+ 心臓血管外科・呼吸器外科SGT認定試験 +

2001年度より,心臓血管外科と呼吸器外科が一緒にSGT認定試験を行うようになった。同年度の卒業試験の問題が出題されるとの噂だったが,むしろ過去問(選択肢の変更)+新作問題という印象であった。一番の変化は,選択問題数の急激な増加であった。とにかく,噂に惑わされず頑張ろうにゃ☆

2001年度(2002/01/15) 心臓血管外科学・呼吸器外科学SGT認定試験
《呼吸器外科学問題》
問題1 原発性肺癌の病期分類を記述しなさい。

問題2 肺移植の適応とされている疾患名を5つ記しなさい。

《心臓血管外科学問題》
1. 心房中隔欠損症の所見で正しいのはどれか?
  a. 左房・左室の拡大
  b. 胸部写真で左第2弓の突出
  c. 肺血流量の減少
  d. 心電図で左軸偏位がみられることが多い
   1) a,b   2) a,c   3) c   4) b   5) d
2. 心室中隔欠損症に関して正しいのはどれか?
  a. 経心房的閉鎖が一般的である
  b. 大欠損孔でも予後は比較的良好である
  c. 経心室的閉鎖が一般的である
  d. 大動脈弁閉鎖不全の原因となることがある
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
3. Fontan型手術の適応となる可能性の高い疾患はどれか?
  a. 修正大血管転位症
  b. ファロー四徴症
  c. 大動脈縮窄症
  d. 三尖弁閉鎖症
  e. 左心低形成症候群
   1) a,b   2) a,c   3) b,e   4) c,e   5) d,e
4. 動脈管依存性チアノーゼ性心疾患はどれか?
  a. 心室中隔欠損症
  b. ファロー四徴症
  c. 肺動脈閉鎖症
  d. 動脈管開存症
  e. 左心低形成症候群
   1) a,b   2) a,c   3) b,e   4) d,e   5) c,e
5. 肺血流増加をきたさない疾患は次のどれか?
  a. VSD
  b. 動脈管開存症
  c. 先天性僧帽弁狭窄症
  d. 心房中隔欠損症
  e. 総肺静脈還流異常症
6. 体血管より高い肺血管抵抗を伴ったVSDの所見として当てはまる所見はどれか?
  a. 正常ヘモグロビン濃度でチアノーゼを伴う
  b. 高ヘモグロビン濃度でチアノーゼを伴う
  c. 正常ヘモグロビン濃度でチアノーゼなし
  d. 高ヘモグロビン濃度でチアノーゼなし
  e. 低ヘモグロビン濃度でチアノーゼなし
7. Fontan手術の適応として妥当でないものはどれか?
  a. 心房細動
  b. 左室機能低下
  c. 左心低形成症候群
  d. 両大血管右室起始症
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
8. PTCA(percutaneous transluminal coronary angioplasty)について当てはまるものはどれか?
  a. 患者に対する侵襲は冠動脈バイパス術より多い
  b. 再狭窄はPTCA後3ヶ月,6ヶ月頃に多い
  c. 心臓外科医の待機は不要である
  d. 拡張された冠動脈の約30%が再狭窄を起こす
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
9. 冠動脈バイパス術について正しいのはどれか?
  a. 内胸動脈の10年後の開存率は約50%である
  b. 内胸動脈の開存率は大伏在静脈と同等である
  c. 待機手術の手術死亡例は0.5-2%である
  d. 動脈グラフトの使用は遠隔生存率を改善する
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) c,d   5) b,d
10. 以下の症例で冠動脈バイパス術の絶対適応はどれか?
  a. 左冠動脈主幹部の90%狭窄
  b. 三枝病変で左室駆出率25%
  c. 回旋枝遠位部の75%狭窄
  d. 右冠動脈近位部の99%狭窄
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
11. 心筋梗塞の合併症として当てはまらないものはどれか?
  a. 左心室破裂
  b. 心房中隔欠損症
  c. 僧帽弁狭窄
  d. 僧帽弁閉鎖不全
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
12. 僧帽弁狭窄症について正しいのはどれか?
  a. 変性性要因が原因として最も多い
  b. 三尖弁閉鎖不全症の原因となる
  c. a波の増高を伴うことがある
  d. Sellors III度の病変は交連切開術のよい適応である
   1) a,b   2) b,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
13. 僧帽弁閉鎖不全症について正しいのはどれか?
  a. V波の増高を伴うことがある
  b. 左房拡大を伴うことはない
  c. リューマチ熱が原因として最も多い
  d. 後尖側の腱索断裂は僧帽弁形成術のよい適応である
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
14. 大動脈弁閉鎖不全症について正しいのはどれか?
  a. Quincke拍動
  b. 高度の左心室拡大のみでは手術適応とならない
  c. Musset sign
  d. Graham Steel雑音
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
15. 大動脈弁狭窄症について正しいのはどれか?
  a. Manougian法
  b. 二尖弁
  c. Rastelli手術
  d. Norwood手術
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
16. 上腕静脈りカテーテルを挿入し次の圧が得られた。カテーテル先端部位はどこか?
  ア)30/15mmHg
   a. 右心房
   b. 下大静脈
   c. 右心室
   d. 肺動脈
  イ)30/5mmHg
   a. 右心房
   b. 肺動脈楔入圧
   c. 右心室
   d. 肺動脈
17. 心房細動について正しいのはどれか?
  a. 洞調律に比べて心機能は改善する
  b. 血栓塞栓症をおこす危険性がある
  c. 外科的には治療できない
  d. Maze手術
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
18. 次の疾患のうち植え込み型人工ペースメーカーの絶対的適応となるのはどれか?
  a. 失神発作を伴う心室細動
  b. 左脚前枝ブロック+完全右脚ブロック
  c. Morbitz I型の房室ブロック
  d. 失神発作を伴う徐脈性心房細動
  e. 開心術中に出現した洞性徐脈
19. 大動脈解離について正しいのはどれか?
  a. 発生頻度は100万人当り100人である
  b. 逆行性に解離することがある
  c. ulcer like projection像を伴うことがある
  d. 血栓閉鎖型大動脈解離の予後は不良である
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) c,d
20. 大動脈解離について正しいのはどれか?
  a. 大動脈中膜の障害,脆弱化が関与する
  b. 基本的術式はリエントリー部の人工血管置換術である
  c. 巨細胞性動脈炎と合併することがある
  d. DeBakey II型解離の予後は良好である
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
21. 真性大動脈瘤について正しいのはどれか?
  a. ベーチェット病と合併することがある
  b. 血行力学的要因(流速,乱流など)が要因となることがある
  c. 径が40mm以上の瘤は手術適応である
  d. 上行大動脈に最も発生しやすい
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
22. 体外循環について正しいのはどれか?
  a. 体外循環に際しては賦活凝固時間を測定する
  b. 気泡型人工肺はガス交換の構造が生理的肺と似ている
  c. 体外循環中は定常流となることが多い
  d. 体外循環中の灌流量は5L/min/m2である
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
23. 大動脈内バルーンパンピングに関して正しいのはどれか?
  a. 主に圧補助である
  b. 後負荷を減らす
  c. 収縮期にバルーンを拡張させる
  d. 心電図と不同期で用いることが多い
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
24. 先天性心疾患についての記載で誤っているものはどれか?
  a. 出生児の0.8%にみられる
  b. 肺動脈弁狭窄症や大動脈弁狭窄症にはバルーンカテーテルによる狭窄解除が試みられている
  c. 胎児エコー検査が有効な診断方法となってきている
  d. 生後2週間の時点で心雑音やチアノーゼがない場合は,心疾患を除外してもよい
  e. 多臓器の先天奇形を合併していることがある
25. 体肺動脈短絡手術は以下のどれか?
  a. Blalock-Park手術
  b. Potts手術
  c. Waterston手術
  d. Blalock-Hanlon手術
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) c,d
26. ファロー四徴症にみられる所見はどれか?
  a. 左室肥大
  b. 肺うっ血
  c. 漏斗部中隔の位置異常
  d. squatting
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) dのみ
27. 完全型心内膜床欠損症にみられる所見はどれか?
  a. 右軸偏位
  b. Snowman sign
  c. Goose-Neck sign
  d. 共通房室弁
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
28. 完全大血管転位症について正しいのはどれか?
  a. 心房内血流転換術としてJatene手術がある
  b. 心室中隔欠損症を伴うことがある
  c. Mustard手術の遠隔予後はJatene手術より良好である
  d. Senning手術遠隔期に多くみられる合併症は不整脈である
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
29. 左室低形成症候群について正しいのはどれか?
  a. 自然予後は不良である
  b. 大動脈閉鎖を合併することは少ない
  c. 生後にプロスタグランディンE製剤投与の適応となる
  d. Norwood手術の適応となる
   1) a,b   2) a,b,c   3) a,c,d   4) b,c,d   5) a,b,d
30. 冠動脈硬化症の自然予後について正しいのはどれか?
  a. 一枝病変と三枝病変の自然予後に差はない
  b. 左冠動脈主幹部病変では自然死することは稀である
  c. 冠動脈近位部狭窄は遠位部狭窄より予後が不良である
  d. 左心室機能は予後に影響する
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
31. 虚血性心疾患について正しいのはどれか?
  a. GABG後の延命効果は1枝病変より3枝病変で小さい
  b. 不安定狭心症は労作性狭心症に比して厳重な管理が必要である
  c. GABG後の延命効果は心機能良好例に比べて不良例で大きい
  d. 急性心筋梗塞が開心術の対象となることはない
   1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
32. 急性前壁心筋梗塞で誤っているのはどれか?
  a. 左前下行枝の閉塞
  b. T波ベクトルは後方に向いている
  c. S-Tベクトルは後方に向いている
  d. 心電図のV
1-V3誘導に最も強い変化がある
33. 急性下壁〜横隔膜面の心筋梗塞に際しQRS-T波変化の最も表れる誘導はどれか?
  a. I,II,aV
L,V1-V3
  b. II,III,aV
F
  c. V
1-V6
  d. V
4-V6
34. 狭心痛が時々ある50歳の男性である。心筋梗塞の既往はなく,安静時のECGは正常である。心臓カテーテル検査で
  
