おかしな日本語・笑える日本語ホームセンター編

台湾にはおかしな日本語が氾濫しています:
ウチの近くの五金行(ホームセンター)で買い物をしていると、お客が店主に「これは日本製か?」と尋ねました。店主は「日本語が書いてあるから日本製だ」と応えていましたが、そばにいたので、何食わぬ顔をしてその商品に目を移すと、一見して分かる日本製のまがい物でした。それで、「それは日本製ではないよ!」と言いたかったのですが、お互いの平和のために止めました。そんなことはここ台湾では日常茶飯事です。いちいち正していたらきりがありません。
コンピコータのアクセサオリー・・・これは分かるでしょう:
前半は典型的な間違いです。拗音と言われるいわゆる「きゃきゅきょ」とか「しゃしゅしょ」とかの発音が中国語にはないので小さなユがコになっちゃっています。後半の間違いはそんな風に聞こえるのかも知れません。それにしても不可解なのは印刷に出す前に、台湾には日本人が沢山いるのですから、何故彼らに聞いて確かめないのかと言うことかも知れません。日本語でも和製英語というのを造ってしまうように、台製和語のような関係なのかも・・・。
.
コンピューターのアクセサリー
カタカナの部分ではなくて、その上の文字群:
の「肉眼で見えない微粒子を濾過、貴方が吸い吸むも空気を浄化」・・・なんでこれを取り上げたかと言いますと、実は吸い込むの込むと言う字は、中国語にはありません。東京に駒込という駅がありますが、中国人はこれを中国語で読むことが出来ないのです。それにしても吸い吸むもはないと思うのですが・・・・。
.
あなたが吸い込む
この平仮名が興味深いのは:
カーワックスを中国語に翻訳すると汽車蝋で、更にそれを日本語読みして、「きしゃろう」ですが、何故「せき」が付くのかは分かりません。ちなみに列車は火車で、オートバイは機車です。平仮名で「きしゃろうせき」と書いても、誰も分からないと思うのですが、日本製だというイメージは与えるかも知れません。
.
きしゃろうせきならぬカーワックス
台湾での日本語の使い方はイメージアップ:
これは丁度、化粧品やファッション関係に英語やカタカナが使われているその使い方に似ているかも知れません。日本語を使うことがその商品のイメージアップや保証に繋がると考えているのです。日本語が品質の保証となるなんて、日本人として誇らしく、また嬉しくなるのですが、ならばせめて正しく使って欲しいと思うのですが・・・。台湾でも主婦と言う言葉と一番と言う言葉、気も通じますから、例え間違っていても台湾人はその意味が分かるのです。一番という言葉は問題なく通じますが、これは元々日本語なので、中国大陸では通じないかも知れません。
.
一番のお気にしますならぬ一番のお気に入り
台湾人はカタカナが苦手です:
台湾で日本語を話す世代というものがあります。一つは日本語教育を受けた75歳以上の人たちです。75歳というと終戦時に小学校6年生位の人たちです。もし終戦時にそれ以下であったとすると日本語が完全に自分のものになっていなかったようで、程なくして中国語の教育がなされたために忘れてしまった人が多いようです。75歳以上の人たちの日本語は戦後60年以上の年月を経た今も、しっかりと彼らの脳に刻まれていて、日本のお年寄りと遜色ない程のしっかりした日本語です。しかし、戦時中は鬼畜英米というような時代でしたから、カタカナなどは殆ど使われなかったようで、現在日本語に多くのカタカナが混入していることに当惑を感じています。もう一つの世代は、彼らの孫の世代に生じた日本語ブームにより日本語を学んだ人たちです。彼らは英語を話しますが、日本のカタカナは英語の発音と微妙に違うのでやはりとまどいを覚えています。さてこのハンドールカーバはどちらの世代によるものでしょうか。謎は尽きませんが、「くるま」と平仮名を使った後、krumaとローマ字を使っています。kを母音抜きで用いている所などから、若い世代かなと思ったりしました。
.
ハンドール カーバならぬハンドルカバー
台湾人はカタカナが苦手です。その2:
カタカナは普通横書きですが、縦書きが出来ない訳ではありません。でもその時には注意が必要です。長音は横ではなく縦にしなければなりませんが、そこまで知っている少ないようですね。この手の間違いはかなり目にします。
.
ヘルシlならぬヘルシー
台湾人はカタカナが苦手です。その3:
確かにここにある材質のナイロンの「ン」の字が変ですが、ここは手握り袋に注目したいと思います。一応間違いではありませんが、日本人から見ればこんな無骨な表現はしないはずです。ハンドルカバーとかバイクのハンドカバーとかネーミングするはずです。しかし、ここは台湾。日本語が使ってあるだけでもステイタスなんです。なぜか余分にカタカナを使っているわたしです。
.
手握り袋ならぬハンドルカバー
台湾人はカタカナが苦手です。その4:
スペースの都合で顔を横にしてご覧下さい。このマッグカップですが、「まっぐかっぷ」で変換すると「マッグカップ」と出てくるので、あれ?良いのかなぁなんて思っちゃいますが、マグカップですよね。こちらも変換しましたから。日本人でもベッドをベットと言っている人がいますし、田舎の公民館での歌謡ショーで、司会のお兄さんが、「さぁ皆さんの手拍子をお願いします。今は亡き坂本九さんのヒット曲、赤いキッスです。」えっ!そんな歌あったかなと思いきや、レッツキッスでした。まぁ似たようなものかもしれませんが・・・・。でも、商品の印刷になるのだから・・・。
.
マッグカップならぬマグカップ
最後はしっかり決めます。ホームセンター編:
滑り止めネットのネットが可笑しいのはすぐ気が付きますが、止めならぬ止ぬになっているのは気が付きません。えっ!意味が反対じゃないの。滑り止まらぬネットですよ。そういえば「め」と「ぬ」は似ていますよね。この他にも「ね」と「れ」を間違えたりします。
.
滑り止まらぬではなく滑り止め
その他ヘンな日本語・おかしな日本語・奇妙な日本語沢山あります
  ホームセンター編 ・ お菓子編 ・ スーパーマーケット編 ・  町で見かけた日本語編 ・ 奇妙な日本語編
.
リンク:
阿甘語言中文科で用いているサイトです
.
後ろ姿
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
スカイプでお話を希望される方はメールでお知らせ下さい。当方のスカイプ名をお伝えします。
台湾留学で短期間に中国語のトップに戻る