次項目 前項目 総目次
次項目:循環作動薬投与早見表
前項目:地震・火災などの緊急時の対応

時々お世話になる薬剤(ど忘れメモ)


術中に使用される可能性のある薬剤を、使い方を中心に紹介します。
商品名でアイウエオ順に並べてあります。

商品名 投与量 製剤 投与・溶解・注意etc
アダラート 5-10mg/Nasal 5mg,10mg 調節性に欠ける
アトロピン 0.3-0.5mg/iv 1A=0.5mg=1ml  
アネキセート 初回0.2mg/iv 1A=0.5mg=5ml 総量1mgまで
アプロバール 0.5-3mg/iv 1A=5mg=5ml 1分間1mgの速度でiv 
アミサリン 100-200mg/緩徐iv 1A=100mg=1ml 希釈して1-2分かけて
アルフォナード 5-30μg/kg/min 1V=250mg 1A+5%Glu250ml点滴静注
インデラル 0.2-1mg/iv 1A=2mg=2ml 1A+蒸留水8ml
エフェドリン 5-10mg/iv 1A=40mg=1ml 1A+蒸留水3ml
エホチール 1-2mg/iv 1A=10mg=1ml 1A+蒸留水9ml
エリーテン 10mg/iv 1A=10mg=2ml  
塩化カリウム 0.2mEq/kg/h 1A=10mEq=10ml 中心から3時間負荷する
カルチコール 1-2A/iv 1A=425mg=5ml  
キシロカイン 1mg/kg/iv 1A=100mg=5ml 持続投与早見表あり
サクシゾン 100-1000mg/iv 1A=100mg 生食20mlに溶いて投与
ジギラノゲンC 0.2-0.4mg/緩徐iv 1A=0.4mg=2ml 生食20mlに溶いて投与
シグマート 2mg/h/div 1V=12mg 持続投与する
ドパミン液 3-15μg/kg/min 0.1%200ml
0.3%200ml
投与早見表あり
ドプラム 1mg/kg/iv 1V=400mg=20ml  
ネオシネジン 0.1-0.2mg/iv 1A=1mg=1ml  
ネオフィリン 5-6mg/kg/iv30min 1A=250mg=10ml 希釈し30分かけて(註)
ナロキソン 0.2mg/分割iv 1A=0.2mg=1ml  
ヒューマリンR 0.1U/kg/sc  1ml=40U 持続投与法もあり
プロスタンジン 0.02-0.2μg/kg/min 1A=20μg
1V=500μg
投与早見表あり
ヘルカレノンD 3-15μg/kg/min 1A=100mg=5ml 投与早見表あり
ヘルベッサー 1μg/kg/min 1A=10mg
1A=50mg
投与早見表あり
ペルジピン 0.5-1mg/iv 1A=2mg=2ml
1A=10mg=10ml
持続投与法もあり
ミリスロール 0.6ml/iv
0.2-5μg/kg/min
1A=1mg=2ml
1A=5mg=10ml
1V=25mg=50ml
投与早見表あり
メイロン (体重*BE/4)ml/iv 1A=7%溶液20ml  
メキシチール 2mg/kg/iv 1A=125mg=5ml 持続投与法もあり
ラシックス 5-20mg/iv 1A=20mg=2ml 持続投与法もあり
リスモダン 1mg/kg/緩徐iv 1A=50mg=5ml 5分以上かけて
レギチーン 1-5mg/iv  1A=10mg=1ml 持続投与早見表あり
ワソラン 0.02mg/kg/iv  1A=5mg=2ml 1A+蒸留水3ml


次項目 前項目 総目次