三枝にそれぞれ80-90%の狭窄があった。下記の左室造影所見で最も当てはまるのはどれか?
  a. 正常な収縮パターンで駆出係数も正常である
  b. 駆出係数が低下している
  c. 下壁の収縮が不良である
  d. 全体的に収縮が不良である
35. 心筋保護に関して正しいのはどれか?
  1) 化学的心停止を得る
  2) 心筋保護液は低浸透圧液とすることが多い
  3) 再灌流時に心筋障害が発生することがある
  4) 心筋酵素需要は心筋温によって変わらない
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
36. 胸部X線写真について正しいのはどれか?
  1) 正常では上肺野の肺血管陰影が多い
  2) 肺血流増加性心疾患では,上・下肺野の肺血管陰影がほぼ等しくなる
  3) 右第2弓のdouble shadowは,左心房拡大の一所見である
  4) 左第2弓は左心房の輪郭を示す
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
37. 急性心筋梗塞の所見として正しいのはどれか?
  1) 急性下壁梗塞では,I,aVL,V6に異常所見が最も多く現れる
  2) 急性前壁梗塞では,V1-V4に最も多く変化が現れる
  3) 急性側壁梗塞では,II,III,aVFに最も変化が現れる
  4) 急性心筋梗塞時のCPKの上昇は,壊死心筋からの放出による
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 2),4)
38. 僧帽弁狭窄症の所見として正しいのはどれか?
  1) ドップラーエコー検査で,左心房から左心室への血流速度が遅い
  2) 超音波エコー検査で前尖の後退速度が遅い
  3) 心音の第1音は亢進する
  4) 僧帽弁口面積は3.0-5.0cm2である
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
39. 大動脈弁狭窄症に関して正しいのはどれか?
  1) 狭心痛を伴うことがある
  2) 速脈となることがある
  3) 失神,突然死を伴うことがある
  4) 100mmHg委譲の圧較差が手術適応である
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
40. 大動脈弁狭窄症に関して正しいのはどれか?
  1) 大動脈弁が二尖弁であると狭窄症になりやすい
  2) 大動脈弁形成術の予後は良好である
  3) 大動脈弁輪を拡大することは,解剖学的に不可能である
  4) 左室壁厚の増大は一種の代償作用である
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
41. 解離性大動脈瘤に関して正しいのはどれか?
  1) 基本術式は,エントリー部分の切除,人工血管置換である
  2) 若年者で発生する時は,Marfan症候群の合併が多い
  3) 内膜のレベルで解離する
  4) Stanford A型解離の予後は良好である
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
42. ファロー四徴症に関して正しいのはどれか?
  1) 根治手術に際しては,肺動脈のサイズが重要である
  2) 根治手術は,心室中隔欠損孔の閉鎖と大動脈右室騎乗の是正である
  3) 最近は一期的根治手術が主になってきている
  4) 右室切開の大きさは,術後心機能に関与しない
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
43. 大動脈瘤に関して正しいのはどれか?
  1) 症状として声となることがある
  2) 大動脈解離では真腔と偽腔がある
  3) 大動脈解離の偽腔が血栓閉塞することがある
  4) 大動脈解離の原因として動脈硬化症が最も多い
  5) 大動脈解離は40歳以上に多い
   a. 1),2),3)   b. 2),3),4)   c. 1),3),5)   d. 3),4),5)   e. 1),2),4)
44. 総肺静脈還流異常症について正しいのはどれか?
  1) 胸部X線写真で雪ダルマ様陰影となることがある
  2) 動・静脈血の混合を早期に行う必要がある
  3) 肺静脈閉塞所見のある例は予後が良い
  4) 心臓型の手術成績が最も不良である
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
45. 人工弁について正しいのはどれか?
  1) 現在使用されている生体弁は,ブタ,また馬の一部を用いている
  2) 機械弁では,最近二葉弁が最も多く使われている
  3) 生体弁の最も大きな問題点は耐久性である
  4) 機械弁では,最近傾斜円板型ディスク弁が最も多く使用されている
  5) 理想的な人工弁の条件とは,抗血栓性,耐久性,機能性である
   a. 1),3),5)   b. 2),3),5)   c. 1),2),4)   d. 3),4),5)   e. 1),4),5)
46. 感染性心内膜炎について正しいのはどれか?
  1) 心房中隔欠損症では罹患しやすい
  2) 真菌が起因菌となることはない
  3) 抜歯が感染の誘因となりやすい
  4) 起因菌としてレンサ球菌が多い
  5) 人工弁に生じた時は難治性である
   a. 1),2),3)   b. 1),2),5)   c. 1),4),5)   d. 2),3),4)   e. 3),4),5)
47. 心タンポナーデについて正しいのはどれか?
  1) 右房圧上昇
  2) 右室拡張末期容積減少
  3) 一回拍出量減少
  4) 吸気時収縮期血圧上昇
  5) 脈圧増大
   a. 1),2),3)   b. 1),2),5)   c. 1),4),5)   d. 2),3),4)   e. 3),4),5)
48. 解離性大動脈瘤に関して正しいのはどれか?
  1) DeBakey I型は緊急手術の適応となる
  2) Stanford A型は内科的に治療することが多い
  3) DeBakey II型は緊急手術の適応となる
  4) Stanford B型は緊急手術の適応となることが多い
  5) DeBakey III型は内科的に治療することが多い
