台湾で日本語教師の仕事をするには?

日本語教師の仕事: 台湾か中国で日本語教師をしませんか?
 台湾に来た人はその夜市のエネルギーに圧倒され、豊富な食べ物の虜になり、新鮮な果物に魅了され、温和な気候に歓迎され、嫌われていると思ったら好かれている事を知って感激し、その他諸々で、もう日本に帰りたくないと思ってしまうようです。海外にいる人が自分の資力が尽きそうになると誰もが考えるのが 日本語を教えることかも知れません。なるほど台北や台中、台南や高雄などの大都市にはたくさんの英語と日本語を学ぶ事の出来る語学学校があるので、そこで働く事が出来るだろうと考える訳です。でもたいていの人の考える事は同じですから、競争はかなり高くなります。代表的な語学学校として、地球村、世界村、科見、そして永漢などがあります。いつも新聞広告で日本語教師募集をしています。それは一見、日本人に対して日本語教師の仕事がありますよと言っているかの様ですが、台湾人に対しての日本語を学びませんかというメッセージでもあるので、求人の必要のあるなしに拘わらず行われているようです。又、それだけ教師としても歩留まりが悪いのかも知れません。当然その募集に応じる人たちもいて、面接のプロがセレクトしています。以前、日本人の留学生がそれほど多くなかったときには、募集は即採用と言う位に日本語教師の職を得る事は難しくなかったようですが、現在留学ブームが起きて、たくさんの日本人が留学しているので、少ないパイを奪い合うという状況になっています。又、日本にある日本語教師養成校では日本語の教師の資格を得る事が職を得る事に繋がる事をアピールしたい為に、台湾の語学学校との提携関係を強めようとしているので、そうした提携関係が出来ていて、日本で教師を採用して彼らを台湾に呼ぶという方法も採られているようです。何れにせよ、欠員が生じた時のみの採用であり、常態的な教師不足があるというのではありません。それを勘違いしてしまうと、幾つも受験していつも不採用になっていると言う事になります。 要はタイミングなんです。欠員があれば現地採用します。台湾は日本よりずっと学歴社会で、日本人がここで仕事を得るには大学卒業である事が求められます。つまりどんなに中国語が上手くても、大学を出ていないと採用はありません。私の知人で中国語の達人がいましたが、この壁に阻まれました。ステキなタイミングと大卒の大前提の他に、激しい競争を勝ち抜くのに中国語が話せるという事は無視出来ない要素です。成る程直説法という教授法があり、一切の他の言語を媒介語として用いずに、日本語だけを用いて日本語を教えるという方法が採用される事もありますが、中国語を用いて日本語を教えるというのも効果的な教授方法なのです。日本で採用されて台湾に派遣される日本語教師養成学校を出てきた教師は、中国語を殆ど話せませんが、台湾の語学学校で中国語を学んだものは、この中国語を話せるのがセールスポイントになる訳です。
.

Tweet←このボタンはツイッターで話題にすることができるものです。
←このボタンを押して下さると、あなたがgooleに対してこのページを推薦してくれたことになります。 地球村 アルバイト
日本の語学学校で日本語を教えるには、日本語教師としての資格が必要です: しかも、日本には日本語教師の仕事が殆どありません。就職先がないのです。
 以前は日本語教師の資格が無くても、英語や中国語などの外国語が出来るならば、日本語教師としての仕事を得ることが出来たかも知れません。事実わたしの友達も、外国語が出来ると言うことで日本国内の語学学校で日本語教師をしています。しかし、それは昔の話で、今、そうした日本語教師の資格が無いならば、日本語教師になるのは恐らく難しいかも知れません。又、420時間の講習を受けて見事その資格を得たとしても、限りある語学学校に於いて教師の職を得るのは簡単なことではありません。そうした養成校を卒業したとしても、得られたのは資格だけと言う方は少なくないはずです。しかし台湾では日本語教師の資格は特に必要ではありません。上の右側の写真は2009年5月5日から(実は明日)開く日本語会話初級クラスですが、そのOsamu先生とは実は私なんです。自分の学校で日本語を教えていますが、ウチの学校でも授業をしてくれませんかという要請を受けて、他の学校でも週に2時間だけ教えることになりました。日本語教師の資格はありませんが、日本語教師をすることが出来ます。公立の学校からも教えてくれないかと時々打診されます。
.
