三重タイムズ

平成十二年二月二十五日(金)より転載


前代未聞の言論弾圧  本誌での発言を問題視

享栄学園が久保憲一教授を解任  津地裁に地位保全の仮処分申し立て 

 昨年十一月五日号の本紙で、日本世論の会三重県支部長で鈴鹿国際大学教授の久保憲一氏(49)に、歴

史認識や歴史教育問題、三重県人権センターのあり方、日本人としてのアイディンティティなどについてインタ

ビューした。しかしその後、鈴鹿国際大学を経営する学校法人享栄学園(名古屋市・堀敬文理事長)は、本紙で

の久保教授の発言を捉え、学園の名誉と品位を害し、生徒・学生の募集への悪影響のほか、関連諸機関との

信頼関係を失墜させたとして、一月十七日付で教授職を解任し、学園本部付事務職員とした。

 久保教授が学問上、思想上の信念に基づいて発言しただけのことがなぜ処分の対象になるのか。久保教

授の発言を理由に、享栄学園や大学に何らかの圧力があったのか。久保教授側は十六日、津地方裁判所

に地位保全の仮処分の申し立てを行った。民主主義国家の日本で起こった、前代未聞ともいえる言論弾圧

“久保教授解任 ”事件を取材した。

 一月十七日付の享栄学園堀敬文理事長名の戒告書によると、懲戒の理由として「平成十一年十一月五日」

のタイムズ紙面で、鈴鹿国際大学教授の肩書きにおいて行った発言。これまでの講義方法等(東条英機に関

する映画鑑賞を強要するかのような指導等)。公的機関である三重県人権センターに対する誹謗ともとられか

ねない発言などが、学園の名誉と品位を害し、生徒・学生の応募に悪影響を及ぼし、関係諸機関との信頼関

係を著しく失墜させるものであった」としている。

 久保教授に対する当局の対応について、久保教授のメモや録音テープでたどることが出来る。(要略のみ掲

載)。

 平成十一年十一月二十九日午後四時、学長室で勝田吉太郎学長が「君の新聞ざっと読んだだけだが、大変

なことをしてくれたね。問題になっているんだよ。君、部落問題は本当に怖いんだよ。彼らが大学に押しかけて

きたらどうするのかね。その時は君に責任をとってもらうしかない。もし君が助けを求めるなら、共産党に助けを

求めなければならない」などと久保教授を責め立てたという。

 翌三十日には、大学の応接室で久保教授は、堀敬史学園副理事長や堀敬紀鈴鹿国際大学入試広報室長と

話し合っている。堀室長が「三重県同和課の課長さんから先生の件で問い合わせがあった。私はあわてて調査

書などの書類を持っていった。人権センターの記事は同和問題ですよ」。堀副理事長は「学生募集で大変な時

期なので責任をとってくれますか」などと話している。

 十二月三日には堀室長のほか、武部学部長、杉山事務局長、中野学生部長、戸室教務部長と会談。堀室長

が「この日曜日(十一月二十八日)にたまたま三重県教職員組合(三教組)の役員と会った。そして久保先生の

ことを聞かれた。久保先生の新聞記事(発言)は全国でもっとも強い三教組に戦いを挑んでいることになる。久

保先生には辞表を出してもらいたい」。

 中野学生部長は「大学を救うために辞めてもらいたい。これは理事長、学長、みんなの意見です。学長に晩

節を全うさせてあげてください」と久保教授に迫った。

 この後、当局と久保教授の間で何度かの交渉が行われ一月十七日の戒告書と教授職解任の辞令が出され

た。

 名古屋市の学園本部で行われた一月十七日の会談では堀敬文理事長、堀敬史副理事長らが出席。久保教

授のいわば最後の弁明の場となった。久保教授の発言の要旨は次の通り。

 鈴鹿国際大学教授の肩書きでの発言について・新聞社(三重タイムズ)の判断で行ったものだ。特別な意図は

なく、(私も)了承した。

 人権センターはほとんどが部落問題の資料や展示で占められている。ほかにも重要な人権問題が山積してい

る。要するに一部に偏った内容になっていると指摘しただけだ。その他の資料も反日自虐史観のものが多いた

め、もっとバランスのとれた内容にしてほしいと言うことだ。(三重タイムズ)の記事は言葉足らずの面もあるが、

発言趣旨はほぼ間違いないと思う。

 これまでの講義方法について・映画「プライド」を観にいけば加点してあげると学生にいった。これはフィールド

ワークだ。小中学生が学校から映画を見に行くのと同じことだ。しかし強制はしていない。まったく任意で、それも

受講生の一割程度にすぎなかった。レポートも求めていない。

 久保教授は総括的な意見として「社会的になんの抗議もない。三重タイムズにも私にもなんの苦情も来ていな

い。なぜ大学の内部でこういう問題になっているのかわからない。人権センターにもなんの苦情もないと聞いてい

る。人権センターの所長には(思想・信条とは別に)、私の考えにそれなりの理解を頂いていると思っている」と話

している。

 また当局側が久保教授を威圧するかのように、三重県同和課の課長や三教組の名前を出したことについて、

三重県同和課の長田芳樹課長は本紙の取材に、「まったく覚えがない。電話もしていないし、会ったこともない」

としている。

 また植地英志三教組中央執行副委員長は「昨年十一月二十四日に鈴鹿国際大学の堀さんから久保先生の

件で、挨拶にきたいということで別の者がお会いしたと聞いている。三教組としてどうこうする問題ではない」とコ

メントした。

 享栄学園と大学はなにに対して脅えているのか。学生募集の影響とは一体なにを意味しているのか。本紙は

堀副理事長に取材したが具体的な話はなく、「弁護士に任せている」としかコメントしなかった。

 大学教授が身分を明らかにして発言することは、ごく当然のことであり、人権センターについても問題点を指摘

されることは、公的機関であれば、なおさら当たり前のことではないのか。

  “久保教授解任”事件は一地方大学の問題を越えて、学問・言論の自由と戦後民主主義が問われかねない事

態といえる。(この稿16日現在)

 

皇學館大学 松浦光修助教授の話

昨年、歴史認識問題などで、私も久保教授と同じように「三重タイムズ」のインタビューを受けました。そのときの

久保教授のインタビュー記事をあらためて読みましたが、それが教授解任に相当するようなものだと考える人は、

常識人のなかには、おそらく一人もいないのではないでしょうか。それを理由に教授を解任されたのなら、まった

くもって、あきれた話です。そういう判断をした真の主体がどこにあるのか。今はよくわかりませんが、そういう人

々には「自由と民主主義」が、まったくわかっていないというしかありません。

 ああいう記事で大学教授を解任できるのなら、おそらく今後、日本全国の大学教授やジャーナリストは、何も言

えず、何も書けないことになるでしょう。このような不当な言語統制を決して許してはなりませんし、そんなことが

許されるのなら、日本は「自由主義国」と称する資格はありません。今回の件は、明らかに言論の自由に対する

弾圧、学問思想の自由に対する封殺で、基本的人権の侵害です。個々人の思想的な立場を越えて、自由と人権

を大切に思う人ならば、すべての人が「許し難い暴挙」と憤慨するに違いありません。


もどる