おかしな日本語・笑える日本語・変な日本語

台湾にはおかしな日本語が氾濫しています:
ありがたい事ではないでしょうかね。台湾では日本語が市民権を持っているのは間違いのない所です。景気に与える影響のために日本人の就労をなかなか認めないのに、日本語だけはしっかり台湾の中に定住しています。殆どの商品に日本語が使われているからです。何故かと言えば答えは単純です。それは売り上げを伸ばすためです。日本ではファッション業界や化粧品などに多くの英語が使われて、高級感を出すのに一役買っていますが、台湾でも日本語を使う事により同じような効果をねらっているようです。冒頭にありがたい事と言ったのはこのことです。つまり、台湾人にとって日本製品は良いものとして認識されており、日本語を使う事により、その製品が日本の技術で作られたり、あわよくば日本製品であると思わせて、購買に結びつけようとしているという事です。日本のものを良いものとして受け取ってくれている所にありがたいという気持ちを抱かざるを得ません。しかしです。ありがたいのですが、もう少し日本語の使い方に置いて何とかならないのかというのが率直な感想です。台湾人にはそれが日本製であると思わせる事が出来ても、日本人なら一目見ればそれが偽りの日本製である事が分かってしまいます。技術提携などもされていない事は、その日本語の誤りから明らかなんですね。このコーナーはそうしたおかしな日本語を探してみましょうというコーナーで、ウチに来た留学生にその誤りを見つけて貰い、アップしようと考えています。これは決して台湾を揶揄するというものではありません。根底に流れているのは感謝の気持ちなんですが、我々日本人もここ台湾で、何度ティンプトンと言われたり、大爆笑を誘った事でしょう。そのことは外国人がその国の言葉を使う時にありがちな問題なんですね。これは結構楽しい作業で、もしかするとこのHPのメインになるのではないかと思うほどです。こうしたおかしな日本語に関してのリンクを募集しています。変な日本語見つけた人ご一報下さい。喜んでリンク致します。一緒に盛り上がりませんか?   この情報はこれから充実させてゆきますのでご期待下さい。
「しいたけやんべい」・・・何じゃこれは?:
まず、最初にご紹介するおかしな日本語は「しいたけやんべい」です。何のことだか分かりますか? 食べてみると椎茸の味がしておいしいのです。この写真を見て下さい。これが「やんべい」です。頭の良いあなたですからすぐに分かったと思いますが、これは「せんべい」の誤表記です。"せ"と"や"が似ているでしょう?推測するに最初はせんべいでしたが、印刷段階でやんべいに変わっちゃったんですね。
せんべいならぬやんべい
「サシユイモ チシプス」・・・これは分かるでしょう。:
この手の間違いが多いようです。マとユ、シとツ、こうしてみると我々日本人は結構微妙なところできちんと書き分けていたんですね。この手のもので忘れられない傑作は、スソッパです。スリッパの上の透明な包装に書かれていたので、迷う事はありませんでしたが、みんなで大笑いしました。リとソは確かに似ていますね。この活動は築き上げる事はありませんが、結構盛り上がります。場所と時をわきまえないと台湾人からひんしゅくを買ってしまうかも知れません。おかしな日本語募集中です。
さつまいもならぬさしゆいも
「一番良ぃづしセェト」・・・これは傑作です。もしかすると今までの最高作品です。:
これほどすごいのはあまりありません。発想の転換を図らないと正解が出てきません。この答えは写真の上にマウスを置くと現れます。2008年冬季に留学している宮崎県から来た角田君の投稿です。賞金制度があれば1万円くらいの賞金を獲得できたのですが、そんな事をしていないので残念です。スーパーでパシャパシャやらないで、買ってきてから撮って下さいね。こんなおかしな日本語が堂々と商品の包装に書かれてしまう台湾って本当におかしな所です。そんな台湾が大好きです。
一番良ぃづしセェトならぬ一番良いプレゼント
.
