澎湖島で魚釣りを楽しむ

澎湖島での釣り情報:工事中です
かなり期待できます!  澎湖島は漁業が盛んで、多くの魚資源に恵まれています。気候が温暖なので年間を通して色々な魚釣りで楽しめるところです。漁港は解放されていて、日本のように岸壁での釣り禁止というようなことはありません。色々な魚種をターゲットとした釣りが楽しめます。魚釣りに興味のある人、魚(食べる)に興味のある人に情報を提供してゆきたいと思います。澎湖島の岸壁や岩場で取れる魚を紹介します。写真の上にマウスを置くと、その魚の名前が出てきます。ここの魚の写真は終身学習網路(インターネットのこと)教材からお借りしました。
.
ハリセンボン アジの一種か
左:ハリセンボン
沖縄ではこのふぐの皮を剥いだものを味噌汁仕立てにしてアバサー汁として食べますが、皮を捨てています。澎湖島ではこの皮のとげを一本一本抜いて熱湯にくぐらして、冷やしたものを刺身として食べます。こりこりして美味しいですが、この皮は素人ではとても抜き切れません。
右:肉や魚を切る中華包丁に似ていますが、鰺や鯖の仲間と思われます
名前が分かりません。英語でmoonfish、中国語で刀皮です。日本名はないのかも知れません。現在調査中。知っていたら教えて下さいね。
.
.
.
イサキ アオ
カヤガラ
左:イサキ
白身の美味しい魚です。引きも強いですね。
右:アカヤガラ
成魚はもっと赤くなって体調も1メートル越えます。ダツのような魚です。アオヤガラもいます。
.
.
.
モロコシハギ キビナゴ
左:モロコシハギ
餌取り名人です。
右:キビナゴ
シラスやコウナゴにされる鰯の稚魚です。澎湖島では丁香魚と言い、さっと茹でて刺身のようにして頂きます。澎湖島の白沙では丁香魚祭りが行われます。台湾中からシラスやコウナゴの仲買人が買い付けにやってきます。
.
.
.
カゴカキダイ コトヒキ
左:カゴカキダイ
阪神タイガースのような色の魚ですが、焼いて食べると結構うまいようです。刺身でも美味しいらしいです。日本ではあまり食べる機会はないと思いますが・・・。
右:コトヒキ
シマイサキの仲間で成る程縞があります。大きいものは40cmくらいになるそうですが、岸壁では稚魚ばかりです。
.
.
.
アイゴ ミナミクロサギ
左:アイゴ
澎湖島の昼間はこの魚ばかりです。トゲに挿されると飛び上がる程痛いそうです。中国語では腹が臭い魚と書きますが、新鮮なうちに調理すると美味しいです。これの干物をあぶって食べると絶品です。酒粕で釣れるそうですが、澎湖島では未だ試していません。引きが強いので面白い魚です。写真はフィッシャーマンマサさんのです。
右:ミナミクロサギ
サギと言っても魚なんですね。
.
.
.
クモハゼ クマノミ
左:クモハゼ
清流に棲むカジカの親戚です。多分。
右:クマノミ
イソギンチャクに刺されたり食べられたりしない魚として有名ですが。いつも一緒にいる訳ではないんですね。
.
.
.
モヨウハタ トゲチョウチョウウオ
左:モヨウハタ
台湾ではこの魚を石班魚と言い、幻の魚として珍重していますが、それほどうまいとは思いませんが、磯に棲む魚で大量に取れないので高いのかも知れません。岸壁からは良く釣れます。カサゴの仲間です。
右:トゲチョウチョウウオ
チョウチョウウオにも種類があるんですね。確かに背びれがとがっていますね。
.
.
.
トビハゼ テンジクスズメダイ
左:トビハゼ
ムツゴロウかと思いました。多分同じ仲間だと思います。穴の中に潜んでいるんですね。外へ出ては危険を感じるとまた穴に潜ります。
右:テンジクスズメダイ
良く釣れるのですが、小さくて余り美味しくないです。釣りたくない魚です。水槽に飼うときれいかも知れません。
.
.
.
スマ ヤスジチョウチョウウオ
左:スマ
スマとはカツオの仲間で今までずっとカツオだと思っていました。澎湖島では良く市場に並ぶ魚です。タタキにしていつも食べています。
右:ヤスジチョウチョウウオ
数えてみるとその名の通り八つ、いえ七つしかないと思うのですが、七筋しかないヤスジチョウチョウウオ。やはり一度実物を見たら二度と忘れない魚です。
.
.
.
ヤクシマイワシ ウシサワラ
左:ヤクシマイワシ
屋久島鰯なんでしょうね。ウルメイワシに似ています。
右:ウシサワラ
へんな名前ですが、漢字で書くと牛鰆と書くのでしょう。何しろ大きく2メートルくらいのがいます。鰆のイメージが狂ってしまいました。味は絶品で、非常に高値で取引されています。この魚の切り身を油で揚げて、とろみのあるスープで食べる麺は澎湖島の名物です。
.
.
.
