係留設備作業

2002.4.7


舞鶴ヨット協会では、冬の間は全艇陸上保管しています。
いよいよ4月となり、本格的なヨット活動が始まります。

今日は、ヨットを下架(海に下ろす)に先立ち、係留用のアンカーを設置します。

只今、アンカーのチェック中。

ロープの痛み具合をみています
これから半年、愛艇の命綱となるので入念に確認します

確認が終わったアンカーから順に波打ち際に運びます


こちらはマーシャニス。
レースでは本部艇として活躍しますが、今日は作業船です

1回に4個程度のアンカーを積んで、陸上からの指示でアンカーを落とします


小船を準備中

マーシャニスで打ったアンカーのロープを岸まで届けるのが役目です


いよいよ作業開始!
マーシャニスにアンカーを積み込みます

陸上からの合図でアンカーを落とします。

顔は笑ってますが、実はこのアンカーは結構重いです。。。

約半分ほど作業が終わったところです。
小さいけどアンカーブイが見えますか?

こちらは、小型艇用の上げ下ろしに使うホイストの取り付けです。

ハーバーマスター自ら、ホイスト用の電源を固定してます

皆さんのお昼ご飯を準備中です。
このトン汁は絶品です!!!(涎)

毎年、これが楽しみなんですよ!







ランチタイム。

船の近くか海辺で食事です。
やっぱり海好きですね。皆さん!