八郎攻略・お代理編マボ編エア編1エア編2エア編3見積もり編


わたしが、PaPaです
・・・たまにはさぁ〜難しいこと考えないで、クランクとかスピナベとか適当にブン投げて、グリグリやって、「ガッ!」なんてイージーな釣りしたいじゃ無いですか!!ねぇ〜皆さん!!手強い津久井バスを相手にするのは確かに楽しいですが・・たまには無邪気なバス君達と戯れたい!!・・と言うことで、マボ夫妻、PaPaさんを巻き込んでの八郎釣行始まり始まり〜〜〜

日程は6/5(土曜)〜6/8(火曜)四泊三日である。皆さん少々大人!?なので金曜晩に出て土曜朝イチで釣行とは行かずに、ゆっくり休んで早朝に出ることにした。

出発当日の朝、家の近所の待ち合わせ場所に到着したとPaPaさんからTELが入る。不思議な事だがPaPaさんとは初対面である。一度もあったことが無い方と泊まりがけで釣りに行くなんて一昔前だったら考えられないっすよね〜全くインターネットと携帯電話は革命的なアイテムですな・・(少々大げさかな??)ちなみにおいらの想像でのPaPaさんは、雰囲気のある髭面のアウトドアマンだった・・・その正体は・・・

順調にマボ邸到着!!(新婚さんらしい小綺麗なアパートでしたよ。。・・だからどうしたと言われると困るが・・)そそくさと、マボチャレンジャーに4人分の荷物を詰め込んでいざ出発!!700キロ弱と言うとえらい遠く感じられると思うかもしれませんが、私には意外と近く感じられたのですが・・・(でも皆は否定してましたが(笑))
マボさんの運転するチャレンジャーは途中軽い渋滞もあったものの、いい感じでみちのく路を北上して行きます。しかも今日は珍しくマボさん運転に積極的です。(やはり気合いが入っているのでしょうね)が・・しかし突然マボさんに睡魔が襲ってきたようで、私に運転チェンジ!

時折マボさんから警告が入るペースで巡航を続ける・・・(ごめんねマボさんタイヤ溶かして・・)荷物を満載して4人載っているせいかもしれませんが、ガソリン3.5リッターの車にしてはトルクが寂しいような気がしたなぁ〜2トンも車重が有るのだからあれで、普通なのかな??燃費は飛ばしてもゆっくり走ってもだいたいリッター7キロ。排気量を考えたら優秀なのかも・・・流石GDIエンジンと言って良いのか??
あ!そうそう5ATはいいね100キロ巡航で2000回転程しか回ってません。タイヤをオンロード指向のタイヤにして、ルーフレールとか外すと相当静かなクルージングが楽しめそうですね。

昼飯休憩とガスチャージ等休憩は(たしか・・)2回で男鹿昭和インターに到着!!時刻は確か・・午後2時ぐらいだったと思います。(思っていたより早く着いたな)地元の熱いバサー軍団”渡辺道場”のメンバーと顔合わせです。HP上ではかなり熱い(厳しい)トークを繰り広げていいらっしゃるので、相当硬派な面々かと緊張していたのですが、意外とフレンドリーでいい方達でした。(えびすご馳走様です・・麦さんいたら大喜びですね(笑))軽く日程を話し合ってこの場は直ぐお別れしました(6/7月曜日本湖釣行のガイドをして頂くことになりまして渡辺道場の面々には感謝感激です・・synさんには盛岡冷麺のお土産まで頂いてしまった・・・マジウマでした!!)

とりあえず夕マズメに陸っぱりで、八郎バスにご挨拶してみることにする。(バス達には良い迷惑だが・・)渡辺道場の師範に教わった場所で釣行開始(実は師範達が教えてくれたポイントはもう少し北上した所であった・・通りでイマイチなハズ)

葦が島のように群生してきて悪くない感じなのだが・・イマイチ水深が無くて、デカバスがの臭いが感じられない・・・マボさんはセコリグで(失礼!・・マボさんのファイナルウエポンらしい・)順調に数をこなしている・・おいらはヘビキャロ、トップ等で(意地になってバドまで投げてみたが)攻めてみるがいっこうにビックワンが姿を見せる気配はない・・・う〜んいかんこのままではと・・節操のないわたしは急にスプリットに変更水通しの良さそうな葦水路が細くなったところで漸く初八郎バスを手にした・・35センチぐらいにバリバリのアフター君。ほっとけメソッドで来ました。

大原旅館にて
あまりに寂しい釣り&ホントに寒くなってきたので今日の所はコレぐらいで許してやろうと、全員一致で撤収(笑)宿に向かう。アバウトな地図のお陰で(ちゃんとした地図を持っていかない我々がそもそも用意が悪いのだが・・)半分迷いながら、漸く大原旅館に到着!!(途中道を聞いた地元の商店のおばちゃんなまり具合がいい感じ!!・・お〜秋田に来たんだと実感)宿の叔父さん(なんと大正生まれとは思えない元気な方、言葉も背筋もシャキンとしていて、こちらまで元気になりそう)が遅くなってしまった我々を心よく迎えてくれた。旅先で良い方と出会うのはとても気分がいいですね。

夕飯は豚カツと刺身がメイン!(マボさんはイマイチ食事が、気に入らない様子だったのと対照的にPaPaさんはガツガツと食らいついていた(笑))

お代理様用に別部屋が用意されていたのだが、何となく不気味なのと(変な圧迫感がある部屋だった)一人ではつまらないだろうから、布団を我々の部屋に運んで上げた(あとあと考えると大正解だった・・訳はお代理様に各自聞いて下さい

こうして!?初日に夜は過ぎていく・・明日の起床の予定は午前4:30!!

続く・・


HOME更新履歴メール&投稿ロッドリールエレキ&バッテリーボート&くるまショップ釣行記&たわごと小物&ルアーめし屋津久井湖マップゲストブック不定期刊競馬木村スポーツウエア系リザーバーフリークMLリンク50up

 ジオシティーズの入り口へ このコミュニティの入り口へ ご近所を訪問する