喧嘩芸骨法


奈良時代に大伴古麻呂によって創成された骨法 (拳法に近い古代相撲の”手乞い”)は、戦乱に飲み込 まれて日の目を見ることがなく一部の人に伝えられた秘密の 拳法としての運命をたどる。一子相伝として秘密裡に伝承し 口伝と体得によって受け継がれてきたと言われる骨法は堀 辺一族に伝わり日の目を見る事になる。堀辺正史氏は9歳の時に一族の中 でただ一人伝統ある第五十二代目骨法伝承者に選ばれ父 より「堀辺正史源一夢」と名乗れと言い渡されたという。 父から骨法を教わっていた堀辺少年は、実戦で骨法を使うが苦戦するのであった。 骨法が実戦で使えないのを悟った堀辺氏は自らの実戦で得た経験から 実戦を想定した喧嘩芸骨法を創るのであった。

喧嘩芸骨法

創始師範・堀辺正史(源一夢)



骨法の秘伝の必殺技「徹し」(動画)

喧嘩芸骨法のテーマ(リアルオーディオ&歌詞)

実戦・堀辺正史VS北派少林拳「節拳」の主席謝師範

実戦・古代格闘技パンクラチオン大会8名トーナメント戦


BACK