06東北六県将棋大会
50年目の東北六県大会は、5人制です!

1.最近の結果

2.出場選手一覧

3.『私の大胆予想』

4.大会結果

5.大会風景(写真)

6.反省会
予想された方も、予想しなかった方も、出場された方も、応援していた方も、今回の大会の感想をhinporo2000@yahoo.co.jpまでお送りください!
・小山田政利さん(銀河将棋研究会管理人・岩手
すごい接戦の連続でした。 5人制がこれほど接戦になるとは。
いやあ、目の前で観てみたかったです。
今回の岩手は、よくやったともいえるし残念ともいえるし...反省をしてみると...

大将戦
 佐々木君の全勝はほんとお見事!!
 (佐々木君の将棋はNETで一度しか見たことがないのですが、あの粘着力のある受けはすごいかったです。
 佐々木君の対局をまた観たいと思う一人です。 今回はみれなくで残念!!)

 ここでは中川君、佐々木君、惇郎君の争いを予想(というより願望に近い)したのですが、
 今後どれくらい強くなるのか、そらおそろしい人たちですから....
 勢いは 中川>佐々木>土橋 と思っていました。
 なぜかといえば、中川君の青森でのかちっぷり、そして惇郎君の試合参加の少なさ。
 その中で、野藤さんのベテランの意地をみせてくれました。 本気出せばこれくらいは...といったところでしょうか?
 辺見さん、上條さんは若手の流れに押し流され、実力が出せななかったようです。
 特に上條さんは団体戦男のイメージがありましたので、ちょっと意外でした。

 惇郎君は、相手のきつさを考えれば、役目は十分はたしたと思います。
 これで、4年連続の3−2 まるで今回の団体戦のようですな〜
 私は欲張りなんで、あと+1勝を期待してたんですけね。


副将戦
 ここも加部さん、竹内さん、横山さんの争いという意味では予想通りでしょうか?
 そんななかで上野さんの活躍は見事(最年長でもありちょっと予想しづらい)。
 岩泉君は1勝ほど予定より足りませんでしたが、竹内さんに勝ったという結果をかんがえるとこれもすばらしい成績だったと思います。
 しかし、初出場で、5人制の副将ですからね。 いかに期待が大きかったか...ほんま、お疲れ様でした。


中堅戦
 盾石さんは前回の成績が悪かったので、その点ちょっと心配でしたが、杞憂でしたね。
 ぶれの少ない、短手数で勝つなど踏み込むの鋭い将棋が炸裂したようで....
 なんか団体戦らしから思い切りというか,,,相手は大変だったでしょうね。
 増子さんは前回の借りを返したといったところでしょうか。
 奈良岡さんも若手を牽引しながらの成績で流石といったところでしょう。


次鋒戦
 ここは及川さんの優勝を予想してましたので、ちょっと残念な結果でした。
 初日の連敗が...しかし、2日目からは立て直したのは流石でした。
 羽角さんの活躍は情報もなく、わかるはずも...(それこそ言い訳)、ほんまに出てくる選手はみなさん(初出場でも)強いということを改めて実感しました。


先鋒
 ここはW鈴木さんがいるだけに藤原さんといえど大変と思っていました。
 しかしそこはしぶとく食いつき、2位に入賞...お見事!!
 睦さんの全勝は流石の一言で、これでチームの優勝をぐっと引き寄せましたね。
 睦さん本人には結構プレッシャーがあったと推測しますが、動じませんでしたね。


団体戦
 岩手は全員安定した勝ち方で戦い方としてはよかったのでは。
 惜しむらくは初日にあと一勝....
 とにかく接戦で、どの県にもチャンスありで、対戦順等ちょっとしたことで結果はまた違うものになっていたかも。
 全勝者のでた山形、宮城が1位、2位、平均的に勝った岩手が3位、やはり4勝以上する選手がいないと優勝はなかな難しいですね。



おまけ
 松本さんの反省を読みましたけど、予想をする場合の考え方がほとんどおなじですね。
 (ベテランは実績、若手は勢い、団体に関してはACEがいるか、層の厚さはどうか...)
 もっとも私の場合は岩手の応援と優勝争いの展開を予想するだけ。
 それも勘というか雰囲気できめるいい加減なやつですで、情報の少ない県、選手の評価が低くなりがちになります。

 というわけでたくさん情報発信した県は予想のうえでは上位入賞間違いなしです、多分? ってあまり意味はありませんが、前哨戦が盛り上がると思いますの情報よろしくお願いします。 

・松本 徳吉さん(青森将棋界のHPおまけ管理人)

秋田vs岩手以外の対戦が、3勝2敗とう稀に見る混戦となりました。
一つ勝ち負けが違えば、全く違う結果となったでしょう。

大将戦
佐々木祐一郎君が5連勝。見事という他ありません。全国大会でどれぐれい活躍するのか見てみたいものです。野藤さんが地力を出せば、これぐらいは当然なのでしょう。奔放な差し回しと併せて感服しました。予想では中川君を推したが、残念な結果となりました。初日は2連勝でしたが、土橋戦の敗戦を引きずってしまったように思います。

