●ルーフェンゴケファルス(1)
 Lufengocephalus [ルーフェン(緑豊)の頭]

記載者:Young, 1974
分  類:竜盤目・竜脚形亜目・原竜脚下目・アンキサウルス科?
年  代:後期三畳紀?〜中期ジュラ紀・レート期?〜バージョス期 
大きさ:― 重  さ:―


タワサウルスTawasaurus の同意語とされている。

模式種:―
他の種:―
誤認種:L.tawae

▲ 上へ戻る


●ルーフェンゴケファルス(2)
 Lufengocephalus [ルーフェン(緑豊)の頭]

記載者:Young, 1974
分  類:竜盤目・竜脚形亜目・原竜脚下目・プラテオサウルス科
年代:後期三畳紀?〜中期ジュラ紀・レート期?〜バージョス期 
大きさ:約5〜6m 重  さ:―


ルーフェンゴサウルスLufengosaurus の事である。

模式種:―
他の種:―
誤認種:L.tawae

▲ 上へ戻る


●ルーフェンゴサウルス
 Lufengosaurus [ルーフェン(緑豊)トカゲ]

記載者:Young, 1941
分  類:竜盤目・竜脚形亜目・原竜脚下目・プラテオサウルス科
年代:後期三畳紀?〜中期ジュラ紀・レート期?〜バージョス期 
大きさ:約5〜6m 重  さ:―


中国・四川省、雲南省、チベット(西蔵)自治区で発見された四足あるいは二足歩行の植物食恐竜。
頭が小さく、歯の間が広かった。首は長く、胴体は幅があり、がっしりしていて重かった。幅のある足には長い指があり、鉤爪があった。 前肢の親指には他の指より大きい鉤爪が備わっていた。

模式種:L.huenei
他の種:L.changduensis
誤認種:L.magnus

▲ 上へ戻る


●ルーマニア
 Romania [るーまにあ]

記載者:―
分  類:国・地域
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


正式国名は同じ。首都はブカレスト。略名は「ルーマニア」。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―
備  考:漢字表記では「羅馬尼亜」になる。

▲ 上へ戻る


●ルコウサウルス
 Lukousaurus [ルコウ(蘆溝)トカゲ]

記載者:Young, 1948
分  類:竜盤目・獣脚亜目・コエルロサウルス下目・コエロフィシス科
年  代:後期三畳紀〜前期ジュラ紀・レート期〜プリンスバック期 
大きさ:約2m 重さ:―


中国・雲南省で発見された二足歩行の捕食性恐竜。
額には小さい角があった。槽歯類 Thecodonts またはワニ類 Crocodilians とも考えられている。

模式種:L.yini
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●ルシタノサウルス
 Lusitanosaurus [ルシタニアトカゲ]

記載者:Lapparent & Zbyszewski, 1957
分  類:鳥盤目・ティレオフォーラ(装盾)亜目・スケリドサウルス下目・スケリドサウルス科
年  代:前期ジュラ紀・シネムール期 
大きさ:― 重  さ:―


ポルトガルで発見された四足歩行の植物食恐竜。
スケリドサウルス類 Scelidosaurids の特徴が見られる、 歯のついた上顎の一部や破片などから命名されている。

模式種:L.liassicus
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●ルティオドン
 Rutiodon [(不明)の歯]

記載者:―
分  類:槽歯目・フィトサウルス(植竜)亜目・フィトサウルス科
年  代:前期三畳紀 
大きさ:― 重  さ:―


ワニ類 Crocodilians に酷似した 槽歯類 Thecodontsフィトサウルス類 Phytosaurs の一種である。恐竜ではない。

模式種:R.carolinensis
他の種:―
誤認種:―
☆チョコラザウルス第3弾/No.062:味覚糖(株)

▲ 上へ戻る


●ルルドゥサウルス
 Lurdusaurus [重いトカゲ]

記載者:Taquet & Russell, 1999
分  類:鳥盤目・鳥脚亜目・イグアノドン科
年  代:前期白亜紀・アプト期 
大きさ:約9m 重  さ:約5t


ニジェールで発見された四足時に二足歩行の植物飾恐竜。
がっしりした身体の造りで、体重は重かったと考えられている。 以前はグラヴィサウルスGravisaurus として知られていた。 属としての独自性に付いては疑問が残る。

模式種:L.arenatus
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る

検索で直接訪問された方だけClickしてして下さいね。
検索で直接訪問された方だけClickしてして下さいね。
※ このページへのご意見、ご感想はcyobi626〔at〕yahoo.co.jp までお願い致します。
Copyright:Cyobinosuke