セパタクローって何?


Real ball  (25.0KB)

JAPANESE, ENGLISH

セパタクローって知ってますか?

歴史と背景

セパタクローはおよそ500年前に 東南アジアでマレーシアの王室によって生まれたスポーツで "セパ"とはマレー語で「蹴る」、 "タクロー"とはタイ語でボールという意味です。 当時は日本の伝統的な遊びの蹴鞠(ボールが地面に着くまでに プレーヤーが描いた円の中で何回続けて蹴れるかということを競うもの)に似ていました。 1965年に現在のセパタクローのルールが統一され、アジアセパタクロー連盟も 設立されました。

ゲーム


コートの大きさ、ネットの高さはバトミントンと同じで(女性はネット の高さが男性より10cm低い)、1チーム3人のスポーツです。 ルールはバレーボールとほとんど同じですが以下の点で異なっています。

サーブ

サーブをする選手は軸足をサービスサークルの内側におき キックするほうの足はサーブボールを蹴るためにサークル外に置く。 サーブをする側のチームのほかの2人はそれぞれのクォーターサークル (センターラインの両端を中心とする半径90センチの円)にいる 必要があり、そのうち一方がサーバーにボールを手で投げる。
サーブでゲームが始まったら3回までに相手のコートに ボールを返さなくてはなりません。 足や頭のほか手や胸以外の場所ならどこでも使えます。

ゲームスコア

3セットマッチ2セット先取、1セット15点マッチで競われます。 また3セット目に限り、6点先取のタイブレイクです。

ボール

Real ball  (3.16KB) ボールは天然の籐もしくはプラスチックでできたもので、 12個の5角形の穴と20の交点を持つように編み重ねた球形のものです。 円周は42〜44cm、重さは170〜180gの間です。 ハンドボールよりも小さく、ソフトボールよりも大きい大きさになっています。 プラスチックのボールが第11回の北京アジア大会から公式ボールとして 使われるようになりました。

ゲームの見どころ

選手(主にアタッカー)が高くジャンプし、 アクロバティックなアタックを打つところが魅力的です。 そのスピードは世界クラスで時速140kmもあります。また、からだの柔軟性や バランス、高度なボールコントロール等が要求されますが、 これがセパタクローの1番の魅力とも言えましょう。

国際大会

東南アジア諸国を中心として、毎年11月前後にキングスカップが開かれます。 近年日本代表もいい結果を残すようになりました。

あなたもやりたくなったでしょ?


掲示板
セパタクローってなに
セパタクローをみる
セパタクローをやる
日本セパタクロー協会
結果
リンクのページ
写真館
ホーム

sepak_takraw@geocities.co.jp
Copyright (C) 1999