   a. 1),2),3)   b. 1),3),5)   c. 2),3),4)   d. 3),4),5)   e. 1),3),4)
49. 次の術式で正しいのはどれか?
  1) 肺動脈弁狭窄症に対してBrock手術をすることがある
  2) 総肺静脈還流異常症に対してGlenn手術をすることがある
  3) 三尖弁閉鎖症に対してBlalock-Park手術をすることがある
  4) Fallot四徴症に対してWaterstone術をすることがある
  5) Senning法は大血管転位症に対する術式の一つである
   a. 1),2),3)   b. 1),3),5)   c. 1),4),5)   d. 3),4),5)   e. 2),4),5)
50. 虚血性心疾患について正しいのはどれか?
  1) 乳頭筋不全は前壁梗塞に多い
  2) 心室中隔穿孔は後壁梗塞に多い
  3) 心室瘤は壊死に陥った心筋の治癒過程で菲薄化して起こる
  4) 心破裂は高齢女性,広汎前壁梗塞に多い
  5) 心筋梗塞で房室ブロックになることがある
   a. 1),2),3)   b. 2),3),4)   c. 1),4),5)   d. 3),4),5)   e. 2),3),5)
51. 正常心臓で肺動脈弁の位置は?
  a. 大動脈弁に対して前方・低位
  b. 大動脈弁に対して後方・低位
  c. 大動脈弁に対して前方・高位
  d. 大動脈弁に対して後方・高位
52. 次のうち正しいのはどれか?
  1) 左冠状動脈回旋枝領域の急性心筋梗塞に伴う合併症に乳頭筋断裂がある
  2) 左冠状動脈前下行枝に対する左内胸動脈による有茎動脈グラフトは遊離静脈グラフトより開存率が高い。
  3) 右冠状動脈後下行枝領域の急性心筋梗塞による心室中隔穿孔は心尖部に好発する
  4) 川崎病による冠状動脈有意狭窄病変に対し,冠状動脈バイパス術が第一選択である
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
53. 次のうち正しいのはどれか?
  1) 術中術後出血対策のため,抗凝血薬や抗血小板薬は半減期の短い薬剤に変更する
  2) 低体温下体外循環では血液の粘性抵抗が高まるため血液の希釈を要する
  3) 大動脈内バルーンパンピング法の目的は冠血流量の増加と後負荷の軽減である
  4) 高血圧患者に対する体外循環中の血圧は低めに管理すべきである
  5) 体外循環により薬剤は希釈されるため,術前は通常より薬剤投与量を多くする
   a. 1),2),3)   b. 1),2),5)   c. 1),4),5)   d. 2),3),4)   e. 3),4),5)
54. 心タンポナーデにみられない所見はどれか?
  1) Beckの三徴
  2) de Musset徴候
  3) Corrigan脈
  4) 頚静脈怒張
  5) 肝腫大
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 1),5)   e. 2),3)
55. 動脈管について正しいのはどれか?
  1) 通常,左第4,第6鰓動脈弓の接合により形成される
  2) 胎生期では左・右短絡を形成する
  3) 通常,出生後約3分以内に機能的に閉鎖する
  4) differential cyanosis発生の要因となる
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
56. 次のうち正しいのはどれか?
  1) 左回旋枝は左冠状動脈から分枝し,左心耳の背側を通って房室間溝を走る
  2) 冠動脈口はsinotubular junction近くのValsalva洞に位置する
  3) 房室結節は左回旋枝から灌流される
  4) 鋭縁枝(acute marginal branch)は左回旋枝より,鈍縁枝(obtuse marginal branch)は右冠動脈より分枝する
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 1),4)   d. 2),3)   e. 3),4)
57. 刺激伝導系について正しいのはどれか?
  1) Kochの三角は房室結節の位置の良い目印である
  2) 大動脈弁置換では,刺激伝導系障害の心配はない
  3) 人工心肺離脱時の重篤な不整脈では右冠動脈の障害を考慮する
  4) 僧帽弁置換では刺激伝導系障害の心配はない
  5) 修正大血管転位症の刺激伝導系は完全大血管転位症のものと同様である
   a. 1),2)   b. 1),3)   c. 4),5)   d. 2),4)   e. 3),5)
58. 右心不全症状はどれか?
  1) 湿性ラ音の聴取
  2) 仰臥位就寝時の呼吸困難
  3) 外頚静脈怒張
  4) 軟らかく腫大した肝の触知
  5) 眼瞼・歌詞の浮腫
   a. 1),2),3)   b. 1),2),4)   c. 3),4),5)   d. 2),3),4)   e. 1),4),5)
59. 心房中隔欠損症について正しいのはどれか?
  1) 右・左短絡を呈することはない
  2) 聴診上,肺動脈第2音は固定性分裂を呈している
  3) 胸部X線写真上,肺血管陰影は増強し,左第2弓は突出する
  4) 短絡量は呼吸により変化し,吸気時に減少し呼気時に増加する
  5) チアノーゼを呈する場合は,欠損孔閉鎖術は絶対適応である
   a. 1),2),3)   b. 1),2),5)   c. 1),4),5)   d. 2),3),4)   e. 3),4),5)
60. 肺高血圧症を伴う完全型心内膜欠損症について誤っているのはどれか?
  a) Down症児に合併することが多い
  b) 大動脈弁下狭窄を伴うことがある
  c) 僧帽弁閉鎖不全症を伴うことが多い
  d) 房室弁は共通弁輪を形成する
  e) 弁修復が困難であるため,1歳以降に根治術を行う
61. 僧帽弁閉鎖不全について正しいのはどれか?
  1) 心尖部に全収縮期雑音を聴取する
  2) 左房は拡張し,左室は求心性肥大する
  3) 左室駆出率は低下しやすい
  4) 心筋梗塞に合併することがある
  5) 感染性心内膜炎に合併することがある
   a. 1),2),3)   b. 1),2),5)   c. 1),4),5)   d. 2),3),4)   e. 3),4),5)


