「アメリカ・モンタナ州のフラットヘッド湖に、不思議な怪獣が棲んでいます。
気味の悪いうなり声をあげて、湖を凄いスピードで泳いでいくので、
近くの人たちは『スクリューのガー助』と呼んでいます」

(1972年発行の「なぜなに世界の大怪獣」より)

私が知る限りでは、もっとも鮮明なs未知動物の写真ではないかと思います。


あまりにもお伽話的なガー助ですが、もとになった事件がちゃんとありました。
ジャン・ジャック・バルロワ著「幻の動物たち」によると
インディアンたちは大昔から、フラットヘッド湖に棲むと言う怪物について語り継いでいるという。
しかしどうやらここにいるのは何やら巨大な魚、それもチョウザメらしい。
4m以上もあるチョウザメ(らしきもの)の目撃例があるそうです。
怪獣=恐竜ではないので、それはそれでOKです。


未知動物図書館


未知動物事件簿


トップページへ