたします)。
 
紫さん
脳内妄想でお忙しいでしょうが、ぜひ。(→おっと。一足先を越されてしまいましたね)
 
bakedeggさん
すいません、失礼を承知でお名前を挙げさせていただきます。もしよろしければエウレカたんに免じてバトンを受け取ってくださいませんか。
 
ytbさん
これを機会に本格的にblogを始められたらいかがでしょう?
 
H.Nさん(某劇団主宰)
ここ見てます?春に電話で話したきり音沙汰がないので心配してます。もしよかったら連絡下さい。サイト移転先も教えてね。
 
堀江由衣さん
ほっちゃーん! ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!
 
 
2005年6月19日(日)
 
 ほっちゃんのことが好き過ぎて眠れないんだ。ってイツマデモドコマデモお前はキモいんだな。
 
 「交響詩篇エウレカセブン」。ホランド×タルホってのはまあありそうだなとは思っていたのだがそれにしてもああいう思わせぶりかつあからさまなのはちょっとねえ。相変わらずレントンは調子に乗ってるなあ。そりゃあエウレカに後ろから身体を密着されたら誰だって直立不動ですけどね。今週も楽しかったです。あみすけアネモネも最後に出て来たし。
 
 しばらく読書とかしているうちに眠くなってきたので数時間ほど寝た。夕方に起きたのだがなぜか頭痛がする。
 
 「ワンピース」。いやあ今週は実に素晴らしかった。声優の力って偉大だ。
 
 「羊たちの沈黙」でクラリスとレクターが同一ショット内に収まることが巧妙に回避されているという点についてジジェクが例によってラカン派精神分析を用いて論じていたと思うのだが、それはどの本に入っていたんだっけ。思い出せないな。
 
 せめて夜くらいは勉強しておかないと。フランス語の語彙が貧困過ぎて情けなくなってきた。
 
 
2005年6月18日(土)
 
 午後2時半に起きた。
 
 「絶対少年」。昔「うちの子にかぎって」というドラマがあったが、雰囲気がそれに似ている。どこがどう似ているのかをうまく説明することはできないけど、とにかく似てると思った。
 
 みんなー、今夜は「ザ・リング」を見よう!ほっちゃんが吹き替え出演してます!
 
 ほっちゃん日記更新。風車よりもほっちゃんの方が一億倍かわいいよ!
 
 でかける。本屋で、桑原武夫編訳『啄木 ローマ字日記』、岩波文庫、1977年.酒井潔、『自我の哲学史』、講談社現代新書、2005年.石川忠司、『現代小説のレッスン』、講談社現代新書、2005年.西澤保彦、『夏の夜会』、光文社文庫、2005年.新城カズマ、『サマー/タイム/トラベラー1』、ハヤカワ文庫、2005年.浅野いにお、『ひかりのまち』、小学館、2005年.を買う。
 アニ○イトで萌え店員がちょっと頭のネジが数本外れていそうな腐女子の客にいちゃもんをつけられてた。いいものを見せてもらったぜい。
 
 帰宅した後は洗濯してテレビ見る。
 
 「堀江由衣の天使のたまご」
 今年も天たま七夕祭りクル━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━━!!!!!
 「やる?やる?」(;´Д`)ハアハア
 「ネギま!」のアフレコが終わったほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 打ち上げで蟹を食べたほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 食い意地が張ってたほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 リスナーのバンドをまたしても命名。名付けて「キミドリ同盟」。真綾好きなほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 歴代キューティーハニーが終結!(やっぱりほっちゃんが一番かわいいよ)
 「全国の由衣ファンのみんなー!!私が結婚しても応援してねー!!……って夢か」(;´Д`)ハァハァハァハァ/lァ/lァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \アノ \ア ノ \ア(応援するもなにも結婚相手はこのぼ(以下省略))
 オッス!乙女塾。
 なぞなぞに挑戦するほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 社交ダンスほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 前が見えないくらい本を抱えて階段を上るほっちゃん。「はわわわわわ〜〜〜〜!!」(;´Д`)ハァハァハァハァ/lァ/lァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \アノ \ア ノ \ア
 次回は絶対音感ほっちゃん。
 「なんかねえ、今日は感覚が半年くらい前な感じ」(;´Д`)ハアハア
 
 というわけで「ザ・リング」見た。映画としては退屈極まりなかったが、ほっちゃんの吹き替えは素晴らしかったよ!出番は少なかったけど。ほっちゃんみたいな亡霊はかわいすぎてぜんぜん怖くないなあ。でもテレビからほっちゃんが出て来たら嬉しさのあまり狂死してしまいそう。やっぱりほっちゃんは超天使さんだよ(>_<)
 
 「D.C.S.S」公式サイトオープン。絵が……。あやまれ!ぼくのことりにあやまれ!
 