1999年度 心臓血管外科学SGT認定試験
A. 以下の問題に記号で答えよ。
 1.-9.は不明…
 10. 正常心臓で肺動脈弁の位置は?
   a. 大動脈弁に対して前方・低位
   b. 大動脈弁に対して後方・低位
   c. 大動脈弁に対して前方・高位
   d. 大動脈弁に対して後方・高位
 11. 55歳の男性が冷蔵庫を持ち上げた際,突然背部痛があり救急病院に搬送された。右橈骨動脈の脈拍が微弱であった(他の
   脈拍は良好に触知できた)。それまで指摘されたことのない大動脈弁閉鎖不全の心雑音が聴取された。血圧は180/110 mmHg
  
  で脈拍数は100/minであった。
    1) 診断はA型大動脈解離である。その根拠は何か?
    2) 鑑別診断としてどのような疾患があるか?
    3) どのような検査を施行すべきか?
    4) どの検査を最初に施行すべきか?
    5) 他のタイプの大動脈解離とはいかにして区別するか?
    6) 治療法について述べよ。
    7) 大動脈解離に際し,dp/dtは何を意味し,どのように対処するか?
 12. 56歳の男性が6日前に広範囲前壁の心筋梗塞を発症し,CCUで治療を受けていた。その患者が鋭い胸痛を訴え低血圧となった。
   
