「もえたん」読売新聞で特集!


 [もえたん新聞03.2.27]

もえたんが、ついに読売新聞さんに特集されました。

画像をクリックすると拡大されます。(何か言われたら即刻削除します。)

で、ポイントはここでありまして

「ウェブサイト『もえたん新聞』を運営する東大2年生のRonさんも、『例文がおもしろいので、どんどんページが進みます。』」

ということで、はい、この「Ron」というのは私です。掲載していただきました。読売新聞様、ありがとうございました。

今更もえたん」という意見を持たれている方も多いでしょうが、これまで様々なメディアが「もえたん」を取り上げてきた中で、萌えを理解したメディアはあったでしょうか? 「発情」とか完全に勘違いしたことをおっしゃられているメディアもありました。「ロリコン」とか「パンチラ」という表面的なものに目を奪われているメディアも多々ありました。その中で、「萌え」を正面から捉えよう、そしてしかもこれを全国のしかも一般紙でやろうという心意気があったメディアは他にあったでしょうか!?

その意味で、読売新聞&(福)さん万歳!

とはいえ、Ronの注目は柴田元幸先生が好意的なコメントをお寄せになっているところです!!

英米文学の翻訳の第一人者の柴田先生に「発想は正解!」というコメントをもらった「もえたん」。危惧した通り英訳が問題がありそうですが、「今後の改良に多いに期待したい」ところです。

参考:柴田先生のプロフィールのあるサイト(エキサイトブックス)

 

 

 

 


HOME

(c)2003 Ron