 2chで見つけた叙述トリック。叙述トリックではないものもあるけど良スレ。
 
 
2005年6月17日(金)
 
 午前10時半に起きたぬあー。
 
 青山学院高等部の今年の英語の入試でひめゆり学徒隊の体験を聞いた生徒が「退屈だった」という感想をもったという内容の問題が出題され、学校の関係者がひめゆり平和祈念資料館に出向いて謝罪したというニュースだが、どうして学校が謝らなければならないのかよくわからない。
 問題が英語の入試問題として適切かどうかは、まずは問題文の語彙や構文や出題方法などが受験生の英語力をきちんと測定できるかどうかという観点から判断されるべきであり、問題文の内容そのものは直接は関係ないだろう。それでもなお入試問題として不適切と主張するのであれば、どこが不適切なのか説明すべきだ。世の中にはいろいろな感想をもつ人がいて当然だから、ひめゆりの話を聞いても退屈に感じる中学生がいてもおかしくない(むしろ、その手の平和教育は得てして退屈極まりないものであることは敢えて声に出して言うことはなくても誰しも感付いていることなのではあるまいか)。また、件の問題文は教師が自身の体験に基づいてつくったとのことだが、創作であることには間違いないわけで、創作の内容に平和の旗印の下でケチをつけるなんておかしくないか。あるいは「涙があふれ出てくるのを止められなかった。戦争はすべきじゃないと思った」とでも書けばよかったのだろうか。でもそれって戦時中の言論統制と同じではないか。
 こういう問題文を読んでひめゆりの経験者が不愉快に感じるというのはよくわかるのだが、だからといって抗議するのは筋違いだと思う。ある種のファシズムだ。だから、抗議を受けてあっさりと謝罪した学校側にもがっかりだ。どこがおかしいのか相手側ととことん議論すべきなのではないか。その方が生徒にとってもよいことだと思うのだが。気持ち悪いことこの上ない。息苦しい世の中だよ。
 
 午後1時過ぎに大学へ。
 
 Tractatusの演習。Davidson勉強会。Quineは真理のデフレ論者ではない。
 
 午後9時過ぎに帰宅。
 
 A-Y-4を眺める。眺めるだけ。こういうことをするときはやる気が出ないとき。
 
 Googleで「ほっちゃん日記更新」と検索してみよう!わ。ほっちゃんと二人っきり。なんだか急に胸がドキドキしてきちゃったぞ。これも運命だよね。
 
 「魔法先生ネギま!」最終話エンディング用の麻帆良学園2-A生徒31名による「ハッピー☆マテリアル」のレコーディング。ほっちゃんはどこかなー?(多分真ん中の列の左から4番目)
 
 スタチャ丼大盛「店頭放送VTRダイジェスト」。DVD「双恋LIVE 〜バレンタイン・パニック〜」の宣伝VTRが見られる。ぼくも跳びたいなあ……。
 
 【1975】優しい三十路の迎え方 Lesson.1【1976】。第3次声優ブーム期に声優を目指した声優たちももう三十路なのね。時が過ぎるのは早い。共に年を取る信者はずっと信者のままだろうが、問題は新たなファンを獲得できるかどうかだ。後発世代の声優たちが声オタを徐々に侵食しているし。もちろんぼくはほっちゃん以外の声優にはまったく興味がないけどね。
 
 
2005年6月16日(木)
 
 午前9時半過ぎに起きたんだにゃー。
 
 午前10時半過ぎに大学に行った。type theoryとLeibnizの勉強会とLeibnizの演習。その後は某所で某氏の送別会。お元気で。午後10時半に帰宅。
 
 声優オタク向上計画。みんながんばれー。おれにはぜんぜん関係ないけどさ。
 
 来週の土曜日はこれこれこれのどれに行くべきか真剣に悩んでいる。ううむ。
 
 もう寝るんだにゃー。
 
 
2005年6月15日(水)
 
 午前9時前に起きて大学に行って1限TAの後は昼まで勉強して午後は人の発表を聞く演習でどうして院生よりも学部生の発表に好感をもってしまうのか不思議に思ったりしてから雑談して勉強して帰宅したら午後9時過ぎなのでした。
 
 ラブひな DVD-BOX 特典ドラマCD アフレコ記者会見。ん?ぼくの眼がおかしいのかな?ほっちゃんがきらきら輝いて見えるんだ……!
 
 ほっちゃん日記更新。ほっちゃんの真綾好きは相変わらずだなあ。ほっちゃんに「プラチナ」を歌ってもらいたい!
 
 昨日も一昨日も日記でほっちゃんのことは書かなかったけれどぼくの頭の中はいつもほっちゃんのことでいっぱいだよ。やっぱりほっちゃんは超天使さんだよ(>_<)
 
 Leibnizにおける「形相的一致」ないし「形相的同一性」について。例として(あまり適切な例ではないが)de Volder宛書簡から引用してみる。
 
Neque praedicatum nisi in concreto sumatur, cum subjecto idem est, itaque mens quidem cum cogitante(etsi non formaliter)sed non cum cogitatione coincidet. (GPU249)
 
 直訳すると「述語は、具体的に考えられない限り、主語と同一ではない。したがって、精神は思考するものと一致するが(たとえformaliterではなくても)、思考とは一致しない」という感じになるだろう。ここで問題なのがformaliterの訳語。素朴に考えると「形相的に」とでも訳すのだろうが、何を言いたいのかよくわからない。とりあえず、形相的同一性を「本質において同一であること」として捉えることができるかもしれない。この場合は、主語「精神」と、述語「思考する」を名詞化した「思考すること」は、たとえ本質においての一致ではなくても、一致する、ということになる(うは。なにがなんだかわからないね)。では「本質において」一致するとはどういうことなのか。形相が同じってことなのだが、それじゃあ説明になってない。formaliterについては去年の今頃から疑問だったのだ。ところが、今日、Ariew&Garberの英訳では上の引用箇所のformaliterがby definitionと訳されていることを知った(ちなみにLoemkerの英訳ではformally。そのまま)。意訳に近いのかもしれないが、語意を汲み取った非常によい訳語だと思った。なるほどねえ。内包的定義を与えることは本質を与えることと同じであるから、この訳語の選択はむしろ当たり前なのかもしれないが、一気に視界が開けた思いだ。この気持ちわかるかなあ。実はLeibnizの定義論には関心があって、Leibnizにおける数学的概念の定義の問題が次の研究課題だったりする(が、ほとんどなにもやってない)。
 