70%の酸素投与下で息切れがあり,両側中肺野にクラックルが聴取され抹消拍動は弱かった。血圧はドブタミン(7.5γ/kg/min)
  
  投与下で90/40 mmHgで頚静脈の怒張があった。心電図には急性虚血所見はないが,Q波が前壁誘導で見られ強い心雑音が
  
  聴取された。
    1) 鑑別所見として何が考えられるか?
    2) 最初に施行すべき検査は何か?
    3) 右室流出路で血液酸素飽和度の上昇があった。疾患名は何か?
 13. 開心時に心筋保護が完全に行われている場合,心筋虚血の安全限界とされている時間に最も近いのはどれか?
   a. 20分
   b. 40分
   c. 1時間
   d. 4時間
   e. 16時間
 14. 大動脈弁口の血流量が増加する疾患はどれか?
   a. 動脈管開存症
   b. 心室中隔欠損症
   c. 大動脈狭窄症
   d. 大動脈弁狭窄症
   e. 大動脈弁閉鎖不全症
    1) a,b   2) a,e   3) b,c   4) c,d   5) d,e
 15. 疾患と心病変所見との組み合わせで正しいのはどれか?
   a. 心アミロイドーシス ----- 両心室求心性肥大
   b. 心サルコイドーシス ----- 完全房室ブロック
   c. Duchenne型進行性筋ジストロフィー ----- 心筋線維化
   d. 甲状腺機能低下症 ----- 心房細動
   e. 全身性エリテマトーシス ----- 細菌性心内膜炎
    1) a,b,c   2) a,b,e   3) a,d,e   4) b,c,d   5) c,d,e
 16. 房室ブロックを高頻度に合併する疾患はどれか?
   a. 急性下壁心筋梗塞
   b. WPW症候群
   c. 突発性心室頻拍
   d. 肥大型心筋症
   e. 心筋炎
    1) a,b   2) a,e   3) b,c   4) c,d   5) d,e
 17. 感染性心内膜炎について正しいのはどれか?
   1) 心房中隔欠損症に合併しやすい
   2) 真菌が起因菌となることはない
   3) 抜歯が感染の誘因となりやすい
   4) 起因菌としてレンサ球菌が多い
   5) 人工弁に生じた時は難治性である
    a. 1),2),3)   b. 1),2),5)   c. 2),3),4)   d. 1),4),5)   e. 3),4),5)

B. 弓部大動脈人工血管置換術に際して,術中の脳保護を目的として用いる補助診断について,方法と特徴を述べなさい。

C. ファロー四徴症に対する姑息手術と根治手術について述べなさい。


1998年度 心臓血管外科学SGT認定試験
A. 肺動脈閉塞を伴うファロー四徴症について
  1. MAPCA(major aortopulmpnary collateral artery)とは何か?
  2. unifocalizationについて記せ。
  3. Rastelli手術について記せ。

