台湾にも車検制度があります

キンギョ
台湾の車検制度はかなり合理的です:
台湾で日本の免許が通用するようになったので、車を買ってみることにしました。ちょうど7人乗りの安い車があるというので、どれでもいいやと思っていたわたしは7万元という値段に飛びついて買いました。でも10年も乗っていた車なので安くはなかったようですが、ものは試しと言うことで一台置いて見ることにしました。何しろ澎湖島は島なので、あまり車を使う必要はないんです。スクーターの方が便利で、一年中乗れますからね。私は台湾に来て6年になりますが、台湾の車にはフロントに車検のステッカーが貼ってないのと、台湾人が車検の苦労について話すのを耳にしたことがなかったことや、車検制度などがあるのは日本だけだと聞いていたことから、台湾には車検制度がないのだという間違った結論を下していました。車検がないなら古い車でもいいやという事になったのかも知れません。
.
しかし実際には車検制度があって、車検を受けなければなりませんでした:
車のダッシュボードに二つ折りすると名刺サイズになる紙が入っていました。見てみると7月28日が期限だと言うことです。外国人としては何かと違反には弱くて、つまりそうしたことを避けていないと国外退去になってしまうのではないかという懸念から、法律遵守で監理所にどうすればいいのか尋ねてみました。すると・・450元です。すぐ車検して下さいと言うではありませんか。そんなことを言われても、心の準備が出来ていないよーと言っても仕方ないので、その敷地内の検査場のラインに車を乗り入れました。
.
検験室
実は私は日本でユーザー車検のハシリだったんです:
実は私は日本にいたときには何度もユーザー車検を行っていました。未だユーザー車検などと言うものが知られていなかったときに、自分で車検場に持ち込んで車検を受けていました。つまり検査場のラインについては結構知っているんです。しかし、台湾のは全く違うのです。サイドスリップらしきものをそろそろ通るとブレーキテスト、でも、係官が何を言っているか分からない。日本の検査場でもそうですが、専門的な口調なのでそれに反応できないのです。こちらが外国人だと分かったらしく、丁寧に応対してくれました。全行程5分で終了。どうやら、ハンドルに許容量以上のガタ(遊び)があるらしいと言うことで、近くの修理工場に直行して、その修理代が200元(安い!)。再びコースに戻ってOK! 650元で車検が完成です。道理で台湾人が、車検について愚痴をこぼすことがないはずだと納得! しかし渡された紙には半年後の車検の期日が書かれていました。新車は3年、4年から10年までは毎年、10年以降のは半年に一度なんだそうだ。これは厳しい、厳しすぎる。しかし悪い所だけを直してそれで車検が通るとすれば、日本もかくあるべきではないかと思った次第です。そして誰でも簡単にユーザー車検が受けられます。総費用は順調なら450元(1620円)で、修理代を加えても2400円程度でした。
10年を超えた車は半年に一度の車検です:
あれから瞬く間に6ヶ月が過ぎて、1月27日、明日は台湾の農歴の大晦日で車検場は休みです。それで今日中に車検を受けなければ、2月の5日過ぎまで無車検になってしまいます。今日が最後のチャンスです。なんと酷いことかと嘆きながら、今回は民間車検場に行きました。先回のユーザー車検で係員が何を言っているのか分からないまま、車検を受けたその時の遣り取りが、きっとトラウマになっていたのかも知れません。民間車検場なら車を持って行くだけで、そこにいる人が車をラインに入れて、基準に適っているかどうかを見てくれて、もし基準からはずれていたら修理してくれるからです。果たせるかなラインの通過は10分も掛からずに終わり、何も悪いところはないと言うことでした。気になる費用は750元でした。自分で監理局にもって行き、自分で操作するなら450元ですから、代行料が300元であったことが分かります。納得出来る金額です。これなら車検など少しも怖くはありません。むしろ安全点検が済んでこれから半年安心して乗れるというものです。日本の車検制度も少しは見習ったらよいのではないかと思いました。
民間車検場
月日の経つのは早いもので、又あれから半年が経ちました:
ということで、また7月28日の車検の期限を迎えてしまい、7月27日に車検をすることにしました。といってもなんの準備をしたという訳でもありません。ただただ民間の車検場に車を直行させただけです。窓口に汽車行車執照という車検証のようなものと、強制保険に入っていますよというその証拠となるものを提出すると、その車検場の人が車を動かして、所定の検査をし始めました。ものの10分もかからず全ての検査を終えて、750元を払おうとしたら450元だというのです。えっ去年750元払ったので、300元は代行料だと思って、そのことをHPに書いたのに、じゃぁ去年の300元はなんだったの?ということで謎が深まりましたが、とにかく今年は450元で車検が終わりました。こんなに簡単に車検が済んでしまうのですから、台湾人が車検で悩むと言うことがないのが分かります。古い車でも動く限り乗ろうとするのも分かります。いろいろあるのでしょうけれど、日本の車検もかくあるならば非常に気が楽ですけれど・・・・。所用総時間10分・総費用450元(日本円で1400円くらい)
車検証 車検費用
リンク:このリンクは阿甘語言中文科が管理し運営しているHPです。重複している内容もありますが互いに補完しています。 後ろ姿
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
台湾で中国語(北京語)を短期間でマスターしよう!のトップに戻る