 「魔法先生ネギま!」。え。いつの間に明日菜死んじゃったの?「ネギま!」はいつも勉強しながら見てるので流れがよくわからないのだ。先週の終わりで時計台(?うろ覚え)から飛び降りたけどネギに助けられたんじゃなかったのか。どうせ最終回で生き返るんだろうけどさ。
 
 「フタコイ オルタナティブ」。あー。なぜイカ星人でなくてはならないのかよくわからないが面白いから許す。
 
 
2005年6月14日(火)
 
 午前9時過ぎに起きました。
 
 読書。『火の山』読んだ。ありゃりゃ。イシュトヴァーン更生しちゃったよ。ちょっと早すぎるんでないかい?てっきり、イシュトが真人間になるのは最終巻でグインに看取られて事切れる瞬間であるとばかり予想していたのだが。それとも、中途半端な回復こそ完全な回復への最大の障害に他ならないというドストエフスキーのひそみに倣って、今回の更生もまた一時的な復活に過ぎないのであって、しばらくしたらまた例の如く妄念にとらわれてやがては当初の予定通りめでたく虐殺王イシュトヴァーンのご誕生と相成るのだろうか。そうであってほしい。そうであってくれ。
 
 正午過ぎに大学へ行く。KrVと集合論と昼寝と雑用と勉強。
 
 午後9時半に帰宅する。
 
 うっかりとヘッドフォンを踏んづけて壊してしまった。でも瞬間接着剤で修理できたから平気。部屋中もので溢れていて足の踏み場がないので移動は慎重にしなければならないのだ。
 
 いろいろと用事が降ってきてなかなか自分の勉強の時間が確保できない。ぼけっとしている間に6月も半分過ぎちまった。
 
 「創聖のアクエリオン」。「不幸最低拳!」。くだらないなあ。「き、気持ち悪い……!」。実にくだらない。しかもそのくだらなさがよいかというとそういうわけでもないのであった。
 
 「まほらば」。珠実季節感まるでなしだけどとても楽しそうだね珠実。
 
 
2005年6月13日(月)
 
 正午過ぎに起きた。
 
 ホームセンターに行ってファイルボックス等を買う。
 
 帰宅後は勉強と昼寝と勉強。
 
 ビデオの消化。
 
 『不思議の国の論理学』の「亀がアキレスに言ったこと」に書いてあることはQuineの規約主義批判そのものではないか。ルイス・キャロルすげえ。規約主義が登場する以前に既に規約主義に引導を渡してる。と思ったらQuine自身が例の規約主義批判論文の中でキャロルに言及しているということが飯田隆『言語哲学大全U』182頁に書かれていた。というわけで『大全U』の第2章を久々に読み返したのだが、この章は『大全』シリーズ中の白眉ですね。初読時は※のついた節は読み飛ばしていたのだが、今は普通に楽しめる。
 
 夕方頃、向かいの家の子どもが30分以上泣き叫んでいた。母親がなだめるのも聞こえてきたが、子どもはぜんぜん泣きやまなかった。そりゃ虐待もするよな。
 
 少しだけ資料の整理。
 
 夜も適当に勉強。今日はよく勉強したような感じがするのだがいかんせん成果に乏しい。月曜日はどうも不調だ。
 
 
2005年6月12日(日)
 
 朝まで起きてた。
 
 「交響詩篇エウレカセブン」。エウレカの過去が明らかになってようやくおはなしが動き始めた感じ。なるほどエウレカがためらいもなく軍隊をぶち殺すのはかつての自分を殺しているということなのだ。それにしてもエウレカをその過去も含めて受け入れようとするレントンのひたむきさがまぶしい。しかも今週は「これ絶対入ってるよね」体勢キター!しかも二回も……!!羨ましいぜレントン。
 
 「仮面ライダー響鬼」。面白い。
 
 「ふたりはプリキュアMax Heart」。ありがちなシナリオだなあ。子供騙し。
 
 午前10時前になってようやく眠くなってきたので寝る。目が覚めたら午後3時頃。
 
 勉強しようと思ったけどほっちゃんのことが(以下略)なので出掛けることにした。
 
 本屋に行って、『CM NOW』2005年7-8月号、ルイス・キャロル、『不思議の国の論理学』、ちくま学芸文庫、2005年.栗本薫、『火の山』、ハヤカワ文庫、2005年.桜坂洋、『スラムオンライン』、ハヤカワ文庫、2005年.森博嗣、『迷宮百年の睡魔』、新潮文庫、2005年.を買った。
 
 帰宅した後も依然として不調気味。ほっちゃん、オラに力を分けてくれ!!!
 
