Welcome to the Malt Whisky Trail

モルト ウィスキーの世界へようこそ

最近はすっかりワインがブームになっていますが、以外と(?)ウィスキーは流行っていないようですね。 せっかく税金も安くなり、ウィスキーもお求めやすくなったのだし、もうそろそろ流行ってもいいと思うのですが… 以外と追求してみると面白いものですよ。

そもそも私自信お酒はあまり飲まない方だったのですが、主人がウィスキーが好きということもあって少し勉強するようになりました。 ワインも好きなのですが、ワインにはあまりにも種類が多すぎて、脳みその容量が足りないらしくまったく覚えられません。 でも、ウィスキー、それもスコッチだけだとそこまで数がないので、とっつきやすいのですよ。 作り方とかを本で読んでも今ひとつ理解しにくい。 そこで一番いいのが、作っているところを実際に見ること! そこで私達夫婦のウィスキー蒸留所巡りの旅が始まったのです。

いざ、スコットランドへ… まずは エジンバラ

エジンバラはとりあえずせっかくスコットランドに来たのだから見ていかなくてはと思って行ったのですが、ここには The Scotch Whisky Heritage Centre があるので、まずはここでスコッチの知識のおさらいをしていくのにいいです。 乗り物に乗れるので、ちょっとした遊園地気分(?)。 それに、エジンバラにはウィスキーを売っている店も多いので、街を歩くだけでもハッピーになれます。

スペイサイドの蒸留所を巡って

そもそもスコットランドに訪れるのが始めての私達にとって、明確な目的があるのはよかったと思います。 スコットランドと言っても広いですから、あるテーマ、たとえばお城巡り、栄えている街の観光、などがあった方がどこのエリアに行けばいいかすぐ決まり周りやすいと思います。 私達にとっては、蒸留所巡りをするという目的があったので、とりあえずは一番蒸留所が集まっているスペイサイドに行くことにしました。 エルギンの街を拠点として、運転手付きタクシーをお願いして周ることにしました。 余談になりますが、エルギンの街にある「Mansion House」というホテルは小さなお城といった感じで、食事も本格的コースで美味しく、とてもお勧めです。 男性がウィスキーに興味をもっているのなら、女性にはそのホテルだけでも喜んでもらえるのでは…

 

  1. ストラスアイラ (Strathisla)

最初によった蒸留所がここでした。 ここの蒸留所はとにかく美しい! 絵ハガキにぴったりの景色です。 庭にはヘザーの花がいっぱい咲いていて、待合室はアンチークな家具が揃っていて素晴らしかったです。 ウェルカムティーとショートブレッドも出してくれました。 そして蒸留所の中を見せてくれました。 結構アットホームな感じで、見学はこの時は私達だけでした。 働いているおじさんのアクセントはちょっと聞き取りにくかったですが、詳しく一所懸命説明してくれました。 そしてもちろんラストはテイスティング!

2. グレンリベット (Glenlivet)

こちらはビジターセンターがもっとしっかりしていて、他の人達と見学ツアーに参加しました。ツアーでは説明も詳しくしてくれてわかりやすかったです。 やはり内装がとても美しくて、樽を使った家具なども置いてありました。

3. グレンフィディック (Glenfiddich)

さすがにグレンフィディックはビジターセンターが非常にしっかりしてました。また、ビルの周りもとても美しかったです。まずはビデオを見るけど、各国の言葉のヘッドフォンがあるので、日本語もばっちりですよ。 ビデオで説明を受けてからは、実際に蒸留所の中を見学しながらさらに詳しく説明をしてくれました。 こちらは蒸留所の中の写真撮影もOKなのでバシバシ写真を撮ってきました。 ポットスチルの数も多かったです。 そして、お土産コーナーもとても充実していました。 もちろんお決まりのテイスティングでいい気分になれます。

4. グレングラント (Glen Grant)

着いた時間が遅かったので、残念ながら見学はできなかったのですが、お土産を買って、テイスティングをさせてもらいました。

5. クラガンモア (Cragganmore)

ここは見学するには予約がいります。 ここの待合室はとにかく素晴らしかったです。 見学は私達だけでしたが、お茶とショートブレッドをいただきながら、まずはビデオを見ました。 そして、その後おじさん(名前は忘れてしまいました)が色々と説明しながら見学させてくれました。 これまた詳しく、わかりやすかったです。 写真撮影もOKですし、たまたま蒸留所が休みに入っていたときだったので、空のポットスチルの中身までを見ることが出来ました。 そして、また部屋に戻ると、9種類のシングルモルトから、「Old Parr」の味を作ってみよう、というブレンディングの体験もできました。 これは他ではなかったとても良い体験でした。 でも結果は、まったく違ったウィスキーとなってしまいました! ブレンディングはやはり難しかったです。