これもかなりです:
もしかすると台湾の人は日本語の意味などどうでも何でも良いのではないかと思えてきました。「チョコレートは脆いですか子」。我が家では、この最後の「子」が実際は何なのかが問題になりました。「ね」ではないかという意見は「こ」を「ね」と読む事から、さもありなんです。しかしここは単純に「?」の間違いではないかという事にしておきます。クエスチョンマークは英語でも日本語でも中国語でも同じじゃないかという意見もありましたが・・・。左下の「香の脆くて良い味・香ばしいアルコールは濃厚で甘くてねばねばしません。幸せな時間を分かち合います」。このコピーは買う気をそぐような効果があると思います。訳あって 私は買いましたが・・・。
脆いチョコレート
.
「スラーも味」・・・この答えはなかなか出ませんでした。:
スラーも味・これが何かの日本語の誤りであることは確かですが、何であるかが「奇妙な日本語研究会員」(阿甘の学生で構成される}にとって永遠の謎でした。しかし、今やこの秘密も解明されています。そんなに簡単に説き証しをしてはつまらないので、このページのどこかに記しておくことに致しましょう。それではご自分で答えを見つけてくださいな。
スラーも味
.
手の乳液を洗います・・・手が溶けちゃいそうです。:
これは2012年の冬季に留学している上妻さんの持ち込んで来たものです。手が溶けちゃいそうだと言ってました。ビタミンEが配合してあり、台湾人ならほとんどの人が知っているカワイーに関連させてKAWAEというシャレも使っています。雰囲気と言いまるで日本製ですが、我々の目はごまかせません。
手の乳液
.
特製の・・・そこで切るなよ。:
これも上妻さんの持ち込みですが、ハで切るとは、あまりにいい加減でチミツではなくなってしまうというものです。確かにデザイン的には、この帯はこのくらいの長さと幅の方がいいと思いますが、そこで切ってはいけませんよ。特製風味で改行してハチミツ・マスタードとかいろいろあるでしょ。あれ、タマネギはどこへ行っちゃったんですか?
特製のハ
.
なんだか分かりません。:
これも上妻さんの投稿ですが、これを使えば芸能界にデビューできるほどきれいになるものらしいです。袋の裏にも日本語が書かれているのでそれを見てみないとなんだか分かりません。
芸能界協力推薦
.
やはり分かりません。:
袋の表を見ても、一体中に何が入っていたのか理解不能です。これは現物をアップして貰わないといけませんね。それにしてもこの日本語は形容動詞の使いすぎです。いろんな、立派な、有名な、精確な、厳格な、完璧な、適当な、綺麗で、上品な・・・・知っている形容動詞を全部使っているかのようです。でも、先端は名詞だから先端なはだめね。完璧な美容スタイルを求める為に、適当な化粧アクセサリを採用する必要がある、(ここは句点ね。)それで、初めて綺麗で、上品な顔に出会える。・・・・適当じゃあ出会えないと思う。
形容動詞の使いすぎ
.
芸の界に美しい協力に推薦するものとは:
角質取りでした。これで角質をこすり取っちゃうと、芸の界に入れるの? この宣伝を頼まれた人もそんなことちっとも思っちゃいないけど、頼まれたからには何かを書かなくちゃと使命感に燃えたのね。勿論買う人も何が書いてあるのか分からないけど、この角質取りは日本製だから、きっとよく取れるのね・・と思うのかもね。
角質取り
.
その他ヘンな日本語・おかしな日本語・奇妙な日本語沢山あります
ホームセンター編 ・ お菓子編 ・ スーパーマーケット編 ・  町で見かけた日本語編

.
おかしな日本語、奇妙な日本語に関するサイトとの相互リンク: リンク:ここにあるリンクは全て阿甘語言中文科が管理し運営するHPです。情報をご活用下さい。 バナナボート
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
台湾留学で短期間に中国語のトップに戻る
スラーも味←ステーキ味