都立大学は東京都にとってもう必要がないのか?

トップページへ戻る

 今年の8月以降、都立の大学「改革」をめぐる動きが変わってきました。2005年4月から、都立の4大学が統廃合されることはすでにマスコミ報道されてきましたが、ここにきて、都庁にある大学管理本部の本部長が入れかえられ、これまで準備してきた新大学構想がご破算にされました。そして、まったく異なったプランが突如8月に発表され、新大学概要が10月には発表されるとのことです。

 いったい、8月以降、都庁の大学管理本部では、どんな議論がなされているのか。これまでの都立の大学は、都民にとってほんとうに必要のなくなった大学なのか。「新しいタイプの大学」とは、何がどのように新しくて、それが都民にとって、どのように望ましい大学なのか。当事者である都立大学関係者は、この事態をどう受けとめ、どのように「あらたな大学づくり」を進めていこうとしているのか。

 都立の4大学のあり方について、関心をもつ多くの方々とともに、閉ざされたものではない開かれた公論の場で、都立の大学のあり方について議論していく場が求められています。

 都立の大学、そして、東京都の教育に関心を持つ、多くの方に、緊急公開シンポジウムへの参加をお待ちしています。

 

● 都立4大学改革の予想される今後のスケジュール

2003年8月 新大学の構想発表
新大学設立本部の設置
学長予定者決定、理事長予定者決定
名称公募・決定
    10月 新大学説明会で概要公表
教員採用・公募、授業科目決定
    11月 学部長予定者決定
文部科学省との事前折衝
2004年4月 設置認可申請
開学準備、法人設立準備
    7月 設置認可

(東京都立大学・短期大学教職員組合『手から手へ』第2203号に掲載)

※ より詳しい現状については、2003年9月9日都立大学の統廃合をめぐる危機の現状がわかりやすい。>>PDF版

 

■ 報告内容 ■

(1) 都立の大学「改革」で、今何が起こっているのか

 大串隆吉氏(公立大学教職員組合協議会副委員長)

 乾 彰夫氏(都立大学・短期大学教職員組合副委員長)

(2) 都立大の教員から  高山宏氏(英文学)ほか

※ 指定討論には、都内各層からの発言を予定しています。

■ 日時と場所 ■

○ 2003年9月28日(日曜日) 午後2時−5時

○ 場所 東京都立大学教養棟 120番教室 >> 詳しくはこちらをご参照ください。

○ 京王線南大沢駅徒歩5分 >> 詳しくはこちらをご覧ください。

※ 車での来場はご遠慮ください。

■ 資料代 ■

1000円 (学生・院生については500円)

 

■ 主 催 ■

「都立4大学廃止に関する緊急公開シンポジウム」実行委員会

■ 呼びかけ人・賛同者 ■

池上洋通(自治体問題研究所)、上原公子(国立市長)、坂元忠芳(東京都立大学名誉教授)、
佐高信(評論家)、樋口恵子(東京家政大学教授)、増山均(早稲田大学文学部教授)