 サイキックで古代帝国軍の話題が。あいつらまだ活動してたのか。
 
 
2005年6月11日(土)
 
 朝起きたら午後3時だった。
 
 「絶対少年」。第4話「光誘う樹木の宮」。前回このアニメをエロゲーのムービーとして見るという鑑賞法に気付いてしまったのでもうそれ以外の見方が思い付かない。美紀や須河原の無防備な身体を欲望の対象としてしまう視線。いやらしい。純潔を捨てるくらいなら成長を拒絶するという思考を避けるという隠れたテーマがある。この要素はこのお話がジュブナイルとして成立するためには不可欠である。萌えの一歩手前に留まり不能の一歩先に向かうこと。それは少年にのみ許されている。「絶対少年」というタイトルはその意味で捉えるべきだろう。
 
 洗濯する。めんどくさい。
 
 ほっちゃんのことが好き過ぎて勉強する気になれないので久々に「LOVE・LIVE HINA ひなたガールズが大阪な」でも見て気分を落ち着かせようとしたのだがいつものようにほっちゃんパートをリピート再生していたらますますほっちゃんへの想いが断ち切れんばかりに高まってしまって逆効果だった。
 
 「DESTINY」「ツバサ」見る。
 
 「エンジェルLOVE」アンコール放送。一ヶ月限定なので聴取はお早めに。
 
 「堀江由衣の天使のたまご」
 アポなしテレホンのことは忘れてほしい天たま(;´Д`)ハアハア
 天たまお誕生会(;´Д`)ハアハア
 天たま演劇部を心待ちにしているリスナーからの応援のお便りが。
 ゆかりんネタ久々キタ━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━━!!!!!
 ゆかりんの給料の半分を分捕るほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 でもほっちゃんの給料の半分は荒鷲に(´・ω・`)ショボーン
 QRの天たまの内容紹介文が「堀江由衣の不思議ワールド」(;´Д`)ハアハア
 ほっちゃん新番組情報。「D.C.S.S」「ぱにぽにだっしゅ」に出演!
 「天たまが終わるっていう実感はまだないですね……」(;´Д`)ハアハア
 由衣様は絶対!
 今日のテーマは「あなたが見つけたカリスマラジオの法則」。
 「公開録音をする」正論キタ━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━━!!!!!
 「季節感を織り交ぜた放送」これは既に実行中。
 「みなさん結婚してますかー?」(;´Д`)ハァハァハァハァ/lァ/lァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \アノ \ア ノ \ア
 「天たまの地位が低いのはパーソナリティの地位が低いから」(;´Д`)ハアハア
 日々精進するほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 次回のテーマは「年上の女の子に告白するならこの台詞」。
 「私年上だよ?」(;´Д`)ハァハァハァハァ/lァ/lァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \アノ \ア ノ \ア
 
 ラジメニアを聴いたりしながら勉強。でも調子がよくない。そこら辺に転がってる論文から適当に一つ選んで読み始めるもちっとも面白くないから半分も読まないうちに投げ出す、というパターンが続く。調子が悪いから論文を楽しむことができずに最後まで読めないのか、あるいは最後まで読む価値のないものばかり読んでいるから調子が悪くなるのか。自分でもよくわからない。でも飯田隆、「フレーゲと分析的存在命題の謎」、『理想』、639号、1988年、44-53頁.はちゃんと読んだ。問題提起としては面白いが、一言で言えばFregeの言語優位テーゼは数学的対象の存在を考える際にはとても重要ですよってことだから、むしろ当たり前といえば当たり前かも。Benacerraf以降この手の話題にはどうしても「古い」という印象をもってしまうが、どうなんだろうか。続きが知りたい気もする。例のDummettの「数学ってなんじゃらほい」論文とも関連してそうだし。
 
 栗林みな実誕生日おめでとう。
 
 
2005年6月10日(金)
 
 午前10時半過ぎに起きた。正午過ぎに大学へ行く。今日も暑い。なぜか昼寝してしまう。Tractatusの演習。大学を出る。本屋で『数学』2005年4月春季号、『アニメージュ』2005年7月号を買う。某所で某氏の送別会。新天地での活躍を期待しております。帰宅したのが午前0時半過ぎ。
 
 ほっちゃん日記更新
 キティちゃんのガムを買うほっちゃん。
 「脱がせたら意外と普通」なほっちゃん。
 なぜほっちゃんはいとも容易にぼくの心を鷲掴みにしてしまうのか……!
 
 
2005年6月9日(木)
 
 午前10時に起きてる。大学へ行く。とても暑い。type theoryとLeibniz読書会とLeibnizの演習。どれもたいへん面白い。生協書籍部で『ダ・ヴィンチ』2005年7月号を買う。昼寝する。勉強する。午後9時過ぎに帰宅する。
 
 今日の朝日新聞朝刊の皇室典範有識者会議の記事で、男系維持派の八木秀次の「初代の神武天皇のY染色体は、男系男子でなければ継承できない」という発言が紹介されている。うへえ。こんなこと本気で言うなんて。狂ってる。何度かここでも書いたと思うが、日本国憲法で保証されている基本的人権が皇室の人たちにおいては著しく侵害されているので、天皇制は廃止しなくてはならない。議論の余地などないと思うのだが。
 
 ほっちゃん日記更新。すげー!!後ろ姿だけなのにほっちゃんのかわいさが怒濤のように伝わってくる……!!恥ずかしがるほっちゃんかわいすぎるよ!!!
 よーしこうなったら今日も魔法の鏡さんに聞いちゃおうっと。
 「鏡よ鏡よ鏡さん。世界でいちばんかわいいのはだあれ?」
 「それはもちろんほっちゃんです!」
 
 手近にあったHackerの論文を読んだ。HackerはDavidsonの意味に関する理論や外在主義を全面的に批判するわけだが、代案として彼が提示するのが語の意味=使用テーゼや語の習得モデルのとして直示的定義だったりする。直示的定義って問題ありありのように思えるのだがどうなんだろう。
 
 麻績村まゆ子が「おみむらまゆこ」に改名。安直な改名はバッドエンドのフラグなのに……。
 参考資料:81プロの女性声優が短命すぎる件
 
 田村ゆかりと堀江由衣って仲いいの?あえてノーコメント。
 
 
2005年6月8日(水)
 
 午前8時50分に起きたあ。
 
 みんな「ハッピー☆マテリアル」を買うのを忘れるなよ!
 
