●双弓類(亜綱)
 Diapsids [“ふたつの弓型”類(亜綱)]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


爬虫綱・双弓亜綱に属する絶滅種および現生の爬虫類のグループ。
眼の後ろ、頭骨の側面に2つの開口部を持つ爬虫類 Reptiles の事である。 鱗竜類 Lepidosaurs ( 有鱗目 Squamata のトカゲ類 Lizards:Lacertilia、ヘビ類 Snakes:Ophidia )や 鰭竜類 Sauropterygia (絶滅した首長竜類=長頸竜類 Plesiosauria など)、 主竜類 Archosauria (ワニ類 Crocodilians 、絶滅した槽歯類 Thecodonts恐竜 Dinosauria翼竜類 Pterosauria )を含み、おそらく魚竜類 Ichthyosaurs も含まれる。

模式種:
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●装盾類
 Thyreophorans [“盾を持つもの”類]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


剣竜類 Stegosaurs曲竜類 Ankylosaurs 、およびスクテロサウルスScutellosaurusスケリドサウルスScelidosaurus を一括する為に提唱された分類群。
図鑑などには装盾類または有甲恐竜類として紹介されている。

模式種:
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●槽歯類(目)
 Thecodonts [“槽生*の歯を持つもの”類(目)]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


爬虫綱・双弓亜綱・主竜形下綱・主竜上目・槽歯目に属する絶滅爬虫類のグループ。
古生代ペルム紀から中生代三畳紀まで栄えていた。大部分が四足歩行だったが、短時間なら二足歩行が可能だったと思われている。 恐竜 Dinosauria翼竜類 Pterosauriaワニ類 Crocodilians の直接の祖先であり、類縁である。亜目としてアエトサウルス(鷲竜)亜目 Aetosaursオルニトスクス(鳥鰐)亜目 Ornithosuchians偽顎亜目 Pseudosuchiansフィトサウルス(植竜)亜目 Phytosaursラウイスクス亜目 Rauisuchians および スクレロモクルスScleromochlus などが属している。

模式種:
他の種:―
誤認種:―
備  考:*槽生とは歯槽から歯が生えている事で、実際にはこの動物群だけの特徴ではない。

指差し最近の研究で槽歯目 Thecodonts は単一系統の自然分類群ではないという説が強くなっていて、一部ではこの分類群を否定する研究者も多いようです。

▲ 上へ戻る


●属
 Genus [ぞく]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


生物の分類学上の階級の事。
上から6番目で科の下で種の上になる。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―
備  考:界⇒門⇒綱⇒目⇒科⇒⇒種

指差し詳しくは分類 Class ification を参考にして下さい。

▲ 上へ戻る


●足根骨
 Tarsus [そっこんこつ]

記載者:―
分  類:用語
年  代:― 
大きさ:― 重  さ:―


後肢 HIND LIMB のうち、足を構成する足首の骨の事。

模式種:―
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る


●ソルデス
 Sordes [悪魔の魂]

記載者:Sharov, 1971
分  類:翼竜目・ランフォリンクス亜目・ランフォリンクス科
年  代:後期ジュラ紀 
大きさ:翼開長約0.5〜0.6m 重  さ:―


カザフスタンで発見された翼竜類。
身体は羽毛で覆われ、長い尾の先には羽根状の鰭があった。

模式種:S.pilosus
他の種:―
誤認種:―

▲ 上へ戻る

検索で直接訪問された方だけClickしてして下さいね。
検索で直接訪問された方だけClickしてして下さいね。
※ このページへのご意見、ご感想はcyobi626〔at〕yahoo.co.jp までお願い致します。
Copyright:Cyobinosuke