中四国学生将棋連盟内規

中四国将棋連盟内規

(対局規定)
(1)本規定は、中四国将棋連盟主催の個人戦、リーグ戦及びその他の棋戦においてこれを適用する。
(2)対局者は、品位と礼儀を重んじ、見苦しい態度や相手をして不愉快たらしめる言動は慎み、
   正々堂々と対局しなければならない。
(3)1.禁手を指した者は、ただちに投了しなければならない。
   2.禁手を指した者がそれに気づかない場合は、対戦者及び立会人、又は観戦者がそれを示すことが
     できる。但し、対戦者及び立会人、観戦者のいずれもがそれに気づかなかった場合は、その禁手が
     指されたことが試合中に明らかな場合を除いて禁手は無効になる。 
   3.千日手は指し直しをする(先後交代)。但し、王手連続の千日手は、王手をかけている方が指し手を
     変えなければならない。
   4.千日手指し直し局も千日手となった場合、半勝半負とする。但し、その場合でもトーナメント戦
      などで勝敗を決定しなければ棋戦の差し障りのある時は、振り駒により勝敗を決定する。

3)3.千日手について
  a.個人戦の場合
    持ち時間をそのままにして指し直しをする(先後交代)。但し、王手の連続の千日手は、王手を
    かけているほうが指し手を変えなければならない。
  b.団体戦の場合
    対局開始後1時間が経過していない場合は持ち時間をそのままにして、また対局開始後1時間が経過
    している場合は持ち時間を両者初手より1手40秒にして指し直しをする(先後交代)。
    但し、王手の連続の千日手は、王手をかけているほうが指し手を変えなければならない。

(4) 1.持将棋は、理事長又は、常任理事が大駒5枚、小駒1枚として数え、王以外の駒数が24枚に満たない
      ものを負けとする。双方とも24枚以上持っている場合は半勝半負とする。
  2.但し、トーナメント戦などで勝敗を決定しなければ棋戦の進行にさしさわりのある場合駒数の
      多い方を勝ちとする。その場合でも、駒数が全く等しい時は振り駒により勝敗を決定する。
(5)遅刻者は、参加資格を失う場合がある。

   遅刻について

      個人戦: 遅刻した時間の分だけ遅刻者の持ち時間を削除する。対局者はチェスクロックを押して
              待つこととする。
      団体戦: 誰か一人でも遅刻した場合、その対局において、遅刻者の所属する団体メンバー全員を負けとする。
※「遅刻」とは「対局者が、あらかじめ決められた対局開始時間に指定された席に着いていないこと」とする。

(6)理事長の指示に従わない者は、参加資格を失う。
(7)着手は、動かされる駒が手より離れたうえに置かれたときとする。但し、駒を盤の上に落とすなどの
   事故はその範囲ではない。
(8)禁手などのルール違反の裁定は、その現場において両者の合議もしくは理事長が常任理事の立会いに
   よって行い、それ以後の抗議は受け付けない。
(9)紛争が起きた時は、理事長、会計、書記、主幹校代表の4名による合議制でこれを裁決する。
   但し、前述の4名のうち紛争当事者と同一校に在学している者がいる場合は、その者以外でこれを
   裁決する。
(10)以上の規定のほかは、日本将棋連盟の対局規約に準ずる。

(棋戦細則)
(1) 中四国大学将棋リーグ戦(リーグ戦)
   1.本棋戦は、本連盟の公式戦であり春秋年2回これを行う。
   2.本連盟加盟大学をA級・B級・B教蕕慮鴇里琶け、各クラス5〜6校編成とする。
     増減は最下位クラスで調整する。
   3.日程・会場は幹事会で決めた主幹校に任せる。
   4.各クラスとも7名対抗のリーグ戦とし、対戦の順番は順位による通常リーグ戦法に基ずく。
     但し、昇降級に関係ないクラスでは3名または5名対抗のリーグ戦とする。
   5.メンバー登録は、ランキング制を採用し選手交代の時は、補欠選手を正選手の下位(7将)の方から
     詰めていく方法で行う。但し、出場メンバーは登録配列順を守る。またメンバーの呼称は、
     大将・副将・三将以下数字称とする。メンバー登録に誤りがあり、それが故意で悪質と判断された場合、
     対局前後にかかわらずそのチームは負けとみなされる。
   6.先後は、上位校の大将が振り駒を行い以下交互になるようにする。
   7.順位は、勝ち点制に従い、勝ち点が等しい時は、勝ち数によりこれを決定する。どちらも等しい時は
     前期の順位に従う。
   8.次期リーグ戦の順位は前回の成績により決定される。