台湾では日本語教師の資格は絶対必要条件ではありません:
 絶対必要条件となるのは大学卒業の資格です。そして大学卒業証書のコピーがそれを証明するものとして求められます。つまり、実際に大学を卒業していても、卒業証書のコピーを提出出来ないと、大学卒業とは認められないのです。大学は卒業証明書を請求により送ってくれるかも知れませんが、必要とされるのは大学卒業証書のコピーなのです。この絶対条件を満たさない限り、台湾では日本語教師の仕事に就くことは出来ません。
.
とはいえどんなことにも例外はあるものです:
 実は、この絶対条件として上げた大学卒業の資格さえも、なくても日本語教師にはなれるのです。余程の条件が重ならない限り無理ですが、実際、私の知人は高卒でしたが、見事日本語教師の職を得ることが出来ました。彼女は中国語がある程度出来ましたし、日本語教師としても実践を積んでいましたから、日本語教師を紹介して欲しいと知り合いの語学学校から依頼された時に、「中国語は出来るし、日本語も教えられるんだけど、大学卒業の資格がない」と答えると、それでも構わないと言うことでした。どういう事かと話を進めて行くと、大学の本科生として入学して、アルバイトという形で雇うと言うことでした。大学の外国人枠があって、入学が可能で、本人もそれを望んでいて、なおかつその様な学生を雇うという語学学校があれば可能であると言うことです。その場合の居留証は大学から出るので、語学学校はきちんと届け出をすれば大学生をアルバイトとして雇うことが出来るのだそうです。こんな事は普通あり得ないのですが、実際にあるのですね。でもここでも鍵となるのはその人が中国語をかなり話せて、更に日本語を教える能力も備えていたと言うことです。台湾にいてフットワークが軽かったと言うこともあります。2匹目のドジョウはいないかも知れないケースではありますが、強い願いがあれば道が開かれることがあるのだと言うことを学べました。日本語教師がやり甲斐のある仕事だと喧伝されて、それを目指そうと、大金をはたいて、又多くの時間を費やして資格を手に入れますが、実際には日本語教師は夢の仕事などではありませんし、又、資格があってもその職に就ける人はほんの一部に過ぎないと言う厳しい現実がありますが、タイミングさえ合えばいとも簡単に転がり込んできたりもするのですね。とはいえ、ここに紹介した台湾の大学の本科生になってから、語学学校でアルバイトするという事は非現実的です。というのは一般の学生に混じって大学の本科生になるのは、本当に大変で余程の能力がなければ進級は不可能です。まず、中国語のかなりの達人であることが前提なのです。又、その様に大学に入ったとしても、雇ってくれる語学学校を探すのは至難の業です。日本語教師をしたいという人は沢山いるので、学生を雇うまでもないからです。とまれ、語学力、そして自分を売り込む特別な能力があると思われるなら試してみることはできるかもしれませんが・・・。
.
  
少ないとはいえ台湾の方が日本語教師になれる可能性があります:当校で中国語を学んだ方で台湾で日本語教師をしている人が何人かいます。
 何故かというと、日本の場合、日本語教師の仕事をする人にとって、それはかなり長期間、もしかするとその人の一生の仕事である可能性があります。語学学校が林立して、弱い学校が淘汰されている状況下で、新たに日本語を教える語学学校が設立されたり、学校内に於いてクラスが増やされるという事は考えられません。となると、毎年膨大な数の日本語教師の資格試験に合格したり、420時間の研修を終えた人たちがいますが、彼らにとって、教師を辞めて行く人たちの後釜に座るより他に道はないと言う事になります。資格は取ったものの、就職先がないという現実があるのです。日本語を教えるというしっかりとした目的意識のある人が就業先がないので日本語教師になれないというのは非常に残念です。語学学校が飽和状態にあるという状況は台湾とて同じです。語学学校は雨後の竹の子のように出来ますが、淘汰が進んで、力のある学校しか生き残る事が出来ません。日本語教師も一定の飽和状態にあり、その意味でバランスが取れていて補充の必要が生じた場合以外に就職の機会がありません。しかし、台湾で日本語教師をする日本人はそれをそこで一生続けて行こうと考えている人はいるとしてもごく少数です。1〜2年の楽しい海外生活を経験したら日本に帰ろうとしている人がかなりいます。中には長く留まろうと思っていても帰らざるを得なくなる人が沢山いるのです。ですから後釜の補充が次から次と生じているのです。ステキなタイミングがしばしば起きるのです。そのタイミングを捕らえられるかどうかが鍵となります。台湾の場合、日本語教師になるというのは、それ以外の仕事ができないからで、いわゆる先生しかできないというデモシカ状況の産物ですが、それ故に交代が早いので、皮肉なことに日本より台湾の方が教師の職が多いのです。
.
