インラインスキーヤーのページ

現在、競技スキーの主流となっているカーブスキー。
このスキーをうまく扱うにはどこに焦点を置いたらいいだろうか?
それはスキーの動きに合わせること、
カーブスキーではすでにターンしやすいように最初からカーブが大きくついている。
ということは以前のスキーのようにひねりや小さい関節を使う必要が少なくなります。
ではどうすればいいか、まず、スキーには大きなカーブがあり、小さい角づけでも
ターンが始まります。ターンするということは、重心がスキーよりも体が内側に
なるということ。スキーよりも体が内側にないとターンが始まらないということになります。
浅いターンになれば重心の入る量は浅くなるし、深いターンになればより多く重心は内側
に入ることになります。

しかし、すべての動きは目に見えない力、すなわち遠心力や重力などと言った外力が
働いた上でしか起こりません。スピードがないのに身体(重心)を内側に入れても
倒れてしまいます。
逆にスピードがあるのに身体(重心)を内側に入れないで深いターンをしようとすれば
ズレや上体のひねりによってでしかターンは始まりません。要は目に見えない力(外力)と
うまくバランスを取り、カーブスキーを扱うということになります。

 大会でタイム差が出るのは、主に急斜面や振り幅のきついセットだと思います。
このような場面では外力が強く働いていて、重心の移動距離が左右に大きくなくては、
カーブスキーを生かすこともできないし、タイムの短縮は望めません。
競技スキーは上から下まで無駄なく落下してくる事がタイムの短縮につながると思います。
一番の無駄はズレ。カーブのきついスキーをズラさず、ターンを連続するには、身体の
動きはどのようになっていくのか、また、その動きにはどのような外力がかかっていて、

どうやって付き合っていくのが有効かを今の時期からシーズンに向かって考えて見てください。
動きは一つになっていくでしょう。その中でいかにミスを少なくし、いかにうまく落下して
いくかがカギになってくると思います。

 インラインスケートでは、外力はそれほど大きくはないけれども動き自体は何ら変わりは
ありません。ターンする事に変わりはないのですから・・・・・。
(1999 ICI河口湖インラインキャンプミーティング資料より)


スケート、防具について

練習場所

練習方法

トレーニングレポート

滑走動画集

インラインスキーヤーBBS

練習予定(1999)

練習予定(2000)

インラインリンク集

1999年8月の水没した道満公園


森電気商会RACINGに戻る

チームラッシュのページに戻る