●セアラダクティルス
 Cearadactylus [セアラの指]

記載者:Leonardi & Borgomanero, 1983
分  類:翼竜目・プテロダクティルス亜目・ケアラダクティルス科
年  代:前期白亜紀・アプト期 
大きさ:翼開長約5m 重  さ:―


ケアラダクティルスCearadactylus の発音違いの別の呼び方。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

指差しこちらの方が発音的には正解のようです。

▲ 上へ戻る


●セイスモサウルス
 Seismosaurus [地震トカゲ]

記載者:Gillette, 1991
分  類:竜盤目・竜脚形亜目・竜脚下目・ディプロドクス科
年  代:後期ジュラ紀・キンメリッジ期〜チトン期 
大きさ:約30〜40m 重  さ:約25〜30t


米・アリゾナ州で発見された巨大な四足歩行の植物食恐竜。
首と尾が極端に長く、それに比べて胴体は小さめだった。身体の大きさの割には体重が軽かった。大型の竜脚類 Sauropods としては珍しく、大部分の骨が発見されている。最新の音波探査による化石調査が行われたためこの名が命名された。

模式種:S.hallorum
他の種:―
誤認種:―
☆小学2年生2002年4月号/付録:(株)小学館

指差し一般的には「歩くと地震のような地響きが起こる」からこの名が付いたと思われています。しかしそれは間違いで、音波探査(人工地震)を利用したためなのです。

▲ 上へ戻る


●セイモくん
 Seimo-kun [せいもくん]

記載者:―
分  類:マスコット
年  代:― 
大きさ:約1.8m 重  さ:―


千葉・幕張メッセで開催されていた「世界最大の恐竜博2002」のマスコットキャラクター。
モデルは世界最大の恐竜の一つ、セイスモサウルスSeismosaurus である。イベント用の着ぐるみが製作され、6月から首都圏各地を訪問した。「おどる11(おどるイレブン)」が歌う「幸せきょうりゅう音頭」を紹介したNHK「みんなのうた」ではアニメ化されている。なお、「世界最大の恐竜博2002」の会期は2002年7月19日(金)から、一日延長されて9月23日(月)までだった。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―
備  考:セイモくんは香川県の大平伊織くん、和美さん母子がデザインし、滋賀県の大野みずきさんが名付けた。名前には25,031点もの応募があった。

▲ 上へ戻る


●セギサウルス
 Segisaurus [セギ渓谷のトカゲ]

記載者:Camp, 1936
分  類:竜盤目・獣脚亜目・コエルロサウルス下目・コエロフィシス科?
年  代:前期ジュラ紀・シネムール期?〜プリンスバック期 
大きさ:約1m 重  さ:5kg


米・アリゾナ州で発見された二足歩行の捕食性恐竜。
鎖骨を持った珍しい恐竜で、細身の四肢を持っていた。独自のセギサウルス科 Segisaurids に分類するとした説もある。

模式種:S.halli
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●脊椎動物類(亜門)
 Vertebrata [“芯を持つもの”類(亜門)]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


動物界・脊索動物門・脊椎動物亜門に属する絶滅種および現生種の動物のグループ。
身体を支える背骨がある巨大な動物群で、多岐に渡っている。含まれる上綱は無顎口上綱 Agnatha と顎口上綱 Gnathostomata で、魚類 Pisces と四足動物類 Tetrapoda に分けられる。魚類 Pisces は板皮綱 Placodermi 、軟骨魚綱 Chondrichthyes 、棘魚綱 Acanthodii 、硬骨魚綱 Osteichthyes に、四足動物 Tetrapoda は 両生綱 Amphibians爬虫綱 Reptiles鳥綱 Aves哺乳綱 Mammalia に別けられている。魚類 Pisces と四足動物類 Tetrapoda は顎口上綱 Gnathostomata の中に含まれており、それぞれは更に細分化されている。普通は省略されている事が多い。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●セグノサウルス
 Segnosaurus [遅いトカゲ]

記載者:Perle, 1979
分  類:竜盤目Zグノサウルス亜目Zグノサウルス科
年  代:後期白亜紀・セノマン期〜チューロン期 
大きさ:約6.5〜9m 重  さ:―


