澎湖島にある日本語表記編

澎湖島にはおかしな日本語があまりありません:
屋外に設置される様な大規模な広告塔には、誤字脱字等は殆ど見られません。それは、大手の広告代理店が翻訳を請け負い、また発注した観光局も何度も確かめたりする為、誤った表記は殆どありませんが、良く探せばあるものですね。澎湖島で見かけた誤った日本語をUPします。
輝かしくない「輝かしきハ奎璧山」:
たったこれだけなんだから日本語で書くのを辞めれば良かったのに・・・。輝かしい奎璧山或いは輝かしいのは奎璧山と訳したかったのでしょうけれど・・。どうするんですかね? これはステンレスで長持ちしそうな案内板ですよ!この看板はともかくここ奎璧山(クェイビサン)は良い所ですよ。山と言って海抜35メートルしかありませんが、レーダーの基地があって物々しいですが、無人です.そこから谷をトラバースするようにして、その山の先端にでて、眼下に見下ろす景色は絶景です。そして目の前に広がる海は、時間が経つと道が開けて海の中にある島に渡ることが出来ます。それは潮の満ち引きによるものですが、その時間に当たると、ものの10分もしないうちに道が開けて、まるでマジックでも用いたかのようです。その道を通って渡ることの出来る島は赤島と言って、そこに行けばその名の由来に納得です。逆に開いていた道がものの十分もしないうちに閉じてしまい、かつて幾人かが溺れてしまったという事故があり、地元の人と渡るようにと言う警告がでています。こうした動きのある風景は興味を倍加させてくれます。お勧めする場所の一つです。
.
輝かしいが正解
阿甘語言中文科の目の前にある飲食街にある看板↓:
日式蓋飯とは丼物の事です。このお店には海鮮丼と親子丼とカツ丼があります。この表記が「カツ丼」又は「かつ丼」であれば文句はありませんが、「丼かつ」はないと思うのです。中国語には有気音と無気音の区別はあるが、清音と濁音の区別はないというのを聞いたことがあると思います。言い換えるなら彼らは「だ」と「た」の区別が付かないので、この「丼かつ」は「トンカツ」の間違いである可能性があります。敢えて言うなら、「和風丼かつ」ではなくて「中華風丼かつ」ですが、60元は安いです。
.
かつ丼が正解
そのお店の前にある日本式のお店↓:
日式平価料理とは日本式の安価な料理という意味で、普通日本式というと目玉がでるくらい高いのですが、ここのお店は安いというわけです。実は前にあるお店と内容がほとんど同じで、共倒れにならないかと心配です。こちらにも丼ものがあり、値段もほぼ同じです。少し差別化がされていて、このお店は日本の物?だけです。看板ですが、菊と楓は日本を象徴しているので、日本の味と言うことになるのでしょうね。この所有を表す「の」は殆ど中国語感覚で使われています。まぁ、間違いではないですが、おもしろい看板です。ちなみに看板というのは元々は日本語の看板のことで、それが台湾語に取り入れられて、台湾語で「カンバン」となり、またそれが台湾の中国語にも影響を与えていて、「看板」は台湾中国語でも普通に「看板」で通じるようです。大陸では通じません。
.
菊と楓の味が日本の味なのですか?
ズーズー弁ではありません。↓:
たいていの人はこの看板を見ると発音がなまってしまっていると勘違いをしてしまいます。だってマッサージなのにマッサーヅだからなまっているでしょう。・・・・とあなたもそう思いますか? しかし、これはその人が東北で長く暮らしたとか、東北出身の人から日本語を習ったと言うのでもないのです。カタカナは非常に間違い日本語を生み出しやすいのです。いわば間違い日本語の宝庫と言っても良いくらいです。我々日本人は角度とか方向、また突き出ているか出ていないかなどを鋭く区別しているのですよ。台湾人は“シ”と“ツ”が微妙に点々の角度が違うことや“シ”が下から上に向かっていて、“ツ”が上から下に降りていることなど分からないのです。それで“ジ”が“ヅ”になっちゃたんですね。小さなことにこだわらない台湾人は、案外、マッサーヅをマッサージと読んでいたりするものかもしれません。2012年留学の山下さんの投稿です。

菊と楓の味が日本の味なのですか?
ここのコーヒーとケーキはおいしいのですが・・・↓:
日本語はよろしくありません。当校は日本語学校でもあるのだから、相談くらいしてくれても良いんじゃないかと愚痴りたくなります。 なんですか、この「持つ外に食を禁じます」というのは・・・。ケーキとかパンとかを持っても良いけど食べちゃあダメと言うの? 中国語の意味は「(店の)外に持って出て食べるのは禁止」と言うことで、全然違うじゃないの!それに外で食べても良いじゃないのと言う気もします。熱食の後に何が書かれているのか後で調査しますね。2012年留学の山下さんの投稿です。

外に持ち出して食べないで下さい
同じお店のウインドガラスに張られているメッセージですが、美食区って何区?:
知っていますよ、私も。中国語で区というと区域のことでエリアを表すことくらいは。でも美食区は中国語であって日本語ではありませんね。日本語で「区」というと豊島区とか新宿区のような連想しかありません。せめて区域ですが、ここはエリアを使いたいところです。パン屋さんでコーヒーも飲めるんですよね。では「美食エリアで今、おいしさを楽しめます」なんてのはどうですか?

コーヒーとパンをどうぞ
日本食通りの(なんてのはないのだけれど、ラーメン屋と寿司屋と日本定食屋が並んでいる)蒲公英↓:
蒲公英をなんと読むかを知ってるならちょっと尊敬しちゃうけれど、知らなくても軽蔑したりはしないレベルの難読漢字です。知らなければこの看板を見てよ。カタカナでなくて、ローマ字の方よ。言っとけど、カタカナは間違っているからね。ラーメンはまぁまぁですが、やっぱり台湾の麺はかん水を使ってないのでラーメンではないですね。

タンポポ
ポンフーではなく、どこかの台湾の看板
これは片山さんという方が送ってくれたものです。車が動く看板になって間違いを振りまきまくっていても良いんですかと突っ込みたくなります。カシプ麺と読んだあなた、初心者的間違いをしました。これはカップ麺と読むのです。ついでですが、"ラまい”は"うまい”ですよ。淳さんありがとうございました。

カップ
その他ヘンな日本語・おかしな日本語・奇妙な日本語沢山あります
ホームセンター編 ・ お菓子編 ・ スーパーマーケット編 ・  町で見かけた日本語編 ・ 奇妙な日本語編

.
リンク: 後ろ姿
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
スカイプでお話を希望される方はメールでお知らせ下さい。当方のスカイプ名をお伝えします。
台湾留学で短期間に中国語のトップに戻る