 (賞罰)
第23条 )槝¬舛蓮∨槝¬舛里燭瓩帽弩イ靴燭覲萋阿鮃圓辰燭發里泙燭話賃里鯢従瓦垢襦
     ⊆,旅坩戮鬚靴紳膤悗蓮幹事会の裁定により罰せられる。
          1.本連盟の規約に従わない大学。
          2.所定の連盟加盟費・臨時費・そのほかの費用を6ヶ月滞納した大学。
          3.その他本連盟の活動を損害し、又は、本連盟の活動に非協力的な大学。
第24条 前条の規定になる場合、処分は次の各号1による。
          1.除盟
          2.半年乃至一年間の休盟
第25条 本連盟主催の棋戦において(対局規定)に違反したものは、理事長の裁定により、半年もしくは1年間の
        出場停止に処する。
第26条 ‖24条第1号の規定により除盟に処された大学は、除盟された時より、半期間をおき、しかも幹事会に
          おいて出席幹事の3分の2以上の承認がなければ復連盟することが出来ない。
    第6条第2項により自動退盟となった大学が復盟するときは、幹事会において出席幹事の3分の2以上の
          承認がなければならない。

(機関誌)
第27条 本連盟は、連盟員の意識交流を深め、連盟の活動を広く一般に理解してもらう目的で機関誌「将棋三昧」
        を発刊する。

(棋戦)
第28条 本連盟主催の公式戦は次の通りである。
     1.春季リーグ戦
     2.春季個人戦
     3.秋季リーグ戦
     4.秋季個人戦
第29条 本連盟の棋戦については、別に定める内規に従わなければならない。

(全日本学生将棋連盟)
第30条 本連盟は、全日本学生将棋連盟の構成員である。
第31条 本連盟理事長は、原則として、全日本学生将棋連盟の中四国地区代表を兼任する。
第32条 全日本学生将棋連盟主催の棋戦への本連盟よりの代表及び代表選手は、別に定める内規に従って
        これを決定する。
 
 (補 則)
第34条 本連盟は主催棋戦を円滑に行うため、主幹校を選出する。任期は半期とし、連続して就任する義務はない。

 (改 正)
第35条 本規約の改正は、幹事過半数の出席を得た幹事会で、出席幹事の3分の2の決議により行われる。

 (2) 中四国大学将棋個人戦(個人戦)
   1.本棋戦は、本連盟の公式戦であり、春秋年2回団体戦の後これを行う。
   2.参加資格は、中四国地区に在する大学生で、大学院生は認めない。出場回数制限は設けない。
        但し、本連盟大学以外の者に対しては、指定の参加費によってその参加は認められる。その場合、
        全日本大学生将棋連盟主催の棋戦参加資格はない。(但し、そのような者が日本大学生将棋連盟主催の
        棋戦への出場資格を得た場合、全日本に対して指定の加盟費を払えばその参加を認められる。)
   3.日程・会場などは大会主幹校に任せる。
   4.先後は、それぞれ振り駒によって決定する。
   5.持ち時間は、日程や会場の不都合が生じた場合、大会主幹校及び理事長の判断により変更できる。
   6.三位決定戦は原則として行うこととする。但し、両対局者に正当な理由があり、又、行うことが
        必要ないと判断された場合にのみ、行わなくても良い。

(棋戦細則)
   (3) 中四国大学将棋個人戦(女流戦)
       試合方法は、5回戦のスイス式で行う。但し、参加者数が6名に満たない場合は総当りリーグ戦で行う。
       対局開始時間は優先度を個人戦、女流戦、若葉杯の順として可能な限り早めに開始する。

(中四国学生将棋連盟代表選手選抜規定)
   (1)全日本学生将棋団体対抗戦(王座戦)
      そのシーズンの秋期リーグ戦A級優勝校が出場する。
   (2)全日本学生将棋名人戦(学生名人戦)
    1.春季個人戦ベスト4は、出場資格を有す。
    2.割り当てられた人数が5名以上の場合、残りの選出は理事長に一任されるが、団体戦A級で全勝、個人戦でも
       優秀な成績を残すなど、大会を通じて活躍した選手を優先的に考慮する。
   (3)全日本学生将棋十傑戦(学生十傑戦)
    そのシーズンの秋季個人戦の順位に準じて選出する。
   (4)西日本大会
    1.春季リーグ戦A級優勝校、準優勝校が西日本大会団体戦の出場資格を有する。
    2.主催側から出場の要請、又は許可がある場合は、中四国選抜のメンバーを参加させることができる。
    3.中四国選抜チームのメンバーの選出は、理事長に一任される。但し、団体戦出場校のメンバーとの重複は
       認められない。
    4.春季個人戦ベスト4は西日本大会個人戦出場資格を有する。
    5.割り当てられた人数が5名以上の場合、残りの選出は理事長に一任されるが、前年度秋季個人戦の成績を
       考慮すること。

(段位認定証申請規定)
全日本学生将棋連盟の内規。段位認定証申請規定に基づく。

以上 平成12年5月