免許更新の為に帰省した今回の旅。

出雲−名古屋間は2004年3月31日

まで実験運行中です。今回乗ってみて

けっこう良かったと思いました。CRJは

あまり揺れません。是非、4月1日以降

も出雲−名古屋の橋渡し役として活躍

してほしいとホント思いました。どうか、

平均搭乗率が50%を上回るのを祈る

ばかりです。     2003年11月3日

<名古屋空港〜出雲空港の旅>

実家〜名古屋空港に向かってます。

朝、4時30分頃に起きて、親に名鉄:東岡崎駅まで

送ってもらい、東岡崎駅からは空港行き特急バスで

1時間で名古屋空港です。写真はちょうど東名高速

道路 豊田インター付近です。

まだ空港に向かってます。

ここはちょうど、名古屋インターあたり…

だんだん外が明るくなってきました。

名古屋空港滑走路とターミナル

これは時刻表の写真を撮ったモノ。

名古屋空港は滑走路が2740mしかないですが、

国際線も多い主要空港です。地方からだと、国際線

への乗り継ぎが便利かと…。

名古屋空港到着です。

まずはチェックインカウンターへ!朝7時前だという

のに大混雑な国内線ターミナルです。まぁ朝のラッ

シュといったところでしょうか?

団体客が多いですね〜

今日は3連休最終日。なのにツアー客が多く出発し

ていくようです。日帰りですかね〜?

国内線ターミナル2階ロビー横

この右横に売店”ドメシィー”があります。

やっぱり名古屋・東海圏のお土産が集合しています

搭乗待合室入り口

出雲便は7時30分発ですが、その前に7:20高知

7:25成田 7:30大分 7:30新千歳が出発する

ので、少し早くセキュリティー検査場を通過しました

だんだん込んできました。

はやく検査場を通過して正解!込んでます。

名古屋空港にしては検査場が小さい感じがします。

たぶんA321かA320

大分行きか新千歳行き。名古屋はANAがメインか

のようにANA機が止っています。

搭乗待合室です。

何度も来た事があるはずなのに…なぜか違う感じ

がしてしょうがなかったです。

B737−500鹿児島行き

島根県の石見空港にも就航しているB737−500

です。最近はB737が増えましたね〜。

ほら、ANAばっか。

もちろんJAL・中日本エアラインもありますよ。でも、

やっぱりANA。考えてみれば昔はANAばかり乗っ

ていたような…。しかし、中型機が多い!

出雲行きに乗り込みました。

今日は翼の近くではなく、前から2列目の窓側にな

りました。行きもA列。帰りもA列でした。

2列目から入り口方向です。

機内はそう大きくないので、賢く収納できるようにな

ってますね。

まもなく出発

でも、あいにく雨です。

今回の航路はこんな感じ。

備え付けの月刊誌の中に航路が書いてあるページ

があります。見ながら乗るのも楽しいですよ。

上の航路が載ってるJAL機内専用月刊誌

「Skyward」2003年11月号。中はJALがお勧め

する物や観光地の情報・食べ物の話。もうちょっと

子供向けに作っても良いんじゃないの?といつも思

ってしまいます。

離陸しました!

名古屋空港を離陸しまずは北上!

10秒後…

こんなに高くなりました。

今日は曇り…

上空の雲は何層にもなっています。

地上は雨でも、飛行機に乗れば毎日晴天!

雨の日は気分がドンヨリしますが、これを見れば、

気分爽快!良いね〜!左下の隅あたりのは翼です

エアコン&ライト
高度を下げ出しました。

分かりにくいですが、鳥取県米子市…

日本海の上空です。

鳥取県の弓ヶ浜が見えます。

右が鳥取県境港市。左側が鳥取県米子市です。

米子空港です。

天気が良ければ、くっきり見えたはず。絶景です。

どこだか分かりますか?

右側の陸が島根県。左側の陸が鳥取県。

真ん中に「境水道」があります。

別角度から

中海も見えますね。

この後、大トラブルが…!

 

電池がなくなった…

以降はもう空港に着いてからになります。

松江市上空→宍道湖とかすっごくキレイだったのに…

出雲空港ターミナルビルに入るまでたくさんシャッターチャンスがあったのに…

まぁしょうがないです。またいつか撮ります!!

ということで、以下は出雲空港に着いてからの写真です。

乗ってきたCRJ−200です。

今日の出雲−名古屋便は旧塗装の期待でした。まぁ

内装は変わらないので…。その内これも塗り替えられ

るでしょう。お疲れさまでした。

今回のCAさんはすごくいい人だった。

出雲-名古屋便のキャビンアテンダントは1人です。

でも、細かい気配りがちゃんと出来ています。出来す

ぎていました。今日は曇りだったのですが、「今どこを

飛んでます」と何度も教えてくれた。紙付きで。拍手!

今度は逆に名古屋に向かいます。

乗客が乗り込んでいきます。出雲空港に待機するの

は30分あまりです。

名古屋便出発の前に大阪から飛行機が到着。

いつもは大体DHC−8−Q400という最新型のプロ

ぺラ機が来るのですが、今日はサーブ340でした。

3連休だから、Q400は他地方に行ったのでしょう。

これがサーブ340

日本エアコミューター(JAL系)のサーブ340。

34〜36人乗りです。Q400の時は74人乗れます。

お見合い?

右がCRJ−200の名古屋行き。

左がサーブ340の大阪行き。

CRJ名古屋行きの出発です。

この機体は気に入りました。早い!揺れが小さい。

シートは本皮。アメリカなんかだと、個人・会社所有が

多い機体ですね。

CRJ名古屋は滑走路へ!
もう1枚。

CRJが行きの時のようにJAL新塗装だったら、JAL新

塗装が揃ったのに…。

さらば、また会おう!CRJ

CAさんもありがとう!あなたのお陰で楽しい移動時間

でした。1日2往復の出雲−名古屋便。平均搭乗率は

50%を順調に超えてほしい!今日は越えてました!

バイバ〜イ!!

宍道湖に向かって離陸しました。また乗りたいです。

CRJを比べてみましょう!

家に着いたので、私が持っている模型飛行機でCRJ

の大きさをみてみましょう。機体は左からMD−11F 

B777−200 CRJ−200 B747−400(ジャンボ

ジェット機)です。模型は全部縮尺が同じです。

比べてみれば…

CRJは小さくてバカにされますが、抜群の機動性と最

新のシステムで世界中で爆発的に増えている機体な

んです!

●AIRLINE トップへ● ●管理人HPトップへ●

●CRJ−200出雲−名古屋便レポート[往路]へ●