石井弁護士訪問の感想

                               小柳 尚也

 

 今回、検察官を退官され、現在は弁護士をされておられる石井誠一郎弁護士を訪問したが、その理由の一つは、私が検察官志望であり、会長に検察官への訪問をお願いしたからである。私は小学生の頃から検察官という職業に憧れており、東京大学に入学したのは検察官になるためでもある。しかし一方で、今日までに様々な訪問をするうちに、検察官の「官僚」という側面を強く感じるとともに、弁護士の自由な活動というものにも興味がわいてきた。今回の訪問はその両方を経験されている方に話を伺えるということで、かなりの意気込みで臨んだ。

 最初に質問したのは、自分が検察官を目指す一つの目的とも言える、地方の警察から見た、検察官の実務における無能さである。私の父は地方の警察官であるが、よく口にするのが「派遣されてくる検事は役に立たない」ということだ。私はこの言葉を覆すべく「よい」検察官になろうと思っていた。しかし、石井弁護士は私の考えに反して、そうあってしかるべきとお答えになった。検察と警察はただ仲良くやっていくのではなく、お互いが摩擦の中で意見をぶつけあい、より良い結果を目指すということなのである。これにはかなり驚かされたが、よく考えてみると確かにそうなのだと実感できた。検察官は警察とうまくやっていくのが目的ではなく、事件を別の視点から見つめ直すのが目的なのだ。

 次に質問したのが、東京地検特捜部についてである。私は佐川急便事件をはじめとする様々な汚職事件が明るみに出る度に、その捜査を行い、政治家を追いつめていく特捜部に大きな関心を持っていた。石井弁護士は特捜部に所属されていたこともあり、それについても話を伺うことができた。しかし、ここでも私の予想に反する答えが返ってきた。特捜部は相当大変で、希望者も少ない、ということである。私は大変だということは認識していたが、希望者は多いと思っていた。その原因とは、いくら働いても給料は同じだから、ということである。公務員の給料が安定しているという反面、このような弊害も存在していることに改めて気づかされた。

 この訪問を通してつくづく感じられたのが、検察官、弁護士それぞれの良い面、悪い面である。検察官は仕事量と給料が比例せず、仕事の選択余地もないが、個人では不可能な大きな仕事を成し遂げることができる。一方で、弁護士は仕事を選べ、仕事量がそのまま給料に直結するが、権限が検察官に比べて弱く、権力に対して決定的となる反抗をするのが難しいという面がある。私は大学入学以来、検察官と弁護士のうち、どちらを選ぶべきか悩んでいるが、まだ結論を出せずにいる。しかし、今回の訪問はそれに新たな視点をもたらす、貴重な体験だったと思える。これからも大学時代というモラトリアムを生かして、多くの方に話を伺い、自分のあるべき姿を見つけ出していきたいと思う。最後になりましたが、このような貴重な機会を与えて下さった石井誠一郎弁護士、本当にありがとうございました。