B. 僧帽弁狭窄の主な病態と,肺または右室への影響および病態について記せ。

C. 以下の問題について正しいものを選べ。
 1. 心拍数は一定で,大動脈圧が120/80 mmHgから90/70 mmHgに下がった。冠血流量にどのような変化が見られるか?
   a. 25%減少する
   b. 変化しない
   c. 25%増加する
   d. 5%増加する
   e. 75%増加する
 2. P波の終りからQRS波の始まりまでの間隔の延長は何を表すか?
   a. 洞房結節の不応期が長い
   b. 房室結節の伝導時間が長い
   c. 心室内刺激伝導系の伝導時間が遅い
   d. 心室筋の興奮閾値が高い
 3. 心周期で僧帽弁が閉鎖する理由は何か?
   a. 大動脈圧が左室圧より高くなる
   b. 左室圧が左心房圧より高くなる
   c. 左心房圧が肺静脈圧より高くなる
   d. 左心房圧が上大静脈圧より高くなる
 4. 心電図のR波は多くの場合何を表すか?
   a. 中隔の左から右への興奮
   b. 右室壁の心内膜側から心外膜側への興奮
   c. 左室壁の心内膜側から心外膜側への興奮
   d. 心房の再分極
 5. 左室の心尖部心外膜側起源の期外収縮について。右胸部誘導で脱分極と再分極の形はどうなるか?
     脱分極(QRS波)   再分極(T波)
   a.     陽性          陰性
   b.     陰性          陽性
   c.     陽性          陽性
   d.     陰性          陰性
 6. 下記の所見のうち,心臓エコー検査法では十分な評価が得られないものはどれか?
   a. 弁に付着している疣贅
   b. 左室機能
   c. 心嚢液
   d. 回旋枝の50%狭窄
   e. 大動脈弁の異常
 7. 下記の所見のうちドップラー心臓エコー検査が有効でないものはどれか?
   a. 心拍出量の測定
   b. 冠状動脈末梢部の評価
   c. 心雑音の評価
   d. 弁狭窄の評価
   e. 血流速度の測定
 8. 右室の心周期と左室の心周期でみられる現象の違いは?
   a. 早期駆出時間が異なる
   b. 駆出時間が異なる
   c. 心室の最高圧が異なる
   d. 等容収縮期時間が異なる
 9. 若い女性でLevine 3/6の収縮期性雑音が聴取された。次のうち当てはまらないのはどれか?
   a. 大動脈弁狭窄
   b. 僧帽弁閉鎖不全
   c. 肺動脈弁狭窄
   d. 三尖弁狭窄
   e. 三尖弁閉鎖不全
 10. 運動時に見られる所見として正しいのはどれか?
      全冠血流量   拡張期最大冠血流量   心筋酸素摂取率
   a.      +            +             +
   b.      +            +             −
   c.      +            −             +
   d.      −            +             −
   e.      −            −             +
 11. 心房中隔欠損症の所見で正しいのはどれか?
   a. 左房・左室の拡大
   b. 右房・右室の拡大
   c. 肺血流量の減少
  d. 肺血流量の増大
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 12. 心室中隔欠損症に関して正しいのはどれか?
  a. かなりの頻度で乳幼児期に自然閉鎖する
  b. 大欠損孔でも予後は比較的良好である
   c. 手術では刺激伝導系の損傷に注意を払う必要がある
   d. 代表的チアノーゼ性心疾患である
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 13. Fontan型手術の適応となる可能性の高い疾患はどれか?
   a. 心房中隔欠損症
   b. ファロー四徴症
   c. 大動脈縮窄症
   d. 三尖弁閉鎖症
   e. 単心室
    1) a,b   2) a,c   3) b,e   4) c,e   5) d,e
 14. Fontan手術の適応として妥当でないものはどれか?
  a. 肺高血圧症
  b. 左室機能低下
   c. 単心室症
   d. 大血管転位を合併している
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 15. 冠動脈バイパス術について正しいのはどれか?
  a. 大伏在静脈の10年後の開存率は約50%である
  b. 内胸動脈の開存率は大伏在静脈と同等である
   c. 待機手術の手術死亡例は10-20%である
  d. 橈骨動脈や胃大網動脈を用いることがある
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 16. 以下の症例で冠動脈バイパス術の絶対適応はどれか?
   a. 左冠動脈主幹部の90%狭窄
   b. 三枝病変で左室駆出率25%
   c. 回旋枝遠位部の75%狭窄
   d. 右冠動脈近位部の99%狭窄
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 17. 心筋梗塞の合併症として当てはまらないものはどれか?
  a. 左心室瘤
  b. 心房中隔欠損
   c. 大動脈弁閉鎖不全
  d. 僧帽弁閉鎖不全
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 18. 僧帽弁狭窄症について正しいのはどれか?
   a. 変性性要因が原因として最も多い
   b. 三尖弁閉鎖不全症の原因とならない
   c. a波の増高を伴うことがある
   d. リューマチ熱が原因として最も多い
    1) a,b   2) b,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 19. 大動脈弁閉鎖不全症について正しいのはどれか?
   a. 速脈
   b. 高度の左心室拡大のみでは手術適応とならない
   c. Austin Flint雑音
   d. Graham Steel雑音
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 20. 上腕静脈りカテーテルを挿入し次の圧が得られた。カテーテル先端部位はどこか?
   ア)30/15mmHg
    a. 右心房
    b. 下大静脈
    c. 右心室
    d. 肺動脈
   イ)30/5mmHg
    a. 右心房
    b. 肺動脈楔入圧
    c. 右心室
    d. 肺動脈
 21. 大動脈解離について正しいのはどれか?
   a. 妊娠が原因となることがある
   b. 逆行性に解離することがある
   c. ulcer like projection像を伴うことがある
   d. 血栓閉鎖型大動脈解離の予後は不良である
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 22. 大動脈解離について正しいのはどれか?
   a. 痛みの部位が移動することがある
   b. 基本的術式はリエントリー部の人工血管置換術である
   c. Marfan症候群と合併することが多い
   d. DeBakey II型解離の予後は良好である
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 23. 真性大動脈瘤について正しいのはどれか?
   a. Ehlers-Danlos症候群と合併することはない
   b. 血行力学的要因(流速,乱流など)が要因となることがある
   c. 径が50mm以上の瘤は手術適応である
   d. 上行大動脈に最も発生しやすい
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 24. 体外循環について正しいのはどれか?
   a. 最近は気泡型人工肺を用いることが多い
   b. 膜型人工肺はガス交換の構造が生理的肺と似ている
   c. 体外循環中は定常流となることが多い
   d. 体外循環に際して抗凝固剤としてプロ多ミンを投与する
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 25. 解離性大動脈で内膜亀裂の最も生じやすい部位はどれか?
   a. 胸部下行大動脈
   b. 弓部大動脈
   c. 腹部大動脈
   d. 上行大動脈
 26. 腹部大動脈瘤について正しいのはどれか?
   a. B型解離は内科的にfollow upする
   b. ulcer like projection像は真性大動脈瘤の一所見である
   c. 中膜のレベルで解離する
   d. 外傷性大動脈瘤は左鎖骨下動脈末梢に発生しやすい
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 27. 下記の情報が得られた。
   ア)左主幹部狭窄(90%)+3枝の有意狭窄,左室駆出係数 60%
   イ)3枝病変,左室駆出係数 50%,左室拡張終期圧 18mmHg
   ウ)2枝病変,左室前壁収縮不良,左室駆出係数 26%,左室拡張終期圧 18mmHg
   エ)左前下行枝閉塞,左室駆出係数 16%,左室拡張終期圧 30mmHg
  i) 上記4所見のうち,最も予後不良はどれか?
  ii) 上記4所見の病態を有する症例に対し外科的治療を施行し,最も遠隔予後の改善が得られるのは次のうちどれか?
    A) ア
    B) イ
    C) ウ
    D) アとイ
    E) イとウ
  iii) 上記4所見の病態を有する症例で最も外科的治療の危険性が高いものはどれか?


