夜の都会はパラディソ〜


1/31日曜日午前4時過ぎ、おいらは産業道路を軽快にカロゴンで疾走している・・今日もいい天気になりそうだぜ・・工業地帯特有の臭いが微かに車内に立ちこめるが、悪い気分ではない別にクソ寒い中早朝ドライブとしゃれ込んでいるわけではなくて・・今日の獲物はシーバス君(スズキ)である!昨年末にネット上で知り合った、悪い仲間に誘われて海男になりつつある・・今日この頃・・

冗談はさておき、今日はシーバス2回目である。前回は乗合船からのジギングオンリーであったのだが、今回は”低料金シーバスチャーターボートサービスREAL"さんに御世話になった、詳しくはREALさんのHPを見てもらいたい。乗合船と違い小回りが利いて一般の乗合船では入り込めないようなタイトなポイントにも楽々アクセスできるし、ミノーイングを楽しめるのはこのタイプのチャーター船の特権である!普段バスフィッシングを楽しんでいる方ならジギングよりもエキサイティングな釣りを楽しめるので、是非一度お試しあれ・・・

釣行前に駐挺場で見かけた・・・・クルーザーってデカイねぇ〜ビックリした。日本でもあれだけの数のクルーザーがあるなんてさすが都会は違う(笑)陸に上げてあるクルーザーはビルの様でしたよ・・

寒さに異常に強いクマドン!
午前4:30集合・・出船はおそらく5時ぐらい、ほぼ無風なのと完全防備なので思った程寒くはないが、いざ船が走り出すと流石に・・・息が・苦しい・・(笑)しかし隣に座っているクマドンは、やけに清々しい顔をしている・・
おいら「寒くないの??」
クマドン「全然寒く無いですよ
やはり極寒のハルピンに住んで居たものは違うね(体つきもハルピン仕様だし(笑))

最初のポイントへ到着、海上港?らしき水上にそびえる施設の柱部分を丹念に探る。おいらはルアーセレクトがよく分からなかったので、前日買ったラッキーKのビーフリーズをキャスト、バスの要領でツイッチしてみるが、なんとなく釣れる気がしない?

クマドンのファーストキャストにヒット!(確かパール系のミノー)ストラクチャーの直ぐ側で食ってきたとのこと、なんだ釣れるんだ〜(おいら心の声)おいらは釣れないが、クマドンとMMさんは快調に飛ばしている(MMさんはかなりイレパク)見かねたMMさんが「エアさん私のラパラ使っていいから」と青白のCD9を貸してくれた。バス用のフロロ5LBだったのでブレイクしそうで怖かったが、結局お借りしてしまった(案の定しばらくしてロスト)「エアさんただ巻きが基本だからね」とのお言葉のお陰で漸く一本目をゲットすることができた。(基本は無防備にただよう鰯君を装う

釣れるって楽しいね
シーバスはかなり群をなして行動しているようで、急に釣れだしたり釣れなくなったりが激しい(この辺が船長さんの腕の見せ所)特に朝日が上がってアタリがさっぱり無くなったのには驚いた(津久井湖のバスの場合釣れなさすぎて魚の状況変化が分かりにくい)同じ船からでも人によって釣果が随分違ってくるのは、ポイントの選択(変化がキモ)とキャストの精度、あとは誘い方&タナかな・・

夜が明けるとジギングタイム!おいらはこちらの方をメインに置いていたので、他の二人に数で圧倒された分、一発大物を密かに狙っていたのだが・・・・不発!MMさんが翼橋の橋脚で一本上げたのみに終わった(翼橋の橋脚狙いなんてなんか雄大だ・・津久井の三井大橋とはスケールが・・)

今思えば中層にサスペンドしていたシーバス君(この日魚探の反応は中層に強く出ていた)をじっくりとバイブレーションで狙ってもよかったかなと・・・反省。ジグと違い軽量なバイブレーションをスムーズにフォールさせるにはPEライン必携です。潮に流されにくいように1号前後のラインを使うとスムーズにフォールさせることが出来ます。最近はバス向けにもPEラインのラインナップが増えてきてますので是非試してみて下さい。


HOME更新履歴メール&投稿ロッドリールエレキ&バッテリーボート&くるまショップ釣行記&たわごと小物&ルアーめし屋津久井湖マップゲストブック不定期刊競馬木村スポーツウエア系リザーバーフリークMLリンク50up

 ジオシティーズの入り口へ このコミュニティの入り口へ ご近所を訪問する