捉えるべくして捉えたと言う人もいます:
 彼女は日本語教師になるという明確な目的を持っていました。いつからその様な目標を定めたのかは分かりませんが、当校に中国語を学ぶためにやってこられました。そして、帰国後に通信講座で日本語教師の資格を取り、学校の推薦という形で、台湾の高校の日本語教師になりました。元々大学は英文科卒業でしたから、媒介語として英語を用いることが出来ます。更に加えて中国語を学びました。そして日本語の教授法を学ぶと共にその資格も得たのです。こうした準備を見ると、彼女が高校の日本語教師として赴任することが出来たのは偶然ではなく、それは正に勝ち取ったものであるように思えます。一体どれくらいの人がこのような着実に歩を進めることが出来るでしょうか。しかしこうした努力をすれば道は簡単に開いてしまうのかも知れません。
.
   
もしかするとあなたは日本語教師の資格を持っていないかも知れません:
 台湾なら、そうした資格は入りません。尤も日本語教師養成プログラムで教えている様な、日本語教師が必要としている能力は必要です。それは自分で学ばなければなりません。そうしたスキルがないと自分も苦しみますし、そんな実力のない教師から教えられる外国の学生も可哀想です。ここで強調しているのは、ただただ日本より海外での方が日本語教師の仕事は可能であるということです。しかもその場合には日本語教師の資格は殆ど関係ありません。ないよりは有った方が就職にちょっと有利という程度のものでしょう。元々、日本語教師の資格を与えるプログラムは、日本に来て日本語を学ぶ多国籍の人に対して日本語をどの様に教えるかを考慮して作られたものであって、外国の地で日本語を教えることは意図していなかったと思われます。台湾で日本語教師をすることは中国語が出来なければなりません。それが出来なければ、どうして説明を加えたり例証したりすることが出来るでしょうか。多国籍ならば、その学生たちは教師が自分の國の言葉で説明してくれることを期待したりはしませんが、台湾で日本語教師を行う場合は台湾人の学生は分からないところを中国語で質問し、中国語での説明を求めるでしょう。それで直説法と言われる日本語を使って説明することは受け入れられないと思われます。台湾では中国語のできる人が日本語教師の職を得られるという理由はここにあります。そうした言語能力に加えて、日本語教師の資格や技術以前に求められるものがあります。それは大学の卒業証書です。卒業証明書ではダメで、卒業証書のコピーが必要です。台湾では日本語教師はいささか過剰気味で、良いタイミングがないとその職を手に入れるのは難しいのですが、コツコツと語学学校を訪ねて自分を売り込めば、不可能なことではありません。この売り込みには中国語が出来ることが関係するように、日本語教師の資格があっても中国語が出来ないならば、折角そうした資格を取ったとしても日本語教師にはなれません。実際、当校の卒業生の幾人かは、日本語教師の資格はありませんが、そのようにして台湾で日本語教師をしています。かくいうわたしも日本語教師の資格はありませんが、日本語を教える学校を開設し、その学校に雇われる形で日本語教師をしています。当校の卒業生で、今、台湾で日本語教師をしている人も一部を除いて日本語教師の資格を持っていません。この資格はないよりもあった方が有利くらいのものです。
.