副将戦
竹内さんが4勝で順当な優勝だったと思います。可もなく不可もなくといったところでしょうか。上野さんの3勝は素晴らしい。山形の副将として低い評価をしていました。大変失礼しました。横山さんは加部さんを破っての3勝は流石でした。惜しむらくは頓死がなかったら・・。加部さんの3勝は不本意だったと思います。体調面でも万全でなかったようで、残念。岩泉君の結果は残念の一言に尽きます。それでも竹内さんに一矢報いることからも、実力的にはひけをとっていなかったと思います。今後の活躍を期待したいと思います。

中堅戦
増子さんの優勝は予想通りながら素晴らしいと思います。橋立さんの系譜を受け継ぐのはこの方でしょうか。奈良岡さんは成績以上にこの大会に賭ける意気込みが印象的でした。杜碩君には期待していたが、残念な結果となりました。東北学生棋界のレベルを証明するチャンスと思っていましたが。

次鋒戦
失礼ながら、知名度がそれほど高くなかった羽角さんが4勝するあたり、山形県の層の厚さを感じました。

先鋒戦
鈴木睦さん、流石の5連勝でした。そもそも、先鋒で出ること事態が卑怯とも言えますがw。予選会の体調不良が思わぬところで吉と出たように思います。


青森県
期待の若手が振るわず、不本意な成績となりました。若手が伸びれば、来年は今年以上の活躍をしてくれるでしょう。

岩手県
4人が勝ち越しと安定した戦いぶりでした。二日目は見事な巻き返しでしたが、初日の二連敗が全てだったと思います。

秋田県
厳しい予想をしましたが、そのような結果となってしまいました。数年間秋田に住んでいた者として、今後の奮起に期待したいと思います。気が早いですが来年の三人制であれば、野藤・鈴木さんにもう一人で負けないチームになると思います。

宮城県
流石の戦いぶり。2位というより、優勝を逃したという表現が適切かでしょうか。選手層の厚さでは秀でていると思うので、そろそろ優勝してもらいたいと思います。予想屋として一回ぐらいは優勝予想を当てたいもので。

山形県
私の低い予想を覆し、見事優勝。先鋒・次鋒の優勝で層の厚さを見せ付けました。上野さん、羽角さんには失礼しました。お見事の一言です。

福島県
ほぼ、予想通りの成績となりました。誤算は大将か。それでも優勝戦線に絡むあたり、昨年度優勝チームの底力が伺えます。絶対的なエースがいるだけに来年度も優勝に絡むでしょう。


5人制の戦いで、ベストな5人を揃えるということは、なかなか難しいと思います。
その点、山形県は全体的な層の厚さもさることながら、5人の選考方法が最もしっかりしていたと思います。二日制の大会で10人によるリーグ戦で5人を選ぶという考えられる最善かつ贅沢な方法で、選ばれる5人が弱いはずがありません。(今更ながらそう思います。)ここまで、県としての運営体制がしっかりした県は全国的にも稀でしょう。それが、今回の優勝の一因でもあったと思います。

私の予想は、若手に甘くベテランに厳しい傾向があります。それは、若手の可能性を期待してのことですが、ベテランの安定感についても今後は考慮にして行く必要があると思いました。全般的に若い人は一つの敗戦に必要以上に責任を感じ、大人に比べてダメージが大きいように感じました。反面、大人には敗戦を次の日に引きずらない良薬として、アルコールという強力なウェポンがあります。その辺も、大人に有利に働いていると思います。

今回の予想で、実力より低く評価された方はお怒りの方も多かったと思います。判断材料があれば、より客観的な評価もできますが、なければどうしても主観的な評価となってしまうので、その点は御容赦ください。ちなみに私の棋力は近代将棋で1450ぐらいなので、強い人の棋譜を見てもどれぐらい強いのか判断できません。それでも、W杯にFIFAランキングがあるように、全ての選手の実力をレーティング等で数値化したいと思っています。理想は全ての選手がアマ連もしくは近代将棋道場で対局していただくか、24の点数を教えていただければ最高ですが、現実的ではないでしょう。

今大会のMVPを選ぶとすれば5連勝で優勝に貢献した鈴木睦さんを選ぶのが、筋かもしれませんが、ここは佐々木祐一郎君を推したいと思います。初出場かつ大将戦での5連勝は素晴らしい。早く全国の強豪をなぎ倒すのを見てみたいと思います。


(参考)
大将・副将・中堅の三人制だったとしたら。

優勝 宮城 5勝0敗 10勝5敗
二位 福島 4勝1敗  9勝6敗
三位 青森 3勝2敗  8勝7敗
四位 岩手 3勝2敗  8勝7敗
五位 山形 1勝4敗  5勝10敗
六位 秋田 0勝5敗  5勝10敗

五人制と大分違う結果となりました。3人制に戻る来年はどうなるでしょうか。

来年の予想

青森 中川、田村、横山
岩手 土橋、岩泉、及川
秋田 野藤、鈴木、堀井
宮城 加部、佐々木、成田憲俊
山形 山寺、鈴木、上條
福島 竹内、辺見、増子

現段階で、来年の優勝は福島県と予想します。できれば、今後も五人制がいいなと思います。

7.大会後記