青木晴男(高知女子大学文化学部教授)、浅井春夫(立教大学コミュニティ福祉学部教員)、朝岡晶子、姉崎洋一(北海道大学大学院教育学研究科教授)、阿部一雅(日本科学者会議)、荒井容子(法政大学)、天川佳代子、新井秀明(横浜国立大学)、安藤聡彦(埼玉大学教育学部)、飯村しのぶ(東京図書(株)第二編集部長)、五十嵐仁(法政大学大原社会問題研究所副所長・教授)、池田靖子、石井忠(教務職員・山梨大学)、石田文子(主婦)、石丸朗、大石美夏(東京都立大学人文学部卒業生)、上田士朗(東京都都民)、植田健男(名古屋大学教授)、姥貝荘一(行政書士)、梅原利夫(和光大学教授・教育学)、荏原笑重子(社会教育・生涯学習研究所)、太田政男(大東文化大学)、大和田英子(法政大学教授) 、小澤浩明(中京大学)、小澤正和(東京都立大学人文学部卒業生)、柿沼昌芳(東京都民)、勝野正章(お茶の水女子大学)、加藤道子、神谷章生(北海道教育大学)、亀山統一(琉球大学農学部助手・森林保護学)、川井亮(多摩地域在住)、河名俊男(琉球大学教授)、神田守隆(法学部卒業・千葉県館山市議)、金原瑞人(法政大学)、越野和之(奈良教育大学)、小島昌夫(元都立大学非常勤講師、教育科学研究会常任委員)、小島喜孝(東京農工大学)、児美川 孝一郎(法政大学)、近藤淳子(東京都民)、佐久間正夫(琉球大学教授)、櫻井幸子(東京都民)、佐藤隆(都留文科大学)、佐藤広美(東京家政学院大学)、坂田真司(上智大学卒・都民・多摩地区在住)、佐藤学(東京大学教授)、真田哲也(福島大学経済学部)、佐貫浩 (法政大学)、篠崎修(中学校教員)、代田亜香子、佐原徹哉(明治大学政治経済学部助教授)、新城竜一(琉球大学助教授)、菅間正道(自由の森学園教諭)、関口昌秀(神奈川大学)、関谷秀行(東京都小学校教員)、大能清子(人文学部卒業生、都立高校教員)、高野和子(明治大学助教授)、高橋絢子(荒川区立南千住図書館)、高橋智(東京学芸大学教授)、 田中優子(東京都民)、千葉康樹(東邦大学)、寺尾光身(名古屋工業大学名誉教授)、寺崎昌男(東京大学名誉教授)、徳永理彩(東京都民/大学院生)、照本祥敬(中京大学教授)、富田充保(札幌学院大学)、内藤亮一(富山大学)、永井栄俊(高校教員)、仲嶺政光(富山大学)、 長畑明利(名古屋大学助教授)、永岑三千輝(横浜市立大学)、成田節(東京外国語大学外国語学部教授)、丹羽晶子(学校法人自由の森学園教員)、野平慎二(富山大学)、橋本安央(関西学院大学助教授)、長谷川裕(琉球大学)、林量俶(埼玉大学)、比嘉ちひろ(桜美林高校・非常勤講師)、平塚眞樹(法政大学)、平野喜一郎(三重大学名誉教授)、平野幸彦(東京都立大学人文学部卒業生、新潟大学人文学部助教授)、廣田健(民主教育研究所)、舩渡順子、舩渡佳子(翻訳業)、細山俊男(社会教育・生涯学習研究所)船山良一(米沢女子短期大学教員) 、細山俊男(社会教育・生涯学習研究所)、増島高敬(自由の森学園・和光学園講師)、増田正人(法政大学)、村上純一(国士舘大学)、森光男(NPOゆうえふ代表)、山田朗(明治大学文学部教授)、山田哲也、湯山哲守(京都大学人間・環境学研究科助手)、吉田俊実(東京工科大学教員)、吉田傑俊(法政大学)、吉村真子(法政大学)、吉村れい子(東京都民)、和田章子(東京都民)、渡辺幸子(明治大学非常勤講師)

以上は、都立大教職員・学生・院生以外からの、公表を同意された方々の賛同者リストです。
(肩書・所属はご本人の申請に基づきます。)

ホームページに寄せられた声

■ あなたも賛同者へ!! ■

 このシンポの趣旨に賛同される方は、ganbare_toritudai@yahoo.co.jpに、「お名前」と「肩書き・所属」をメールにてお送りください。賛同者に登録させて頂きます。

 賛同者になられた方のお名前と肩書きは原則として、上記に掲載させて頂きます。都立大の改革について、広く開かれた「公論の場」を設けることを目的としている私たちにとっては、研究者だけでなく、「都民」という肩書きをもった方々が多く参加して頂けると、大変に励みになります。

 ぜひ、多くの方々に登録頂けるようお願いいたします。

※ 何らかの理由でお名前・肩書きなどを公表できない方でも、賛同者にご登録頂けます。その場合、お送り頂くメールに、公表できない部分(お名前のみ、肩書きのみ、両方)に「公表不可」とお書き頂ければ、賛同者にカウントさせて頂きますが、ホームページへの掲載はいたしません。

※ 急な呼びかけにもかかわらず、ここにお名前の掲載できない方を含めて、呼びかけ人がどんどん増えています。あなたも、是非、ご登録ください。

■ チラシのコーナー ■

一人でも多くの方々に、このシンポジウムのことを、お知らせくださって、ご一緒にご参加をお願いします。

1 宣伝用チラシ(PDF版)

ver.5(9月27日版)

2 賛同の呼びかけ(PDF版)

ver.1(9月23日版)

※ 印刷してお使いください。

トップページへ戻る