日本語教師の資格は入りませんが、工作証と言われる仕事ビザを取得する必要があります:
 台湾は不法労働に対して厳しく対応しますので、正式に仕事(労働)ビザを取って働かせてくれる語学学校をお勧め致します。ある人はノービザで3ヶ月の滞在が可能なために、3ヶ月働いて、日本や香港、又タイ国などに出て、戻ってくることにより3ヶ月働くというような形を取ろうとしますが、語学学校は、かつて何度もそのようにして仕事ビザなしで人を雇うことにより厳しく罰せられているので、そう言う形態での雇用はしないと思われます。またどこかが募集して、それに応じた人をアシスタントとかアルバイトのような形態で雇ってくれたとしても、移民局の目が光っているので、募集した方も応じた方もすぐに見つけられてしまいます。無給でのアシスタントであれば、罰せられる理由はないかも知れませんが、多少でも金銭を受け取ると、それが給与と見なされると不法労働に当たります。そのようにして不法労働を行うと、それはコンピューターにしっかりと個人情報として書き込まれて、多額の罰金や強制退去どころか次の入国を拒否されますので、正式な雇用契約を結ぶ必要があります。そして、応募する日本人は沢山いますので、いわば、語学学校側の選り取り見取りという状況にあります。それ故に給料もそれほど高くありませんが、それでもふつうの台湾人の倍くらいになるかも知れません。台湾ですと、マクドナルドでのバイトの給料ですが、1時間あたり80元くらいです。日本人が日本語教師をする場合の給料は1時間250元から300元くらいです。日本人がするとしたら最低このくらいの時給は必要です。そうした状況下で的確に日本語教師の職を得るには、自分を売り込める語学力と日本語教師としての何らかの経験が必要かも知れません。自分は今まで何人もの人を教えてきたと言いきれるなら採用者を動かすことが出来るかも知れません。それで、言語交換というような形でも台湾人や中国人に日本語を教えたと言えるような経験をしておくことは大切です。わたしが台中で日本語教師の仕事に応募した時に、採用担当者は「では、今、ここでわたしに動詞の5段活用について説明して下さい。」と要求してきました。全く日本語教師の経験がないと、どぎまぎしてしまい、その要求に応えるのはかなり難しいかも知れません。勿論、全部日本語でも良いのですが、中国語を交えて教えることが出来るならば採用される可能性はより高くなります。そんな問題が出されることを予め意識しておくのは良いことかも知れません。
.
語学学校が応募してくる日本人を慎重に選ぼうとするのにはわけがあります:
 なぜなら、もし、募集して採用と言うことになれば、その学校は行政院労工委員会に対して、工作証と言われる、仕事(労働)ビザの発給を申請してくれます。仕事ビザこの申請には沢山の書類を提出しなければなりません。申請して許可が出るのに2週間くらい掛かります。それからその工作許可証すなわち仕事(労働)ビザを当地の移民局に提出すると居留証が発行されるのです。学校側が応募する人たちを注意深く選ぶ理由はここにあります。折角仕事ビザを申請して、それが受理されたのに3ヶ月ないし半年くらいで辞められたのでは大変だからです。それで学校側はなるべく長時間そして長期間働いて貰おうとします。しかし、大抵の日本人は観光気分出来ているためになるべく少ない時間働こうとするので、両者の食い違いが早期退職と言うことなどに繋がってしまうのかも知れません。また。教える技術がないと生徒からの不満があり、一人抜け二人抜けという形で経営が成り立たなくなってしまします。もしかすると日本語教師の方が行き詰まって授業が出来なくなったり、そうしたストレスから病気になったりして帰国と言うことが生じたりします。学校側は良い教師を求めて、慎重に人選しているのです。まぁこれはお互い様ですよね。互いに持ちつ持たれつ相互に益を与えて行かねばなりません。実際、仕事ビザの発給はかなり面倒な仕事です。そして法律の定めにより、仕事ビザを必要とする外国人を一人雇う場合には、台湾人も一人雇用しなくてはなりません。そう言う事から、語学学校は仕事ビザを申請する必要のない、既に居留証のある駐在員の奥さんとか、駐在員のアルバイト、また台湾人と結婚している人を雇いたがるのです。
.
