閉鎖気分。
裏でこっそりと復活するかもしれない気分。