「都立の大学を考える都民の会」(仮称)準備会の
ご案内と会への参加の呼びかけ

トップページへ戻る

PDF版はここをクリック

シンポジウム参加者・賛同者のみなさん

 先月28日に東京都立大学で開催した「都立4大学廃止に関する緊急シンポジウム」では多大なお力添えをいただきありがとうございました。おかげさまで、シンポジウムは300人近い参加者を得ることができました。私たちが共通にもった「公論の場」づくりの第一歩は、予想を越えた広がりを持つことができたのではないかと実行委員会では受け止めています。ご多忙な折りにもかかわらずシンポジウムにかけつけてくださったみなさん、また趣旨に賛同くださり、シンポジウムの呼びかけ人・賛同人としてお名前を連ねてくださったみなさん、そしてシンポジウムへの参加を回りに呼びかけてくださったみなさんに、改めてお礼申し上げます。

 29日には、シンポジウム参加者からの公開質問状を、配達証明で大学管理本部長宛、そして、正午すぎに都議会各会派(11会派)に郵送致しました。文教委員にも連絡先が判明している限りで送付しました。都立4大学廃止・新大学設立問題の質疑が行われた同じ日の文教委員会でも、都議会各会派から「手順があまりにも不透明で強引」「計画を白紙撤回して、大学関係者の意見を聞き、都民参加で再検討すべきだ」などの批判・要望が相次ぎ、この間の都の強引な「改革」手続きの問題性が浮き彫りになっています。

 また私たちの取り組みに呼応するように、大学内部からの動きも活発になっています。「新大学」設立への「協力」を一方的に教職員に要請する「同意書」についても、都立大学としては教職員に記入を求めないということが確認されるなど、全学で一致した取り組みが始まっているようです。

 

 ●「都立の大学を考える都民の会」(仮称)準備会のご案内と会への参加の呼びかけ

 私たちは東京都による強引で一方的な都立4大学の廃止・「新大学」設置の手続きに異議を呈し再考を促すとともに、今回のシンポジウムの成功を、都立の大学のあり方について関心を寄せる都民のための「開かれた公論の場」をつくる取り組みとして引き継いでいきたいと考えています。そのために、シンポジウムで呼びかけを行った「都立大学を考える都民の会」(仮称)の設立の準備を進めています。

 シンポジウムでは、今回の事態に対する怒りの声とともに、「B類廃止」の再考を求める学生・OBの声や、「都民に対して充分開かれた議論をしてこなかったのではないか」という、これまでの都立大学のあり方に対する率直な批判も出されました。この間大学に関わる様々な人たちの声が大学に充分には届かなかったこと、またそのような声に対して大学が真摯に応えること、少なくともそのような姿勢が目に見える形では都民には充分に示されてこなかったことは残念ながら事実です。「都民の会」はそのような現状を改め、都立の大学が本当の意味で「都民のための大学」となるための開かれた公論の場をつくることを重要な目標としていきたいと思います。

 当面、1013日に「都民の会」設立に向けた準備会を開催します。会の趣旨にご賛同いただける方でご都合のつきます方は、是非ご参加ください。詳細については以下の案内を参照いただければ幸いです。

 

<「都立の大学を考える都民の会」(仮称)準備会のご案内>

■ 内容 ■

 (1) シンポジウム後の状況報告

  ●「都立大学問題」に関する都議会での質疑の概要の報告

  ●公開質問状に対する「大学管理本部」の回答の報告

 (2) 「都民の会」の性格・目標および今後の活動についての意見交流

■ 日時と場所 ■

 ○ 2003年10月13日(月曜日) 午後1時−3時

 ○ 場所 東京都立大学人文学部棟 121番教室 

 ○ 京王線南大沢駅徒歩5分 

<ご協力のお願い>

1.この「呼びかけ」を、周囲の方々に広げてください。

2.「都民の会」の設立にご賛同いただける方は、お名前と所属・肩書き(公表を希望されない場合はその旨をご明記ください)を実行委員会(ganbare_toritudai@yahoo.co.jp)までご連絡ください。会の設立集会のご案内・ご参加呼びかけなどの際に、設立時賛同者としてお名前を連ねさせていただく予定です。都民であるないに限りません。

3.可能でしたら、10月13日の準備会にお誘い合わせの上、ご参加下さい。

4.13日当日は参加できないが、今後、会の運営を何らかの形で担い、あるいは多少手伝ってもよいという方は、是非その旨を実行委員会までご連絡ください。

 以上、どうぞよろしくお願いいたします。

 なお「都立の大学を考える都民の会」の設立は

  11月1日(土) を予定しています。詳細については、改めてお知らせいたします。

 

 ※「都民の会」に関するお問い合わせについては、以下までお願いします。

 「都立4大学廃止に関する緊急シンポジウム」実行委員会(「考える会」準備委員会事務局)

  問い合わせ先=ganbare_toritudai@yahoo.co.jp

  また会の詳細などにつきましては、以下の実行委員会HPもご参照下さい。

  → http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3113/index.html

 

 

 

 追記 ●「大学管理本部」へみなさんの声を届けてください!

 この間私たちの元にも「何か出来ることはないだろうか」との問い合わせが多く寄せられています。会の活動が本格的に始まるまでの間は、当面「私たちの声をもっと聞いてほしい」「広く都民に開かれた議論の場をつくるべきだ」「現在の一方的な新大学設置構想は白紙に戻すべきだ」などの声を、一人ひとりから東京都大学管理本部宛に届けていく取り組みを提案します。この取り組みを広げていただくことは、都立大学の問題がOBをはじめとした少なくない都民の関心を集めていることを都に知らせていく上でも大変重要です。よろしくお願いします。

大学管理本部の連絡先:〒163-8001 東京都新宿区西新宿2−8−1

03-5320-7075(広報・広聴・情報公開請求担当)

03-5388-1615fax番号)

03-5320-7092(改革推進担当)、
または
03-5320-7083(参事)

メールアドレス:S0000677@section.metro.tokyo.jp

 

 また、現在東京都では「都立の新しい大学」の名称を公募しています。この公募に「新しい大学」の名称として「東京都立大学」を希望する声を沢山寄せていただくことも、現在のあまりに強引な「新大学」設置に対する間接的な批判として有効だと思います(締め切りは1015日です)。

 応募先:大学管理本部管理部総務課 名称公募担当

  〒163-8001 東京都新宿区西新宿2−8−1

  TEL 03-5320-7075

または  http://www.daigaku.metro.tokyo.jp/meishoboshu.htm

PDF版はここをクリック

このページの先頭に戻るトップページへ戻る