津久井的バス師はイカ適正度120%!


気まぐれな初春の天候は容赦なく釣り人を惑わせる・・・・それにしても今回の釣行は厳しいかったなぁ〜・・寒い!眠い!強風(拷風)と悪条件のオンパレード大売り出しって感じですかね〜

お疲れさんデス!
今回の腹Timer杯イカツアー攻略メンバーは津久井湖攻略軍団からいけいけ氏、玉xさん、エア、腹Timer掲示板常連チームからTIMさん、かとうさん、腹さん計6名の好き者揃いです(笑)・・・でも本当は妙にハイテンションな津久井湖攻略メンバーの為に腹さん達が悪条件を承知でつき合ってくれたのかもしれない・・・腹さん、TIMさん、かとうさんに感謝)

この日関東は、春先特有の大荒れの天候(ちなみに伊豆地方は強風波浪注意報)3連休も重なって、悪天候だけではなく大渋滞にも行く手を阻まれました・・・当初の予定では何カ所か釣り歩きながら南下して行く予定だったのですが、遅刻も重なって(TIMさん、かとうさんすみません)結局、本格的に釣りを開始したのは下田でした。

うん十年ぶりの夜釣り、しかもはじめての釣り&場所なので本来は明るいうちからポイントに入るのが基本です(皆様方、気を付けて下さいねはじめての場所での夜釣りは危険です)今回は熟練の釣り師たちのカイド付きという事でよしとしておきましょう。

下田、犬走り堤防は、まるでアオリイカを釣るが為の、管理釣り場と言ってもいいぐらい好条件を兼ね備えたポイントです。駐車場の直ぐ目の前の防波堤がポイントになってい
犬走り!
ます。トイレも完備しておりますし、肝心なアオリイカの魚影?も濃いです(大好物の鰺がたくさん居るそうです)釣りをしては根掛かりが殆ど無く、大事なエギのロストも最小限ですみます。それでいて全く海底の変化が無いわけでも無く丁度いい感じの凸凹具合なのです。沖の島みたいな所まで防波堤が伸びており大人数でも釣りが出来るのも魅力です・・・

さて釣りの方ですが・・
寒い!とにかく寒かった〜釣りはテクニックより気合いだなと今回つくづく身にしみて感じましたよ・・実際一番気合いが入っていた、”いけいけさん”が釣っていますしね。私なんか眠気と寒さでエギを動かすイメージよりも、暖かい布団のイメージの方が先行して釣りになりませんでした。まあ惰性で午前1時位迄は頑張りましたが、体力の限界を感じ・・・「よし!こりゃダメだ!朝マズメまで寝る!」と軟弱モードに入ってしまい腹イプサム号でぐっすり寝かせて頂きましたよ(笑)これじゃあダメね・・・

釣果にありつくには・・
気合い&集中力40%テクニック30%、運30%、ですかねぇ・・

この日の下田は(関東全域ですが)急激な気温の低下に伴いイカの活性もスローになっているようで、海底をのそのそ這いまわる海老&シャコさんのイメージが良かったようですね

TIMさんに教えて頂いた低活性時のスローなズル引きをレクチャーして頂いたのですが、スプリットショットやヘビキャロなどで、ゆっくりズル引きさせてストラクチャーに軽く引っかけ、軽くアオって外れた反動でリアクション的に食わせるテクニックに非常に似ており、熟練のバスマンなら直ぐに慣れると思います。他にも様々なテクニックがあります。腹TimerさんのHP"原当麻だより"にエギングについてのいろいろな情報が掲載されてますので是非一度ご覧下さい。

この日は、強風のためとてもフリーフォール出来る状態ではなかったので、キャスト後直ぐに海面にラインを着水させ、風の影響を最小限に押さえて気持ちだけラインをフリーに出すようにしました。吹き付ける強風の為なかなか底を感じるのが難しかったですねぇ(感度の落ちる投げ竿を使用している玉Xさんなどは、かなり苦労しているようでした)それでも何とか底を感じなら、ズル引きするどもアタリは無し・・・結局ノーバイトでしたねぇ〜はぁ・・・

厳しい一日でした。釣果の方は6人で2はい!初っぱなに”いけいけさん”がゲットしたランカーアオリ一本と、朝マズメに腹さんが帳尻会わせたヤリイカを釣り上げたのは流石ですね(腹さんは今のところボウズ無いそうです)

 
感度
飛距離
乗りの
良さ
シーバスロッド
バスロッド
トラウトロッド
投げ竿
これからはじめる方に・・・
まだまだ歴史の浅いエギングですのでバスやシーバスのように専用ロッドが簡単に手に入る訳には行きません。皆様シーバスロッド、トラウトロッド、投げ竿、バスロッド等々で代用しているようです・・なかなか帯に短し襷に長しで・・・理想を言えば15g〜20g程度のエギをフルキャスト出来るパワーを持ちながら、イカのジェット噴射を(一気に10メートル以上行くこともあるらしい・・・)かわすこともできるしなやかなブランクを持ち、繊細なイカのアタリを素早く関知できる感度があれば最高なのですが・・・一般的にはライトアクションのシーバスロッド(8〜9フィート)がもっともポピュラーなようです。

津久井のアオリーキング!
当日のマイタックル
ちなみに私はダイコーのガルフ802LLです(いいっすよコレ)リールはシマノツインパワー3000を使用しました(アルテグラ4000あたりで十分)ラインはバリバスの”ゲーム14LB”を使用したのですが、コレが素晴らしいです(高いけどね・・150mで定価2100円)12LB位の太さなのですが(0.285mm)全く不安なく使用できましたよ。一度根掛かった時も、裂けるチーズの様に繊維がベロベロになりながらも、切れずにすんだので助かりました。どうも今までのナイロンラインとは違う様ですね(専門的な事はわかないのですいません)飛距離を落とさずに安心して細めのラインを使えるので、皆さんも一度使ってみて下さいな。

津久井湖のようにそう簡単には釣れない湖でスローなワーミングを苦にしない&好き方ならかなりイカ適性度高いと思われますので是非皆様一度体験してませんか?


HOME更新履歴メール&投稿ロッドリールエレキ&バッテリーボート&くるまショップ釣行記&たわごと小物&ルアーめし屋津久井湖マップゲストブック不定期刊競馬木村スポーツウエア系リザーバーフリークMLリンク50up

 ジオシティーズの入り口へ このコミュニティの入り口へ ご近所を訪問する