人材銀行を利用して日本語教師の仕事を探すのも良い方法です:
 もし貴方が幾らか中国語が出来るなら、インターネットで台湾ヤフーを開き、「人力銀行」と入力して捜せば沢山の人材銀行が見つかります。1111人力銀行とか、台北人力銀行とか104人力銀行等です。例えば 104人力銀行を開いて、そこにある必要事項の中から該当するものを選択すれば、沢山の日本語教師の仕事を見つけることが出来るでしょう。関鍵字とはキーワードのことですから、そこに日本語教師と記入するのです。会員になるにはパスポート番号でも良いようですからこの際会員になり、ちょくちょく覗いてみるのは如何ですか? そこから直接履歴書も送れます。わたしもかつて台中にいた時にココを利用して日本語教師の職を得ました。結局、最終的には澎湖島に移動し自分で日本語学校を造り、そこで日本語教師の仕事を始めたので、その後アクセスすることはありませんでしたが、その場にいながら台湾各地の情報を得られたので、机上でのちょっとした就職活動に弾んでしまったことを思い出しました。以前は語学学校が日本人の人材を求めていても、政府の立案でなかったりしたら、なかなか労働許可が下りずにご破算になることも多かったのですが、これからワーキングホリデーの関係で多少下りやすくなるに違いありません。とりわけ日本語教師は日本人が一番適している仕事なので、競争も激しくなるかも知れません。語学学校にとって仕事ビザを申請すると言うことはとても厄介なことのようです。それで、そうしたビザを出さなくても済む、現地人と結婚して居留ビザを必要としない人や、日本企業に勤めていて、アルバイトで教師をしてくれるような人はすぐに仕事を得られます。さらには、募集があったならすぐに応じられるフットワークの良い人が日本語教師の仕事を得て行くに違いありません。当校で中国語を学び、又、日本語教師としての訓練を受けている学生に対して、この学校にいる時から、就職活動をすることを勧めています。台湾の各地にある語学学校に対して履歴書を送り、面接をお願いするのです。相手が受けてくれるなら学校を休んでも面接を受けて見るのです。このような積極的な関わりをするなら、台湾での日本語教師は現実のものとなるかも知れません。
.
手紙を書きまくる
中国大陸なら日本語教師になれるチャンスが大いにあります: 当校出身の多くの方々が現在中国大陸で日本語の先生をしています。
 日本や台湾では日本語教師が余っているので、そうした中で日本語教師の仕事に就こうというのはかなり難しいのですが、大陸では少し事情が違うようです。何しろ10億を越える人がいるのです。そして日本に行ってお金を稼ぐというのが、大勢の中から抜け出す方法となっており、その結果として、日本語学習ブームが起きています。あれだけの人口ですから、語学学校が幾つあっても足りないと言うような状況下で、雨後の竹の子のように設立されているようです。しっかりとした中国語が話せて、中国人に日本語を教えた経験や技術を持っているならば、容易に日本語教師の職を得ることが出来るようです。当校で中国語を学んだ何人かが大陸で日本語教師をしているのですが、台湾の様に大学卒業の資格が問われたり、正式な仕事ビザを必要とするか否かについても厳格ではないようです。勿論、日本語教師の資格も入りません。必要なのは実力です。それがあれば日本語教師になれる可能性がどこよりも高いようです。給料は高くありませんが、他の仕事よりはましです。実際に大陸で日本語教師をしている阿甘語言中国語科の卒業生は沢山いるので、ただの有資格者を送り出している学校と異なり、実際の教師を送り出していると胸を張って言うことが出来ます。日本語学校の教師に取って中国語は必要な媒介語ですが、それに加えて日本語の教える能力も欠くことが出来ません。この点でも、当校は日本語学校も併設しているので、そのような希望を持たれる方は、授業を参観することが出来ます。日本語教師が、台湾の人たちにがどの様に中国語を教えているのかを、目の当たりに見るのは良い経験と言えるかも知れません。希望される方は、入学申し込みの際にそのことをお知らせ下さい。日本語教師アシスタントとして、実際に授業を行ったり、補助したりする事が出来ます。実力さえあれば授業の相当部分を扱ったりする人もいます。こうした経験は自分が日本語教師として独立するための良い基礎になるに違いありません。
.
