■FIELD REPORT

 このコーナーはある特定の趣味、団体、個人などを批判するものでは決してありません。湖で自然を楽しむ者がお互いに気を付けて自然環境を守るために実際に私が見たものを報告するコーナーです。噂話や他人から聞いた話の掲載は行いません。


■BASSERのマナーに関するレポート

●事例1 〜葦の隙間〜

 バス釣りを長年していて誰にも迷惑をかけたことがない人は、いないと思います。まずは自分が行った失敗について報告します。

 岸に沿って生えている葦をボートからピッチングで攻めていると、葦の隙間から鯉やへらの仕掛けが...。びっくりして「すみません!」と声をかけて離れることもあれば、私が気が付くのが遅れて怒鳴られることも...。ボートの引き波でへらのうきが揺れたり、鯉の仕掛けを遠投している場合、その上を気が付かずにエンジンで通過したり大変な迷惑をかけていると思います。一度、そういう体験をした場所では気を付けるようにしていますがBASSERの人口も多いので中々この問題はおさまりそうにありませんね。
 私は,釣り番組などでバス以外の釣りもなるべく見るようにして、他の釣りの勉強もしているつもりです。そうすることで他の釣りも理解できるようになり、他の釣り人に対しての気遣いもできるようになるのではないでしょうか?もちろん、迷惑をかけたら素直に「すみません!」と声をかけましょうね!たとえ怒鳴られたとしても。

●事例2 〜ゴミ箱〜

 登山をする方はご存知だと思いますが、「ゴミはゴミ箱へ」ではなく、「ゴミは持ち帰りましょう」なのです。世の中にはゴミ箱に捨てることさえもできない人もいるので、ゴミをゴミ箱へ捨てる人を決して非難できないが、下の写真を見ると言葉を失ってしまう。

ゴミ箱に入る量の数倍のゴミがまわりに散乱していた。

 ここのポイントは、バスだけでなく他の釣りをする方もいます。しかし大半がバスを狙う人です。皆、堤防の下の道に車を駐車して釣りをするのですが、道沿いには以下の写真のような状況が...。上の写真のゴミ箱から約20mの場所なのに。

道沿いにも大量のゴミがあった。

 


index