メバルは、すむ場所の深さによって体色異変がある。浅場のものは黒っぽく深場のものは赤っぽい。
 メバルは荒れた海を嫌います。また、澄んだ潮よりも濁った潮、晴天より曇天をそして風のないベタナギを好む。そして目がいいため、太めの釣り糸や縮れた糸に対して警戒的である。そこで、メバルをねらう場合その天候、潮の具合、仕掛けの繊細さについて気をつけないといい釣りはできない。
 天候や潮によって、メバルのタナは微妙に異なるため、ウキ下をどれぐらいにするかが、この釣りのポイントです。また、メバルは昼間よりも夜釣りの方が期待できます。常夜灯のあるポイントを探しましょう。
 ウキ釣りでアタリの少ないときは、リールをゆっくり巻くか竿を引いて誘いをかけた方がよく釣れます。
 ルアー釣りでは、自分を起点に扇形に50センチ刻みで上層、中層、低層と隈無く探ってアタリのあったところを集中して狙う。基本的には、立て竿でスローリトリーブ。
 ルアーの色は、ホワイトかピンクの夜光に高実績。

エサは、オキアミ、青イソメなど