モンゴルおよび中国で発見された二足歩行の捕食性、あるいは植物食恐竜。
頭部は細長く、歯のないクチバシと竜脚類 Sauropods に似た小さな歯があり、頬があった。首は細く長め。前肢はやや短く、手には鋭い鉤爪を備えた指が3本、後脚の足は幅が広く4本指だった。胴体は幅があり、腰の骨は鳥盤類 Ornithischians に似た構造になっている。

模式種:S.galbinensis
他の種:―
誤認種:S.zheziangensis

▲ 上へ戻る


●セグノサウルス類(亜目)
 Segnosauria [“遅いトカゲ”類(亜目)]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


竜盤目・セグノサウルス亜目に属する二足歩行の捕食性、あるいは植物食恐竜のグループ。
骨盤は鳥盤類 Ornithischians に似た、恥骨が坐骨に沿って後方に伸びる構造になっている。細長い顎には歯のないクチバシと竜脚類 Sauropods に似た小さな歯が備わり頬があった。その頭部は細く長い首に支えられ、幅のある胴体に繋がっていた。前肢はやや短く、鋭く長い鉤爪を備えた手指が3本、後脚の足指は幅が広く4本指あった。尾は短めである。含まれる科はエニグモサウルス科 Enigmosauridsセグノサウルス科 Segnosaurids になる。近縁にテリジノサウルス科 Therizinosaurids がある。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●セグノサウルス類(科)
 Segnosaurids [“遅いトカゲ”類(科)]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


竜盤目・セグノサウルス亜目・セグノサウルス科に属する二足歩行の捕食性、あるいは植物食恐竜のグループ。
骨盤は鳥盤類 Ornithischians に似た構造のため、分類を巡っての論点になている。頭部は細長く、頬のある顎には歯のないクチバシと竜脚類 Sauropods に似た小さな歯があった。細く長い首を持ち、胴体は幅があった。前肢はやや短く、手には鋭く長い鉤爪を備えた手指が3本、後脚の足指は幅が広く4本指あった。疑わしいものもあるが、エルリコサウルスErlikosaurusセグノサウルスSegnosaurusナンシウンゴサウルスNanshiungosaurus が属として含まれている。テリジノサウルス科 Therizinosaurids は近縁である。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●セケルノサウルス
 Secernosaurus [離れたトカゲ]

記載者:Brett-Surman, 1979
分  類:鳥盤目・鳥脚亜目・ハドロサウルス科
年  代:後期白亜紀・マーストリヒト期 
大きさ:約3m 重  さ:―


アルゼンチンで発見された四足、時に二足歩行の植物食恐竜。
小型の“カモノハシ恐竜” で歯のないクチバシと頬歯群を持っていたが、鶏冠状の突起はなかった。 クリトサウルスKritosaurus と並び、南半球で発見された2種類の “カモノハシ恐竜” の1つである。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●ゼノタルソサウルス
 Xenotarsosaurus [奇妙な足首のトカゲ]

記載者:Martinez, Gimenez, Rodriguez & Bochatey, 1987
分  類:竜盤目・獣脚亜目・カルノサウルス下目・アベリサウルス科
年  代:後期白亜紀・マーストリヒト期 
大きさ:― 重  さ:―


アルゼンチンで発見された二足歩行の大型肉食恐竜。
融合している距骨*から1986年に命名されたが、大型の獣脚類 Theropods としては、大変に珍しい特徴である。数個の脊椎と距骨を含んだ後脚の骨が発見されているだけである。

模式種:X.bonapartei
他の種:―
誤認種:―
備  考:*足首の骨の事。

▲ 上へ戻る


●ゼフィロサウルス
 Zephyrosaurus [西風*のトカゲ]

記載者:Sues, 1980
分  類:鳥盤目・鳥脚亜目・ヒプシロフォドン科
年  代:前期白亜紀・アプト期 
大きさ:約1.2〜1.8m 重  さ:―


米・モンタナ州で発見された二足歩行の植物食恐竜。
鼻面に小さなこぶがあり、目の上に骨質のひさしがあった。顎には植物を噛み砕く事に適した、うねのある歯を持っていた。小型で軽い造りの身体だったと思われる。

模式種:Z.schaffi
他の種:―
誤認種:―
備  考:*ギリシャ神話の西風の神、ゼフィロス Zephyros から。

▲ 上へ戻る


●セロサウルス
 Sellosaurus [サドルのトカゲ]

記載者:von Huene, 1907-1908
分  類:竜盤目・竜脚形亜目・原竜脚下目・アンキサウルス科
年  代:後期三畳紀・ノール期 
大きさ:約6.5m 重  さ:―