 午前9時半過ぎに大学へ行く。1限のTA……のはずが今週と来週担当の某先生が来ない。研究室にも不在。仕方ないので、代わりにおれが講義することになった。というのは嘘で教務課の指示に従って本日は休講にした。(後でわかったのだが、某先生は1限と2限を勘違いされていたとのこと。うがあ)
 
 研究室のPCがようやく蘇生。面倒くさかった。
 
 午後は某編集作業。これまた面倒くさい。でも充実した内容になりそうだ。
 
 90分ほど寝る。
 
 少し勉強する。次の課題はLeibniz-Huygens往復書簡の読解にするつもりだったが、実際に読んでみるとなんか思っていたのと違う。困ったな。どうしましょう。
 
 午後8時過ぎに帰宅。
 
 Amazonのマーケットプレイスで安価で出品されていたDVDがあったので思わず注文したのだが……。こんなメールが来た。
 
Amazon.co.jpからのお知らせ
 
クレジットカードによる支払いが完了されなかったため、注文番号*******のご注文はキャンセルされました。Amazon.co.jpに入力されたカードの氏名、有効期限、郵便番号が、銀行が持っている情報と完全に一致しない場合、発行銀行はクレジットカードへの請求を拒否することがあります。
 
 わけわかんね。確認したけどクレジットカードは別におかしくないんだよ。これはいったいどゆことですか……?
 多分これは一方的にキャンセル喰らわせて個人情報だけ抜き取ってドロンする一種の詐欺ではないかな。まいったなー。うかつだった。みんなも気を付けよう。
 
 猪口有佳 その3なのですぅ☆
 魔法使いや妖精さんでいっぱいですね。
 
 野中藍誕生日おめでとう。
 
 「フタコイ オルタナティブ」。え。あ。お。来週はいよいよイカ星人との対決だね。それにしてもオルタはどこかでフラグを立て忘れたのではなかろうか。
 
 
2005年6月7日(火)
 
 正午過ぎに起きたよ。
 
 「……現在取り組んでいる研究課題は「能登麻美子その可能性の中心」です。数多くのレギュラーを抱えながらも単調な演技しかできない能登麻美子の声優としての今後の可能性を考えようというものです。能登麻美子の演技の幅が狭い原因としては、エロゲー声優を経験していないという点をあげることができると思います。ただ、表声優がエロゲに出演することは考えられません。そこで、本研究は、どうやら黒歴史化している「ヒットをねらえ!」の続編をもちろん能登麻美子主演で制作することを提案します。……」
 「むしろ生田美月のような萌えキャラを見事に演じきったことが現在の能登麻美子の可能性を限定しているように私には思われますが」
 「それは誤解です。あなたの判断は保守化傾向にある作り手側からのものでしかありません。受容者であるわれわれはあくまでも能登麻美子の魅力が遺憾なく発揮されるような役を彼女に与えるべきだと考えます」
 「それが生田美月というわけですか」
 「そうです」
 「アンゴル・モアでは駄目なのでしょうか」
 「もちろんモアも能登麻美子の当たり役であるとは言えると思います。しかし、われわれはモアのプロトタイプとして生田美月を捉えるべきではないでしょうか。生田美月には様々な可能性が内包されています。モアはその中の一つが発現したものに過ぎません」
 「ということは鷺月子もまた生田美月の発展形態として解釈してよろしいのでしょうか」
 「もちろんその通りです」
 「あのう」
 「はい」
 「私も発言してもよろしいでしょうか」
 「ええ」
 「お前らものすごくキモいです」
 …………。
 
 さてこれから大学に行くわけだがあのPCをどうにかしなきゃならんのかと思うと気が重い。
 
 というわけで午後2時頃大学へ。
 
 集合論。inductionを2回使えばいいのか。
 ところでDrake&SinghのIntermediate Set Theoryにはこう書いてある。
 
 Many mathematicians will not want to restrict themselves to these formal considerations, and will want to say that the cumulative type structure is the standard model for ZF, and that the standard model for PA within that is the genuine standard model of arithmetic (and also the genuine ω). This is sometimes called the platonist or realist position on the foundation of mathematics, and seems to be the most natural way to think, if we are to have a single, unique standard model of arithmetic. (p.83)
 
 こういう立場をプラトニズムと呼べるのもモデルのuniquenessゆえにってことなんだろうが、一方で連続体仮説をめぐる場面などでは直観も動員されているようにも思われるわけで、相変わらずわかっているようでわからないことが多いな。
 
 図書館でちょっとコピー。
 
 午後8時過ぎに帰宅した。
 
 ほっちゃん日記更新
 小学生くらいの女の子と少し照れながら「こんにちは」って挨拶し合うほっちゃん。
 その女の子のお母さんから「行ってらっしゃい」と言われてもの凄く照れるほっちゃん。
 文章だけなのにほっちゃんのかわいさが余すところなく伝わってくる……!
 ほっちゃんはやっぱり超天使さんだよ(>_<)
 
