中国近代史研究 | ホーム | メール | 研究方針 | 簡略年表 | 人物小誌 | 予備知識 | 題目研究 | 関連書籍 | 研究筆記 |
| 作者紹介 | 更新記録 | 留学日記 | 紫金山房 | リンク集1 | リンク集2 | 近代通史 | 連載企画 | 推奨図書 | 近代風景 |

「第五章:関連資料」「(二)参考文献」

「北洋軍閥考」の参考文献

 

 「北洋軍閥考」は現在進行中の研究であるため、参考文献は随時追加されます。

 

著作
著者
書名
出版社
出版年月
陶菊隠 著 『北洋軍閥統治時期史話』(全三冊) 三聯書店出版社 1983年3月
丁中江 著 『北洋軍閥史話』(全四冊) 中国友誼出版社 1992年12月
来新夏 著 『北洋軍閥史稿』 湖北人民出版社 1983年11月
謝本書 著 『袁世凱与北洋軍閥』 上海人民出版社 1984年6月
李剣農 著 『戊戌以後三十年中国政治史』 中華書局 1965年7月
銭実甫 著 『北洋政府時期的政治制度』(全二冊) 中華書局 1984年5月
張静如・劉志強 主編 『北洋軍閥統治時期中国社会之変遷』 中国人民大学出版社 1992年6月
徐友春 主編 『民国人物大辞典』 華北人民出版社 1991年5月
劉寿林・萬仁元・王玉文・孔慶泰 主編 『民国職官年表』 中華書局 1995年8月
陳旭麓・方詩銘・魏建猷 主編 『中国近代史辞典』 上海辞書出版社 1982年10月
陳旭麓・李華興 主編 『中華民国史辞典』 上海人民出版社 1991年8月
何本方 編 『中華民国知識辞典』 中国国際広播出版社 1992年10月
尚海・孔凡軍・何虎生 主編 『民国史大辞典』 中国広播電視出版社 1991年9月
李新総編 韓信夫・姜克夫 主編 『中華民国大事記』(全五冊) 中国文史出版社 1997年2月
来新夏 主編 『北洋軍閥』(全五冊) 上海人民出版社 1988年8月
章伯鋒・李宗一 主編 『北洋軍閥 1912〜1928』(全六冊) 武漢出版社 1990年6月
杜春和・林斌生・丘権政 主編 『北洋軍閥資料選輯』(上下二冊) 中国社会科学出版社 1981年6月
張侠・孫宝銘・陳長河 主編 『北洋陸軍資料 1912〜1916』 天津人民出版社 1987年10月
焦静宜  『北洋軍閥史研究の回顧と展望』
(『中華民国史研究述略』に収録)
中国社会科学出版社 1992年6月
馮年zhi(左至+右秦) 著 『袁世凱伝』 遼寧古籍出版社 1997年8月
張立真 著 『馮国璋伝』 遼寧古籍出版社 1997年8月
周俊旗・汪丹 著 『段祺瑞伝』 遼寧古籍出版社 1997年8月
陳崇橋・耿麗華 著 『張作霖伝』 遼寧古籍出版社 1997年8月
郭剣林 著 『呉佩孚伝』 遼寧古籍出版社 1997年8月
朱寒冬・王彦民 著 『徐樹錚伝』 遼寧古籍出版社 1997年8月
何徳sai(塞-土+馬) 著 『孫伝芳伝』 遼寧古籍出版社 1997年8月
董守義・王加会 著 『張宗昌伝』 遼寧古籍出版社 1997年8月
高虹・房広順 著 『呉俊昇伝』 遼寧古籍出版社 1997年8月
陶菊隠 著 『督軍団伝』 上海書店出版社 1998年1月
陶菊隠 著 『呉佩孚伝』 上海書店出版社 1998年1月
横山宏章 著 『中華民国−賢人支配の善政主義』 中央公論社 1997年12月

 

 