ヨスジシマイサキ チョウチョウウオ
左:ヨスジシマイサキ
この魚も一度見れば忘れないですね。なるほど四筋のシマイサキです。
右:チョウチョウウオ
わたしの所は日本語学校なんですが、この魚の呼び方は教科書で学びます。ウの前の音がお段なので、ウがその影響を受けて本来はウなのですが、オになってしまい、前の音を伸ばすように発音しますが、ウオの部分の前の音はウなのでその時は影響を受けないのでウと読みます。それでチョーチョーウオと読むんですよと学びます。日本語って難しいですね。
.
.
.
ヒブダイ
ヒブダイ:
オスはもっと青いので、別種かと思われていたそうです。肉は白身で軟らかいです。このヒブダイから下にある写真は全て吉貝石滬文化館の写真です。澎湖群島の一つ吉貝嶼(嶼とは島の事)には特に石滬が多く、それでここに石滬の文化館が立てられました。これを見てから実際に石滬に行くと興味は倍増間違いなしです。
.
.
.
ダツ
ダツ:
サヨリに似たこの魚は全長1.5メートルにもなり、光に向かって突進する性質があるために、電気を付けて漁をするイカ釣り船にとっては非常に危険です。全身槍のような姿で飛び込んでくるからですが、体に穴が開いたという話があります。
.
.
.
マダラトビエイ
マダラトビエイ:
座布団のような形をして優雅に泳ぐエイには尾に毒のある棘があり、刺されると痛いそうです。澎湖島では特に小門のお土産やでエイの干したものを売っています。焼いて食べるとおいしいです。この手の魚の特徴として少しアンモニア臭があります。
.
.
.
ゴンズイ
ゴンズイ:
ナマズを細くしたようなこの魚は群れている事が多く、岸壁でも良く釣れます。頭部に刺す棘があり、かなり痛むそうです。それに注意しさえすれば美味しく頂けます。
.
.
.
ヤリイカ
ヤリイカ:
ヤリイカは海の中では透明で、つり上げられても暫くは色素が点滅するかのように動いています。そして輝く褐色になり、時間がたつにつれて白くなります。私たちが普通市場で見る新鮮なイカは褐色の者ですが、生きている、或いはつり上げられたばかりのイカは透明なんですね。朝早く市場に行くと透明なヤリイカに出会えます。
.
.
.
イサキ
イサキ:
白身のとても美味しい高級魚イサキも良く釣れます。大きいのは40cmくらいになりますが、岸壁では20cmくらいです。
.
.
.
カマス
カマス:
群れをなして回遊していて、時には石滬(シーフと言う潮の干満を利用して魚を捕る罠)にはいっているのをみることがあります。体長60cmくらいの見事なもので、飛び込んで取りたいと思いましたが、網がないとダメなので諦めました。とにかく美味しい魚です。
.
.
.
カンパチ
カンパチカマス:
超高級魚カンパチも澎湖ではそれ程高くはありません。あまり刺身で食べると言う事がないためです。一般の家庭では刺身は食べませんが、料亭では必ず刺身がでます。台湾人はわさびをこれでもかと言う位溶いて、涙を流しながら食べています。
.
.
.
モンゴウイカ
アオリイカ:
モンゴウイカよりは、背中に白いカルシュームの甲羅がありますが、アオリイカにはありません。澎湖ではこのイカを、刺身で食べる事はなく、なんとイカ団子にしてしまいます。なんと勿体ないと思うかも知れませんが、これがなかなかうまいので許せます。
.
.
.
サヨリ
サヨリ:
日本海にはこのサヨリが群れをなして集まる時期があり、引っかけで面白いほどつれましたが、澎湖ではそれ程の群れはありません。が型は良く30cmを超えるものもたくさんあり、ダツではないかと思うほどです。この刺身は淡泊で美味しいですね。
.
.
.
タチウオ
タチウオ:
中華系の人はこのタチウオが大好きですが、それもそのはずです。良く捕れます。しかし岸壁での釣りはなかなか難しく、あたりはあるものの食いつかせる事は至難の業です。冬の最も寒い時期の夜釣りです。
.
.
.
海龍釣魚場餐店
しかし、時にはなかなか釣れないものです。そんなときはここが良いかも知れません:
海龍釣魚場の前には魚が放流されています。ここなら大抵釣ることが出来ます。さすが真冬は食いが悪いですが、その季節以外なら簡単です。しかもすぐにその脇にある餐店で料理してくれます。ここの老板は日本語が話せますので、いろいろ教えてくれますよ。捕った魚以外にもいろいろな料理を出してくれますから、釣りと料理の両方を同時に楽しむことが出来ます。電話は06-921-7226 携帯0933-338ー815 日本語で申し込むことが出来ます。
.
.
.

Tweet←このボタンはツイッターで話題にすることができるものです。
←このボタンを押して下さると、あなたがgooleに対してこのページを推薦してくれたことになります。
釣りに関する相互リンク:
リンク:ここにあるリンクは全て阿甘語言中文科が管理し運営するHPです。情報をご活用下さい。
バナナボート
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
台湾留学で短期間に中国語のトップに戻る