1997年度(1997/11/18) 心臓血管外科学SGT認定試験
A. 以下の問題に記号で答えよ。
 1. 心房中隔欠損症の所見で正しいのはどれか?
   a. 左房・左室の拡大
   b. 右房・右室の拡大
   c. 肺血流量の減少
   d. 肺血流量の増大
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 2. 心室中隔欠損症に関して正しいのはどれか?
   a. かなりの頻度で乳幼児期に自然閉鎖する
   b. 大欠損孔でも予後は比較的良好である
   c. 手術では刺激伝導系の損傷に注意を払う必要がある
   d. 代表的チアノーゼ性心疾患である
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 3. Fontan型手術の適応となる可能性の高い疾患はどれか?
   a. 心房中隔欠損症
   b. ファロー四徴症
   c. 大動脈縮窄症
   d. 三尖弁閉鎖症
   e. 単心室
    1) a,b   2) a,c   3) b,e   4) c,e   5) d,e
 4. 動脈管依存性チアノーゼ性心疾患はどれか?
   a. 心室中隔欠損症
   b. ファロー四徴症
   c. 肺動脈閉鎖症
   d. 動脈管開存症
   e. 左心低形成症候群
    1) a,b   2) a,c   3) b,e   4) d,e   5) c,e
 5. 肺血流増加をきたさない疾患は次のどれか?
   a. VSD
   b. 動脈管開存症
   c. 三尖弁閉鎖症
   d. 心房中隔欠損症
   e. 総肺静脈還流異常症
 6. 体血管より高い肺血管抵抗を伴ったVSDの所見として当てはまる所見はどれか?
   a. 正常ヘモグロビン濃度でチアノーゼを伴う
   b. 高ヘモグロビン濃度でチアノーゼを伴う
   c. 正常ヘモグロビン濃度でチアノーゼなし
   d. 高ヘモグロビン濃度でチアノーゼなし
   e. 低ヘモグロビン濃度でチアノーゼなし
 7. Fontan手術の適応として妥当でないものはどれか?
   a. 肺高血圧症
   b. 左室機能低下
   c. 単心室症
   d. 大血管転位を合併している
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 8. 心臓腫瘍で最も頻度の高いものはどれか?
   a. 線維腫
   b. 脂肪腫
   c. 横紋筋腫
   d. 粘液腫
 9. PTCA(percutaneous transluminal coronary angioplasty)について当てはまるものはどれか?
   a. 患者に対する侵襲は冠動脈バイパス術より多い
   b. 合併症はほとんどなく患者が死亡することはない
   c. 心臓外科医の待機は不要である
   d. 拡張された冠動脈の約30%が再狭窄を起こす
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 10. 冠動脈バイパス術について正しいのはどれか?
   a. 大伏在静脈の10年後の開存率は約50%である
   b. 内胸動脈の開存率は大伏在静脈と同等である
   c. 待機手術の手術死亡例は10-20%である
   d. 橈骨動脈や胃大網動脈を用いることがある
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 11. 以下の症例で冠動脈バイパス術の絶対適応はどれか?
   a. 左冠動脈主幹部の90%狭窄
   b. 三枝病変で左室駆出率25%
   c. 回旋枝遠位部の75%狭窄
   d. 右冠動脈近位部の99%狭窄
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 12. 心筋梗塞の合併症として当てはまらないものはどれか?
   a. 左心室瘤
   b. 心房中隔欠損
   c. 大動脈弁閉鎖不全
   d. 僧帽弁閉鎖不全
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 13. 僧帽弁狭窄症について正しいのはどれか?
   a. 変性性要因が原因として最も多い
   b. 三尖弁閉鎖不全症の原因とならない
   c. a波の増高を伴うことがある
   d. リューマチ熱が原因として最も多い
    1) a,b   2) b,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 14. 僧帽弁閉鎖不全症について正しいのはどれか?
   a. 左室拡大を伴うことはない
   b. 左房拡大を伴う
   c. リューマチ熱が原因として最も多い
   d. 後尖側の腱索断裂は僧帽弁形成術のよい適応である
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 15. 大動脈弁閉鎖不全症について正しいのはどれか?
   a. 速脈
   b. 高度の左心室拡大のみでは手術適応とならない
   c. Austin Flint雑音
   d. Graham Steel雑音
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 16. 大動脈弁狭窄症について正しいのはどれか?
   a. Ross手術
   b. 今野手術
   c. Rastelli手術
   d. Norwood手術
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 17. 上腕静脈りカテーテルを挿入し次の圧が得られた。カテーテル先端部位はどこか?
   ア)30/15mmHg
    a. 右心房
    b. 下大静脈
    c. 右心室
    d. 肺動脈
   イ)30/5mmHg
    a. 右心房
    b. 肺動脈楔入圧
    c. 右心室
    d. 肺動脈
 18. 心房細動について正しいのはどれか?
   a. 洞調律に比べて心機能は低下する
   b. 血栓塞栓症をおこす危険性がある
   c. 外科的には治療できない
   d. 洞調律から心房細動に移行すると患者は不快感を訴えることが多い
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 19. 次の疾患のうち植え込み型人工ペースメーカーの絶対的適応となるのはどれか?
   a. 失神発作を伴う心室細動
   b. 左脚前枝ブロック+完全右脚ブロック
   c. Morbitz I型の房室ブロック
   d. 失神発作を伴う徐脈性心房細動
   e. 開心術中に出現した洞性徐脈
 20. 大動脈解離について正しいのはどれか?
   a. 妊娠が原因となることがある
   b. 逆行性に解離することがある
   c. ulcer like projection像を伴うことがある
   d. 血栓閉鎖型大動脈解離の予後は不良である
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 21. 大動脈解離について正しいのはどれか?
   a. 痛みの部位が移動することがある
   b. 基本的術式はリエントリー部の人工血管置換術である
   c. Marfan症候群と合併することが多い
   d. DeBakey II型解離の予後は良好である
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,d   5) c,d
 22. 真性大動脈瘤について正しいのはどれか?
   a. Ehlers-Danlos症候群と合併することはない
   b. 血行力学的要因(流速,乱流など)が要因となることがある
   c. 径が50mm以上の瘤は手術適応である
   d. 上行大動脈に最も発生しやすい
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 23. 体外循環について正しいのはどれか?
   a. 最近は気泡型人工肺を用いることが多い
   b. 膜型人工肺はガス交換の構造が生理的肺と似ている
   c. 体外循環中は定常流となることが多い
   d. 体外循環に際して抗凝固剤としてプロ多ミンを投与する
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d
 24. 大動脈内バルーンパンピングに関して正しいのはどれか?
   a. 主に圧補助である
   b. 後負荷を増す
   c. 拡張期にバルーンを拡張させる
   d. 心電図と不同期で用いることが多い
    1) a,b   2) a,c   3) a,d   4) b,c   5) b,d