 「鏡よ鏡よ鏡さん。世界で一番かわいいのはだあれ?」
 「それはほっちゃんです」
 
 「キラ」っつったよなあぁ〜!!
 うひょー。こいつは懐かしい。
 
 魔法先生ネギま!占いをやってみた(みんなもやってみよう!)。
 結果↓
hillさんは 宮崎のどか です!
● 宮崎のどかさんのあなたは、気配り上手の勉強家です。心が広く許容量もあるので、友人も多いはず。また、一度始めたことは最後までやり遂げる努力家の面も。それゆえ、趣味の多さや交際範囲の広さは目を見張るものがあります。自信と気力も十分で、多少の障害も楽々と乗り越え、失敗を恐れず、我が道を突き進んでいくあなた。いつの間にか、多方面で仲間や同志が多くなります。好奇心も人一倍旺盛。仕事以外の趣味や遊びの分野においても、研究熱心でエキスパートになる可能性を大きく秘めています。何でも知りたい、さらに深く究めたいという貪欲さがあり、自分から興味をもてるようなことを求め、広く触手を伸ばしていく人です。
● hillさんの開運温泉は、熱海温泉です(入浴剤も可)。
 
 能登嬉しいよ能登。
 
 渕崎ゆり子結婚&妊娠報告
 ほっちゃんぼくらのことはしばらくは内緒にしておこうね。
 
 数学板でギャルゲー作らない?
 「集まるもの」シナリオは「AIR」のSummer篇みたいなもので、しぇらあたんやうっでぃんたんがフラグ立てまくりでプレイヤーは見てるだけです。「基礎づけるもの」シナリオは「AIR」篇みたいなもので、烏と化したプレイヤーはひたすら己の無力感を思い知らされるだけです。んでもってようやく出番がめぐってきたかと思ったら「School Days」ばりの首ちょんぱ&鬱展開でしょぼーんです。萌えキャラはたくさん出て来ます。
 
 「まほらば」。珠実今週はちょっといい話だったね珠実。
 
 
2005年6月6日(月)
 
 午前10時半に起床したぜ。
 
 『古典ラテン語辞典』。これは欲しい!
 
 エロゲ声優占いをやってみた(みんなもやってみよう!)。
 結果↓
hillさんは 榎津まお タイプです!
● 榎津まおさんは、感受性が鋭く、子供のように素直で純真な人です。人を疑うことをしないため、時には騙されて傷つくこともあるのですが、そんな経験があなたをより強く優しい人間にしていきます。また、子供のような心を持っているということは、既成概念にとらわれない、自由で自然体な生きかたができるということでもあります。どんな場所でも素直に周囲の意見を受け入れるので、無理なくその場に溶け込んでいけるでしょう。ただし、自然体という気質が悪い方向に出てしまうと、ワガママで気まぐれだというレッテルを貼られてしまうかも。自分勝手な部分を慎むことが、開運の大きな鍵になりそうです。恋愛面では、あなたの素直さを大事にしてみて。
● hillさんの恋愛運最高デーは、1月22日です!
 
 ( ´_ゝ`)フーン
 
 ほっちゃんは超天使さんだよ(>_<)
 
 午後1時前に大学に行く。
 
 少し勉強する。
 
 FSセミナー。
 
 研究室のPCが起動しなくなった。あちゃー。こんなの初めてだ。どうしよう。
 
 某所で夕食後、午後11時に帰宅した。
 
 「Re:ハニー」DVD-BOXの特典収録現場をレポート。ほっちゃん輝いてるなあ。スカートがとてもお似合いだよ。やっぱりほっちゃんは超天使さんだよ(>_<)
 
 「VIPPERとは何ですか」。「ニートと関係があるようにも思えるのですが…」。素晴らしき直観!
 
 勉強しながら「伊集院光・深夜の馬鹿力」を聴く。月曜日は不調。
 
 
2005年6月5日(日)
 
 午前7時に起きたですう。
 
 「交響詩篇エウレカセブン」。第8話「グロリアス・ブリリアンス」。笑うエウレカ、怒るエウレカ、不安がるエウレカ、痛みを堪えるエウレカ……と今週は実にいろいろなエウレカたんの表情を見ることができて大満足です。でも肝心のお話しの方は特に後半がよくわかりません。伏線をいろいろと張ってるんだろうけど、伏線張りに偏りすぎたおかげでかえって盛り上がりを欠いてしまった感じ。またしてもエウレカは無能な軍の連中を殺しまくり。
 
 「仮面ライダー響鬼」。普通に面白いよね。
 
 「ふたりはプリキュアMax Heart」。何度も繰り返すが私はプリキュアには一貫して否定的なのだ。それでも絵としては上質だから普通に見てしまうのだが。
 
 午前中は読書。
 
 昼寝した。
 
 また読書。
 
 「トップランナー」に新海誠が出るので見た。宮崎駿作品が好きだったと語る割には新海作品のモチーフである無機物に対するフェティシズムはぜんぜん宮崎駿っぽくないんだな。
 
 明日のNHK教育午後7時半からの「あしたをつかめ〜平成若者仕事図鑑」で声優が取り上げられるそうです。
 そう言えば知り合いに某声優養成所に通ってた人がいるけど、養成所時代のことを自分から話すの見たことない。かといってこっちから問いかけても「へんじがない。ただのしかばねのようだ」。
 参考資料:声優志願者を必死で引き止めるスレ
 
