わたあめマシン作り

 お祭りで おなじみの わたあめ           なんと 家庭でも 作れます !

「作り方」は、こうだ!  「材料」は、ここで買え!  「技」を、みがけ!

結  論


 

 「作り方」は、こうだ!

 

ここに、注意!

わたあめの材料は、なんと、「ザラメ糖」だけ。                         

 これを温め、わた状になったところで、割り箸でクルクルと巻いたら、完成です。      

 しかし、世の中、そう甘くはありません。                             

ザラメを わた状に変える 「マシン」 が、必要なのです。      

本には、「アルミ缶」に「自転車のスポーク」を付けて「モーターにつなぐ」と、ありました。

でも、それでは、缶の加工などで、大がかりな工作が必要です。              

「もっと簡単に、マシンを作る方法は、ないものか?」           

そこで、考えついたのが、ボルトとナットを使って作る方法です。            

   

 

こうやって、作ろう!

 

わたあめマシンの作り方

 

それでは、「wing流」の作り方を、順番に説明しましょう。

 

1.アルミ缶を用意し、側面の下「2分の1」に、たくさん穴をあける。

 

2.リングプルを取り、ボルトとナットを、残った穴の部分に取り付ける。

 

3.モーターにピニオンギアをはめ込み、割り箸2本で取っ手をつける。

 

4.ゴムホースで本体と連結して、わたあめマシンの完成。      

 

 

わたあめを作ろう!

 

1.マシンに、スプーン2杯程度のザラメを入れて、アルコールランプで熱する。

ザラメが溶ける、いい匂いがしてきたら、モーターを回す。        

 

2.割り箸で、缶から出てきた「わた」を集めたら、わたあめの出来上がり!   

もどる


 

「材料」は、ここで買え!

 

スーパーで買うもの

モーター(玩具コーナー。ミニ四駆用や、昔なつかしいマブチFA130など。模型用なら、何でもOK。)    

ピニオンギア(玩具コーナー。ミニ四駆用で、OK。)                                 

割り箸(日用品コーナー。 ごく普通のもので、よい。 マシンの取っ手に、使う。)                

ザラメ糖(食品コーナー。グラニュー糖や三温糖は、わたあめには、なりません。)                

 

DIYショップで買うもの

ボルト・ナット(作業用部品コーナー。直径6ミリくらいのもの。10組で、100円程度。)             

 

そ   の   他

アルミ缶(コーラなど、飲んだあとの缶を使いましょう。)                               

 アルコールランプ(なければ、カセットコンロで代用しましょう。)                           

もどる


 

  「技」をみがけ!

 

上達の、極意!

ふわふわした、キレイな わたあめを作るのは、なかなかむずかしいものです。

成功のカギは、モーターの回転数にあります。               

同僚の話では、高性能モーターほど、キレイな わたあめが 出来るそうです。 

理由は、「わた状のアメが、穴から勢いよく飛び出すから」だ、そうです。    

ミニ四駆用の、**チューンモーター等で、やってみる価値は、ありそうです。

もどる


 

結 論

   「ボルトとナットで、手軽に「わたあめマシン」を、つくろう!」

親子で作れば、お父さん、お母さんの株が、グンとアップ!。

                                 Let's challenge !!

Copyright(C) 1998-1999 Hiro Sato


 H O M E       も  ど  る      ほ か の 実 験