中国大陸では文法の教師は中国人で、日本人は会話を専門で教えます:
 繰り返しになりますが、台湾で日本語教師をする場合は、中国語が話せないと難しい可能性が大です。ちょっと考えてみれば分かることですが、相手が殆ど日本語を話せない環境の中で、日本語だけを使って教育することがどれほど難しいことかは想像に難くありません。日本ある日本語の語学学校で外国人相手に、日本語を用いて日本語教育を行うのとは全く異なっているからです。台湾の場合は、語学学校と言うよりも、日本語の教室という感じですので、教師が専門化していません。日本人教師が日本語会話だけを教えるというのではないからです。それに対して中国大陸では台湾の語学学校と比べると学校の規模が大きく、科目制が採用されています。それで、日本人の教師は日本語会話などの科目の教師を担当することが多いようです。それは日本語だけを使って話すことが要求されると言うことですが、日本人が中国語を使って文法などを説明できないことが関係しています。もちろん中国語が流暢ならば、文法や貿易実務などの科目も担当することができるわけで、就職の機会も多くなります。実際、日本語を教えるときに日本語だけを使って教えるのはかなり厄介です。中国語を使った方が楽なのですが、会話科では日本語以外を使わないで話すことが要求されます。例えば、「白々しい」とはどういう意味か後の質問を受けたとしますと。それは「しらばっくれていること」だと説明すると。「しらばっくれている」とはどういう意味だとまた質問を呼んでしまいます。それで、「白々しい」とはうそであるとか真心がないとかいうことが、はっきり見えることだと教えます。また、それは知っていて知らないふりをするようすであると説明するのです。それから、例を挙げて「白々しい」と言う意味を理解させるのです。難しい言葉を使わないで説明する能力が要求されます。もちろん職を得るためには中国語をばりばり使って自分を売り込める中国語力が必要ですが、授業では幼稚園児と話をするような心構えでいる必要があります。
.
日本語教師という仕事:
 手段と目的とは違うものですが、同一視される傾向があります。例えば、小学校の卒業の時の将来の目標を記したりする時に、「パイロットになる」とか「医者になる」とか「看護婦さん」などと書く事があります。職業は生活をして行く上での糧を求める手段でしかないのに、目標になっている訳です。そう言う意味ではどんな職業でも、それは手段であり、自己実現とは別のものだと割り切る事が出来ますが、生活の糧を得るために、お金を稼ぐ手段としての仕事も楽しかったり、やり甲斐がある方が、或いは効率の良い方が望ましいかも知れません。短絡的ですが、辛いよりも楽しい方が、やり甲斐がないよりもある方が、非効率的よりも効率的の方が良いはずです。そうした観点で日本語教師という仕事を見てみますと、かなり魅力的です。なぜなら日本語を学ぶのは外国人ですから、グローバルな仕事つまり今社会が必要としている仕事と言えます。そして、学生たちは日本語をものにするという目的を持っています。そうした明確な目標を達成するように助けるのが日本語教師の仕事ですから、その成果を直接見る事が出来ます。部分ではなく全体を見る事が出来るのは嬉しいですね。さらに教える立場で人に係わる事が出来るというのは、大きな特権でもあります。日本人と言うだけでこの特権に預かっているのではなく(日本人でも日本語を教える事は難しいのです)、日本語を教えるスキルを持っている専門家として、自分の能力を分け与える事が出来るのです。卒業生たちはやがて色々な場面で日本語を活用して行くのを見る事が出来るのも日本語教師としての喜びを増し加えてくれるかも知れません。給料はそれほど高くありません。また、一日に6時間以上働ける仕事ではないようです。結構疲れますし、上手にしないと喉を痛めてしまったりします。それでも自分が必死になって学生とコミュニケーションを図っているので、気が抜けない仕事です。それをやり甲斐があると表現出来るのかも知れません。この仕事のお陰で大好きな台湾に留まっていられるのも嬉しいですね。ここに来て7年になりましたが、多くの人から「老師!」「老師!」と行く先々で声をかけられます。台湾の社会では新参者なのに、この仕事を通して多くの知り合いが出来て行きます。学校の先生のように重々しいのではなくて、気軽に自分の好きなことに関しての教師に対して親近感を膨らませてくれるのかも知れません。こういう魅力があるので給料が低いにも拘わらず人気があるのでしょうね。日本語教師の資格を持っている人はこの仕事について明確な目的意識を持っているに違いありません。
.