 声優占いをやってみた(みんなもやってみよう!)。
 結果↓
 hill嬢は 浅野真澄 タイプなのです♪
● 浅野真澄嬢タイプのあなたは、勝気で負けず嫌いな不屈のファイター。おかしな理屈を並べたり、筋の通らない話を強引に押し進めようとする人がいると、それが先輩や上司であっても、ハッキリと意見をするタイプです。中にはあなたのことを生意気だと言う人がいるもしれませんが、悪いことは悪いと言えるあなたに、喝采を送っている人も多いはず。トラブルにも大胆かつ積極的に取り組んでいくため、なにかと頼りにされることが多いでしょう。ですが、この豪快さの裏側には、意外なほどの繊細さが隠れています。特に恋愛面では、臆病とも言えるほどの照れ屋さん。変に身構えたりせず、そのままのあなたを出してみて。
● hillさんの開運ドリンクは、甘酒です!
 
  |||_| ̄|○|||
 
 今週のサイキック青年団は中森明夫と栗林みえがゲスト。栗林みえ!懐かしいな。「ヴァニーナイツ」。もう6年くらい前になるのかな。このときはまさか将来僕がほっちゃんと結ばれる運命にあるとは思いも寄らなかった。いや、正確に言えばまだ結ばれていないのだけれど、まあそうなるのも時間の問題だから。
 
 
2005年6月4日(土)
 
 午前8時ちょうどにおきたお。
 
 「絶対少年」。第3話「名物アナウンサーがやってきた」。話がようやく見え始めた。主人公の過去の記憶ってのが鍵になるのだね。後は家族の和解か。また、第3話にしてようやく気が付いたのだが、このアニメ、アングルがとてもエロい。今回も、女性アナウンサーの胸元をアップでじーっと映したり、カメラが舐めるように下から見上げたりと、いやらしいことこの上ない。これはいったいなんだ。様式美に近いものを感じる。
 ちなみに「絶対少年」とこの後の「うる星やつら」と合わせてこの1時間は伊藤和典アワーってことになるね。だからどうしたってわけでもないが。
 
 洗濯して「ふしぎ星の☆ふたご姫」見る。
 
 勉強する。
 
 メモ。ドイツ語の抽象名詞は複数形になると具体性を取り戻す。たとえば、Möglichkeitは「可能性」だが、Möglichkeitenだと「可能なことども」となる。
 
 ちょっと昼寝した。
 
 元服役囚「真犯人は別」、パゾリーニ監督殺害再捜査へ。うへー。こういうことってあるのか。でも今更真犯人なんて見つかるのかねえ。サイキック的には例のピアノ男が関係してそう。
 
 勉強しようと思ったけどほっちゃんのことが好き過ぎて勉強する気になれないので出掛けることにした。
 
 駐輪場のおれさまのバイクに薄汚い猫が座っていて思わず吐きそうになった。
 
 『少年シリウス』2005年7月号、うすた京介『ピューと吹く!ジャガー』9巻、よしながふみ『フラワー・オブ・ライフ』2巻を本屋で買った。
 
 午後6時に帰宅した。「DESTINY」「ツバサ」見る。
 
 ほっちゃん日記更新。うわーかわいい子猫ちゃんだなー。
 
 部屋の中が蒸し暑い。この部屋は日当たりが悪いくせになぜか熱が籠もりやすい。ものがありすぎでごちゃごちゃしてるから部屋内の空気が動かない。おかげで冬は過ごしやすいのだが、夏になるともうダメ。ときどきベランダに出てみると涼しいこと涼しいこと。これってどうにかならないのだろうか。
 
 「堀江由衣の天使のたまご」
 天たまがアポなしテレホンをしなくなったのは個人情報保護法案のせい。
 「天たまの名物企画天たまアポなしテレホンここに眠る」(;´Д`)ハアハア
 でも「熱烈歓迎!アポなしテレホン」ってハガキに書いておけばオッケーらしい。(これからは必ずそう書くからね、ほっちゃん!)
 なかなか地位の上がらない天たま(;´Д`)ハアハア
 携帯電話のコラムで誉めてもらいたいほっちゃん(;´Д`)ハアハア(ほっちゃん、この日記見てよ!ほぼ毎日ほっちゃんのこと誉めてるから!)
 「Angel恋をした」が「フタコイ オルタナティブ」第7話で使われていた。
 リスナーのバンドにほっちゃんが命名「四谷キャッツアイ」(;´Д`)ハアハア(日記とシンクロしてるね!)
 「ほにゃ〜。語尾ににゃ〜がついちゃうにゃ〜。これじゃあラジオができないにゃ〜」(;´Д`)ハァハァハァハァ/lァ/lァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \アノ \ア ノ \ア
 オッス!乙女塾。
 かわいいプロフィール。「はじめまして、今日は遅くなってすいませんでした。道ばたに咲いていたたんぽぽが誰かに踏まれたらと思うと気になって気になって……。え?趣味ですか?趣味は……ビー玉です。透き通っていてきれいじゃないですか。いつまで見ててもあきないっていうか。後は……パターゴルフかな。あ、特技はとくにないんです。お料理やお掃除をするのが好きですね。家事全般はは得意です。でもこれって当たり前ですよね。特技にならないや。え?好きな男の子のタイプですか?よくわからないけど、好きになった人がタイプなんじゃかな。サラダとりますね。しいたけですね。はい、どうぞ。……あっ!いっけなーい。ごめんなさい!染みになっちゃうから早く脱いで。そんなところにこぼすなんて。早く脱いでください!私ったらなんてことを……。私まだ名前言ってなかったですね。私の名前は堀江リホです」(;´Д`)ハァハァハァハァ/lァ/lァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \アノ \ア ノ \ア
 夏にイメージDVDを出すほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 練乳をチューブからちゅうちゅう吸うほっちゃん(;´Д`)ハアハア
 次回はクイズやなぞなぞに挑戦することに。
 