論文

作者 論文名 掲載元
黄紀蓬 『督弁参戦事務処和督弁辺防事務処』 『歴史教学』1984年第5期
丁長清 『1917−1918年的馮国璋段祺瑞之争並非直皖之争』 『河北学刊』1994年第2期
莫建来 『試論皖系軍閥的形成』 『民国档案』1992年第1期
莫建来 『皖系軍閥的特点及其評価』 『江海学刊』1992年第1期
胡暁 『段祺瑞及北洋皖系研究述評』 『安徽史学』1996年第4期
莫建来 『皖系軍閥与研究系関係探析』 『社会学院学術季刊』1992年第1期
李書源 『研究系述略』 『吉林大学社会科学学報』1991年第3期
馬烈 『段祺瑞怎様従抗日派転変為親日派』 『民国春秋』1992年第4期
莫建来 『段祺瑞的“武力統一”与日本的対華政策』 『民国档案』1988年第3期
楊徳才 『段祺瑞与中国参戦新探』 『学術月刊』1993年第4期
王彦民 『徐樹錚与1919年南北議和』 『安徽史学』1992年第2期
陳長河 『徐樹錚自日本駐華大使館出逃的前後』 『安徽史学』1992年第2期
呂秋文 『徐樹錚之武力撤消外蒙自治』 『近代中国歴史人物論文集』
梁彩花 『北洋政府与外蒙撤治述論(1915-1919年)』 『中国近代史』1998年第2期
来新夏 『北洋軍閥史文献述略』 『民国档案』1995年第4期
李新 『軍閥論』 『史学月刊』1985年第1期
来新夏 『略論民国軍閥史的研究』 『学術月刊』1985年第1期
来新夏 『論近代軍閥的定義』 『社会科学戦線』1993年第2期
唐学鋒 『試論軍閥割拠的社会基礎』 『西南民族学院学報(哲社版)』1990年第4期
郭剣林 『中国近代軍閥与中国近代化進程』 『学術研究』1991年第3期
劉江船 『論民初軍閥割拠的文化原因』 『民国档案』1994年第3期
居閲時 『北洋軍閥時期史研究的新触角和新局面』 『社会科学』1996年第7期
冀満紅 『北洋軍閥統治時期兵変原因探析』 『歴史档案』1997年第3期
麦科徳(美) 『中西学者研究中国近代軍閥史之比較』 『湖南師範大学社会科学学報』1993年第3期
王継平 『湘軍淮軍異同論』 『求索』1997年第5期
王継平 『論湘軍集団』 『湘潭大学学報』1996年第6期
徐泰来 『論曾国藩的歴史作用和地位』 『湖南師範大学社会科学学報』1995年第5期
季雲飛 『新建陸軍研究二題』 『河北学刊』1992年第6期
徐林祥 『試論袁世凱在清末軍制改革中的作用』 『安徽史学』1994年第4期
楊徳才 『論袁世凱創弁的軍事学堂』 『歴史档案』1993年第3期
李学通 『北洋六鎮編練過程考』 『歴史档案』1993年第3期
莫建来 『試論段祺瑞在北洋建軍中的作用』 『歴史档案』1991年第1期
李明偉 『試論清末北洋集団的政治文化』 『史学月刊』1993年第5期
梁義群・丁進軍 袁世凱統治時期的財政 『民国档案』1991年第1期
紀能文 『従共和総統到洪憲皇帝−袁世凱洪憲復辟的歴史透視』 『天津師範大学学報(社科版)』1996年第4期
姚錦祥  『論北洋武備学堂的歴史地位及其影響』 『南京師範大学学報』1992年第1期
孫思白 論保定軍校的歴史地位−記念保定軍校建立八十周年 『歴史档案』1993年第4期
梁義群 『袁世凱与日本』 『歴史教学』1991年第7期
劉富書 孫中山与軍閥 『民国档案』1994年第4期
徐桂梅 『軍閥統治的特点及其対中国社会的危害』 『中国近代史』1988年第5期
謝本書 『近代中国軍閥史与軍事史』 『軍事史林』1988年第2期
郭剣林・王継慶 『北洋政府外交近代略論』 『学術研究』1994年第3期
婁向哲 『北洋軍閥与日本関係述論』 『南開学報』1993年第5期
焦静宜 北洋軍閥与日本 『学術月刊』1992年第9期
李継鋒 『民国初年的地方分権与中央集権之争』 『民国研究』1994年第二集
波多野善大 『中国近代軍閥の歴史的背景
―比較史的素描―』
波多野善大『中国近代軍閥の研究』第一章
東京・河出書房、1973年
波多野善大 『中国近代軍閥の形成と没落』 波多野善大同上書第一章
波多野善大 『北洋軍閥の形成過程』 波多野善大同上書第二章
波多野善大 『民国軍閥の形成過程』 波多野善大同上書第二章
波多野善大 『袁世凱の帝制と段祺瑞・馮国璋』 波多野善大同上書第四章
波多野善大 『軍閥支配下の農村』 波多野善大同上書第四章
斎藤聖二 『寺内内閣における援段政策確立の経緯』 『国際政治』第83号、1986年
笠原十九司 『日中軍事協定と北京政府の「外蒙治取消」
―ロシア革命がもたらした東アジア世界の変動の一側面―』
『歴史学研究』515号、1983年
馬場明 『安直紛争と原内閣の中立政策』 『国史学』第129号、1986年
小林共明 『陸軍士官学校と中国人留学生―日露戦争期を中心として―』 『ひとりから』第6号、1985年
渋谷由里 『張作霖政権成立の背景
−奉天省における軍隊、警察と辛亥革命−』
『アジア経済』第5号、1997年
(満珠さんから頂く)
貴志俊彦 『袁世凱政権の内モンゴル地域支配体制の形成
−「蒙蔵院」の成立と内モンゴル三特別行政区の設置−』
『史学研究』第185号、1989年
(満珠さんから頂く)
松重光浩 「保境安民」期における張作霖地域権力の地域統合策 『史学研究』第186号、1989年
(満珠さんから頂く)



「資料DB」

作者所有の中国語資料作者所有の日本語資料

「参考文献」

「簡略年表」の参考文献「人物小誌」の参考文献「中国近代通史」の参考文献「中国近代人口研究」の参考文献
「半植民地半封建という概念」の参考文献/「新民主主義という概念」の参考文献/「国共両党重要大会・会議」の参考文献
「中国近代史と少数民族」の参考文献「重要資料」の参考文献/「北洋軍閥考」の参考文献/「北京政府考」の参考文献



中国近代史研究 | ホーム | メール | 研究方針 | 簡略年表 | 人物小誌 | 予備知識 | 題目研究 | 関連書籍 | 研究筆記 |
| 作者紹介 | 更新記録 | 留学日記 | 紫金山房 | リンク集1 | リンク集2 | 近代通史 | 連載企画 | 推奨図書 | 近代風景 |