語学学校のリンク

アメリカに生まれれば自然に英語を話せるようになりますし、中国に生まれれば中国語が母語となります。それは決して特別なことでなく当たり前のことです。しかし、日本に生まれた私たちが中国語を話すようになるとしたら、それは当たり前ではなく、特別の努力をしたことを意味しています。自然に身に付いたというわけではないのです。とは言えどんな言語でも習得の過程は同じです。生まれたての赤ちゃんは話せませんが、周りの人の話すことを聞いています。そしてそれを蓄えて、急に話を始めるわけです。 語学を学ぶことは一朝一夕には行かないですね。留学すれば話せるようになると思っていましたが、やっと人と会話が出来るようになったなと自覚できるようになったのは3〜4年たってからでした。
留学する前にも中国語を一生懸命に学んでいるならば、留学の効果は倍増します。留学を終えて帰ってからでも、引き続き学び続ける必要があります。中国語は私たちの母語ではないので、特別の努力をしないとすぐに忘れてしまうからです。言語は経験を通して学ぶ事が多い分野ですが、外国人にとってそれを短期間で学ぶために、体系的に効率よく学ぶことは重要です。語学学校は外国の言葉を体系的に、また、効率的に学べるように助けてくれる存在です。語学検定試験を受けるというのも良い方法でしょう。そうした目標に向かって努力して行く上で、語学学校を上手に利用して、時間や労力また資金を、その目標達成のために用いるのは良いことです。当校の教師によるスカイプを利用した授業も展開中です。スカイプによる個人レッスン受付中 語学学校/留学関連:限定50サイト
人が留学する動機も様々ですが、これだけ多くの人が留学するようになると、同じような状況で、同じような目的で留学している人もいるはずです。そして私たちはそうした人から多くのことを学ぶことが出来ます。なぜなら留学体験記を書いている人たちは、おしなべて自分の失敗を他の人に経験して欲しくないので、いわばその道に関しての開拓者として、後に続く方が同じ失敗をしないようにと、その赤裸々な経験を語ってくれている場合が殆どだからです。そういう観点でなくても、留学という一大事を成し遂げた方たちの経験に励まされますし、非日常の、いわば常識では通じない事柄に関係した記事を読むのは楽しいものです。これらの記事を書く人は読者に是非経験を共有して欲しいと願っています。私たちは居ながらにして、そうした愉快な、また不快な経験をすることが出来るかも知れません。このリンクも限定10サイトで募集中です。台湾に留学した経験のある方、相互リンクしませんか? 留学体験記:限定50サイト
このリンク↓は当阿甘語言中文科が管理し用いているHPです。
後ろ姿
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
台湾留学で短期間に中国語のトップに戻る