 「アキバ系」って言葉を最近よく目にするのだが、はあ?何言ってんのこいつ?って思います。どういう文脈で用いられるべきなのかよくわからないのだが、なんか言い回しが今風だからとりあえず使ってみました的な雰囲気出まくりで不愉快極まりない。「アキバ系オタク」?バカジャネーノ?お前らとは一生口訊かねえ。
 
 論文の末尾にほっちゃんへの謝辞を書こうと思います。
 
 
2005年6月3日(金)
 
 午前11時半に目覚める。
 
 ポッキーの石原さとみのCMがとてもいやらしい。
 
 午後1時前に大学へ行く。そろそろ冷房が必要になってきたっぽい。一応『論考』の演習。Davidson勉強会。読み終えた論文が今日までで10本。理想的なペースだと思う。Davidsonの論文を全部読むというのがこの勉強会の目的なのだが、似たようなことを言っている論文がけっこう多いのでモチベーションが持続するかどうか微妙。その後某所で飲食。帰ってきたら午前1時過ぎ。長居しすぎた。時間とお金の浪費。
 
 全国各地で発見されているガードレールの謎の金属突起物を線でつないで上空から見るとキン骨マンの顔になるらしい。
 
 いつまでたっても何かに束縛されているという状態が続くのだ。あれが去ったと思ったらこれ。こっちが終わった途端にそっち。なんかもう嫌になってくるね。でも、自分のスキルアップの格好の機会と前向きに考えて、これらに積極的に取り組みたいと思っている。なんて嘘。そんなのできるわけないじゃん。面倒くさいだけ。
 
 
2005年6月2日(木)
 
 起きたら午後1時だった。あちゃー。2限の講義さぼっちまった。不覚。でもたくさん寝たので気分は爽快。
 
 家主から大事な連絡が。
 
 ほっちゃん日記更新
 ほっちゃん、ちわっす!
 ただちにお茶をお持ち致します!
 ほっちゃんはこれから天たまの収録かな?がんばってね!
 
 午後3時前に大学へ行く。3限のLeibnizの演習。面白い。
 
 今頃ほっちゃんは天たまの収録中だろうか。きっとそうだ。そう思うと自然と勉強に身が入ってくるね。ほっちゃんは天たまの収録を、ぼくは勉強をがんばっている。二人はどこかで繋がっているのだ。妄想力。
 
 「黒うさぎの小部屋」。やさぐれゆかりん。
 
 午後9時過ぎに帰宅する。
 
 ウォーターゲート事件の報道の情報源であることを自ら明かしたマーク・ウェルト氏について、今日の朝日新聞朝刊の天声人語では、情報のリークがあたかも義憤からなされたものであるかのように書かれている。しかし、同じ朝刊の国際面では、当時FBI副長官だったウェルト氏の私憤に基づくホワイトハウスへの意趣返しだとするワシントン・ポスト紙の見解が紹介されている。同じ行為についても記述が違えばまったく違う印象を受けるという好例。
 
 深夜も勉強する。勉強すべきことがいろいろあって嫌になる。というのは実は嘘で楽しくて仕方ない。
 
 
2005年6月1日(水)
 
 午前9時に起床したっす。
 
 6月に入ったのでカレンダーも新しくなる。今月はヒトデで遊ぶほっちゃん。ベリーキュート。ほっちゃんなんだか中学生みたい。……はっ。まさか、ほっちゃんは年の取り方が普通の人の半分なのか?なんてこった。
 
 午前9時半過ぎに大学へ行く。1限のTA。午後は人の発表を聞く演習。言葉は正しく使いたい。怠いので後半寝てた。夜は某飲み会。
 
 午前零時過ぎに帰宅する。
 
 声優板移転。いろいろ面倒くさいな。
 
 人気漫画家青山剛昌さん−有名声優と「コナン婚」。ほう。こういうことってあるんだ。じゃあぼくも漫画家になって自分の漫画をアニメにして主演声優と結婚することができるかもしれないってことだよね。今からでも遅くはない。明日から漫画描こう。ほっちゃん待っててね。
 
 「フタコイ オルタナティブ」。うう。恋太郎が語り手であるゆえに恋太郎の不能が物語の不能をもたらさざるを得ないってのはわかる。恋太郎×白鐘姉妹という図式が崩れてしまって双恋じゃなくなったのにサブタイトルをあえて「フタコイ」とした気持ちもわかる。でも、始まって3分ほど続くちょっとだけ凝ったアングルの多用やデパートでのカート(音速丸入り)の細かい動きやホテルのバスルームで泣き崩れる沙羅などもはやオルタではお馴染みの演出がたくさんあったのだが、見ているこちらはちょっと冷めちゃうね。こういう陰鬱エピソードを挿入することで結末のハッピーエンド振りを際立たせるという意図なんだろうけど、むしろその意図が明確な分、受け手にはこのステップが余計なものに感じられるからだ。まあ最後まで見ないと何とも言えないんだろうけど。
 
戻る