しかし多くは最初から日本語教師の仕事を目指したと言うより、台湾に合法的に留まるための手段であるという現実があります:
 或いは留学で台湾人と知り合って結婚した日本人が自分の出来る仕事として日本語教師を行うのも自然なことです。かなり昔の日本の高度成長期には、他の仕事にありつけなかった人が仕方なく先生になった時期がありました。それでその当時、教師になった人をデモシカ先生と言いました。「先生デモするシカない」と言うことから来ているのですが、台湾の日本語教師も同じようなものです。仕事が限定されている日本人にとって、先生デモするシカないのですが、やってみてこの仕事の魅力に気が付くと言うことが多いのです。台湾の逢甲大学の語学センターに留学していたときに、同級生だった韓国人が「日本人がうらやましい。日本語の教師が出来るのだから」と言っていたのを思い出します。台湾では英語と日本語学校以外は存在しないのです。台湾人から歓迎されていると言うことをひしひしと感じるうちに、日本語教師としての自覚が芽生えてくるのかも知れません。
.
細木真理
当校は日本人に中国語を教える学校ですが、台湾人に日本語も教えています:日本語教師アシスタント募集
 それで、日本語教師をするために中国語を学ぶという人を特別に歓迎したいと思います。ここで中国語を学びながら、日本語教師のアシスタントをしませんか?残念ながら、学生は台湾で仕事が出来ないので給料のない無給のボランティアですが、アシスタントですから、教室にいて、台湾の人にどの様に日本語を教えることが出来るのかを目の当たりに見ることが出来ます。もしも中国語や日本語を教えることに何らかの技術があるならば、授業の相当部分を扱って貰うことも可能です。そしてここにいながら、台湾各地の日本語学校に手紙を書いて、正規の教師として、又は、ワーキングホリデーで働くことが出来ないかを打診して、仕事を得るための活動を行うことが出来ます。いわば現地にいるわけですから、就職活動は断然有利で、話が進みそうであれば土日や午後からの時間を利用して、面接を受けに行くことも可能です。勿論ここでのアシスタントとしての履歴は日本語教師としての履歴として、履歴書に書き込むことが出来ますし、自分が日本語教師としての経験を持っていることを、就職を希望する日本語学校に対して、口頭でも主張することが出来ます。そうした経験の有無は就職に対して非常に有利で、採用を決定的に左右するものとさえなります。採用担当者からそのような問い合わせがあった時には、確かに当校で教師として働いていると返答いたします。そうした希望をお持ちであれば、若干名を日本語アシスタントとして受け入れたいと思います。留学希望の申込書に日本語教師アシスタント希望とお書き下さい。ただし、この過程では午前中の授業の他に、夕方からの日本語の授業の幾つかに参加出来ますが、給与の支払いはなく、ボランティアであること、また、就職活動についてのアドバイスや然るべき援助は行いますが、就職を保証するものではないことを予めご了承下さい。又、一教室一名のアシスタントですので、全てを受け入れられないことも予期して下さい。
.
日本語教師アシスタント
ワーキングホリデーのビザを取って来られるなら、: 日本語教師のアルバイトを紹介できるかも知れません。
 もしも日本語を教える能力があるならば、個人レッスンを願う人に日本語を教える仕事を提供します。ノービザや普通の観光ビザで台湾に来られた人は仕事をする事が許されていませんが、ワーキングビザは就労ビザなので仕事をする事ができます。それで、当校で中国語を学びながら、台湾人に日本語を教えるアルバイトをする事ができます。教える自信がない場合には暫く授業に参加して見て、教え方を学ぶ事ができるかも知れません。この写真からも分かりますが、1人一時間150元で同時に二人を教えるならば一時間あたり300元になります。3人なら・・・と言うところですが、3人を同時に教えることは認めていません。二人までです。学校は日本語を学びたいという人を紹介するだけで、金銭のやりとりは当人同士でお願い致しますが、料金は学校の規定をお守り下さい。
.
細木真理
日本語教師関連のリンク:ここから直接リンクしていますので、このページのページランク4のままリンクできます。発リンクも少ないのでSEO的には良いですよ。もしあなたが日本語教師をしているなら是非相互リンクしませんか?
リンク:このリンクは阿甘語言中文科が管理し運営しているHPです。重複している内容もありますが互いに補完しています。 後ろ姿
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
スカイプでお話をご希望なら、メールでお知らせ下さい。
台湾留学して短期間で中国語 のトップに戻る