独南西部で発見された四足、時に二足歩行の植物食恐竜。
頭が小さく、首は長く、幅のある胴体に長い尾を持っていた。腕より脚が長く、手指は5本、第1指には鉤爪があった。 2.4mの幼体は誤ってエフラアシアEfraasia と命名されていた。

模式種:S.gracilis
他の種:―
誤認種:S.fraasi、S.hermannianus

▲ 上へ戻る


●前寛骨臼突起
 Preacetabular process [ぜんかんこつきゅうとっき]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


腸骨 Ilium から前方に突出した突起。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●前肢
 FORE LIMB [ぜんし]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


腕 arm の事。前足と言う場合も多い。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●前恥骨突起
 Prepubic process [ぜんちこつとっき]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


恥骨 Pubis の突起の一つで、名前通りに前方に突出したもの。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●仙椎
 Sacral vertebrae [せんつい]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


腰の骨の事。腸骨 Ilium に挟まれる形になる。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●セントロサウルス
 Centrosaurus [角のあるトカゲ]

記載者:Lambe, 1904
分  類:鳥盤目}ルギノケファリア(周飾頭)亜目・角竜下目・ケラトプス科・セントロサウルス亜科
年  代:後期白亜紀・カンパニア期 
大きさ:約6m 重  さ:―


加・アルバータ州と米モンタナ州で発見された四足歩行の植物食恐竜。
鼻面に緩やかに曲がった1本の太い角を備え、えり飾りの周囲からは前方に垂れ下がった短いスパイクが1対と鉤爪のようなスパイクが1対あり、周囲にも小さな突起があった。顎はオウムのようなクチバシと餌をすり潰す頬歯があった。胴体はがっしりした作りで、尾はやや細長かった。 スティラコサウルスStyracosaurus のメスだったとする説もある。なお、同じセントロサウルスCentrosaurus の学名が1843年にドクトカゲ類に使われている可能性があったので、この学名は1989年に改名が試みられた。しかし、このドクトカゲ類は1829年に命名されていたヘロデルマHeloderma と言う属に帰する事が判った事、およびセントロサウルスCentrosaurus の命名は 1814年であるので、この改名は無意味だとする説が強い。

模式種:C.apertus
他の種:C.cutleri
誤認種:C.albertensis、C.flexus、C.longirostris、C.nasicornis、C.recurvicornis

指差しエウセントロサウルスEucentrosaurus も参考にして下さい。

▲ 上へ戻る


●セントロサウルス類(亜科)
 Centrosaurids [“角のあるトカゲ”類(亜科)]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


鳥盤目・マルギノケファリア(周飾頭)亜目・角竜下目・ケラトプス科・セントロサウルス亜科に属する四足歩行の植物食恐竜のグループ。
頭部は巨大で鼻面に1本の角、または大きなこぶを持ち、スパイクで飾られた、左右に広がったえり飾りを持っていた。顎はオウムのようなクチバシと餌をすり潰す頬歯があった。胴体はがっしりした造りで、尾はやや細長いものが多かった。主な種類はアケロウサウルスAchelousaurusエイニオサウルスEiniosaurusスティラコサウルスStyracosaurusセントロサウルスCentrosaurus (またはエウセントロサウルスEucentrosaurus )、 パキリノサウルスPachyrhinosaurus など。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

指差しセントロサウルス亜科 Centrosaurids は縄張り争いや繁殖期のメスの奪い合いなどで鼻面の大きな1本角による致命傷で死んでしまう個体が多かったとされています。そこでスティラコサウルスStyracosaurusセントロサウルスCentrosaurus (またはエウセントロサウルスEucentrosaurus )のような太く長い1本角から エイニオサウルスEiniosaurus の、まるでソフトクリームが溶けたような前に曲がった太い角、アケロウサウルスAchelousaurus の切り株のような角へ進化し、そしてパキリノサウルスPachyrhinosaurus のこぶになった、と言うのです。反論も多いのですが、言われてみれば納得出来る説です。

▲ 上へ戻る

検索で直接訪問された方だけClickしてして下さいね。
検索で直接訪問された方だけClickしてして下さいね。
※ このページへのご意見、ご感想はcyobi626〔at〕yahoo.co.jp までお願い致します。
Copyright:Cyobinosuke