B. 総肺静脈還流異常症の病態と治療法について述べよ。

C. 三尖弁閉鎖不全症の病態と治療法について述べよ。


←呼吸器外科については,Print outして使用する場合は,こちらからWordとしてDownloadできます。解答付。

2000年度(2001/01/16) 呼吸器外科学SGT認定試験

問題1 原発性肺癌に対する標準術式とはどのような術式か。

問題2 肺癌の病期分類を記述しなさい。

問題3 右心カテーテル法で測定される項目を3つ挙げなさい。

問題4 胸腺腫の治療に関して,病期との関連を含めて述べなさい。

問題5 肺移植の適応とされている疾患名を5つ記しなさい。


1999年度(2000/01/12) 呼吸器外科学SGT認定試験
1. 次の問題に簡潔に答えなさい。

 1) Swan-Ganz catheterで測定できる項目を3つ以上挙げなさい。

 
2) 一側肺動脈閉塞試験の目的は何か。

 3) 斜角筋前リンパ節生検(ダニエル生検)の適応疾患を2つ挙げなさい。


 4) 胸腔穿刺法の注意点は何か。


 5) 腫瘍マーカーを3つ挙げて説明しなさい。


 6) 小細胞肺癌が非小細胞肺癌と異なる点は何か。


 7) 膿胸の治療法を簡単に説明せよ。


 8) ホルモン産生腫瘍とは何か。


 9) ダンベル型腫瘍とは何か。


 10) 肺癌の標準的手術とは何か。


 11) 定型的な肺管状切除を2つ挙げて図示しなさい。


 12) 肺癌の縮小手術とはどのような手術か述べなさい。


 13) 喫煙習慣と関係深い肺癌を2つ挙げなさい。


 14) 悪性胸水とは何か。


 15) 呼吸器外科におけるQOLの改善の例を2つ挙げなさい。


 16) 発生頻度の高い胸腺腫瘍を3つ挙げなさい。


 17) 緩和ケアについて述べなさい。


 18) 肺移植適応疾患を3つ挙げなさい。


 19) 自然気胸の発生因を挙げて簡単に述べなさい。


 20) 自然気胸の手術適応を述べなさい。


2. 肺癌の外科治療を行う場合,患者自身のインフォームド・コンセントを得る必要があるが,その際,外科医にとって必要とされる
  知識について考察しなさい。


1998年度(1998/12/22) 呼吸器外科学SGT認定試験

次の文章や語句を簡潔に説明しなさい。

 1. 横隔神経麻痺の原因と画像所見

 2. 喀痰細胞診の陽性率の高い肺癌組織型は何か。


 3. 喀血の治療法について述べなさい。


 4. ダニエル生検が有効な疾患を挙げなさい。


 5. 自然気胸の原因について述べなさい。


 6. 奇異呼吸とは何か。


 7. 胸腺腫の全身合併症を2つ挙げなさい。


 8. 胸部X線写真上のシルエットサインとは何か。


 9. 上大静脈症候群の症状を3つ挙げなさい。


 10. 体位ドレナージとは何か。


 11. 末梢型肺癌で最も発生頻度の高い組織型は何か。


 12. 転移性肺腫瘍の手術適応について述べよ。


 13. 反回神経麻痺の症状と診断について述べよ。


 14. ホルネル症候群の3徴候を挙げよ。


 15. N2肺癌はどのようなものか。


 16. 乳糜胸とは何か。


 17. パンコースト症候群とは何か。


 18. 小細胞肺癌の臨床的特徴を2つ挙げなさい。


 19. 胸部聴診での副雑音を2つ挙げなさい。


 20. インフォームド・コンセントとは何か。


1997年度(1997/12/26) 呼吸器外科学SGT認定試験
1.非小細胞癌について次の問いに答えなさい。

 1)発生頻度の高いものを上げてそれらの診断法について記載しなさい。

 2)手術適応について述べよ。

 3)標準的手術は何か述べなさい。

2.胸腺腫の合併症を3つ挙げ,各々の診断法を述べなさい。

3.インフォームド・コンセントとは何か,説明しなさい。