6. グレンファークラス (Glenfarclas)

こちらもちゃんとした見学ツアーをやっていました、しかし写真撮影は駄目。 でも、お土産屋は充実していました。 ネクタイはとてもかっこいいです。

7. カーデュ (Cardhu)

こちらもそこそこのビジターセンターがありました。 ちなみに、蒸留所のお外にはピクニックスペースみたいのもあり、とても美しい景色。 ハイランドカウ(毛の長い牛)もいました。

8. マッカラン (Macallan)

ここも予約が必要です。 マッカランの広いお庭は美しく、ピーターラビットのようなウサギが飛び跳ねていたりしました。 残念なことに、蒸留所はお休みしていたので、中の見学は出来ませんでした。 でも、面白いパイプオルガン演奏とビデオを見させてもらいました。 その後はノージングで色々な違ったウィスキーの香いを嗅がせてもらいました。 帰りにミニボトルをお土産にくれました。

Speyside Cooperage

ここは蒸留所ではないのですが、ウィスキーを入れる樽を作っているところです。 人がその場で樽を作っているのを見るのは結構感動的でした。

 

アイラ島の蒸留所を巡って

スペイサイドのウィスキー蒸留所にあまりにも感動したので、今度は是非主人が一番好きなアイラ島のモルトの故郷に行きたい、ということで新婚旅行でこの夢を実現させることにしました。 アイラ島はそもそもウィスキーの蒸留所しか名物はほとんどないといった感じのところなので、よっぽどのウィスキー好き以外はほとんど日本から観光客の行かないところです。 それがかえってよかったですね。 まったく観光開発されていなくて、自然がいっぱい、空気も良くとってものんびりすることが出来ました。 当然直通便は無く、グラスゴーから小さなプロペラ機に乗り換えて行くのです。 アイラのウィスキーはピートの煙で付けた、とてもスモーキーな香りが特徴です。

蒸留所をたずねる前に、「The Museum of Islay Life」というとても小さな博物館があります。 ここで、非常に昔の人達がウィスキーを作っていた道具などがおいてあるので、いちどたずねてみるといいと思います。

 

  1. ラフロイグ (Laphroaig)
  2. この蒸留所からの景色は絶品です。 海が美しいので、蒸留所のまわりを散歩するだけでも気持ち良い気分になってしまいます。ここの見学は説明がしっかりしていて分りやすかったです。 ピートを以前はどうとっていたかの実演とかもやって、各プロセスで詳しく説明し色々と見せてくれました。 ここはポットスチルもいっぱいあって迫力がありました。 ちょっとしたお土産も買えて、もちろんテイスティングも。 そして、ラフロイグのウィスキーのラベルと申込書で、Friends Of Laphroaig になって、わずかながらの土地をもらえるという面白いこともやっています。

  3. ラガヴリン (Lagavulin)
  4.  

    ここもまたちゃんとした見学ツアーをやっていてわりと人も多かったです。 ポットスチルも大きかったですね。 テイスティングするお部屋がとても奇麗でした。 ここもまた美しいところで、Kilchurn Castle という廃虚の城が見えます。

  5. ブルイックラディ (Bruichladdich)
  6. ここは休業中ですので、中は見られませんが、お外からでも雰囲気のあるところでした。

  7. ブナハーブン (Bunnahabhain)
  8. ここはビジター用というより直接オフィスに行って、そこから見学につれていってもあるといった感じでした。 基本的に、アイラ島の蒸留所はスペイサイドほどビジターセンターは充実していません。 でも、かえって説明をしてくれている人達が説明専門の人ではなく、本当にウィスキーを作っている人達が説明をしてくれるので、詳しかったりします。 ここでもそうで、テイスティングの時は色々お話が聞けました。

  9. カリーラ (Caol Ila)
  10. 残念なことに、休業中だったので中は見られませんでした。 窓を通して大きなポットスチルが見られた他、お土産屋さんは開けてくれました。

  11. ボウモア (Bowmore)
  12.  

    アイラ島の中で唯一スペイサイドの蒸留所なみのビジターセンターがあるのがここです。 まずはビデオを見てから、女性のツアーガイドが見学ツアーにつれていってくれます。 Queen 専用の樽も見せてもらえました。 そして、テイスティング。 色々好きなだけ試させてもらえます。 ここのお土産は非常に充実していますので、色々目移りしてしまいます。

  13. アードベッグ (Ardbeg)
  14.  

    ずっと休業していたのが、動き始めたばかりで忙しくて見学ツアーどころでは無いとのことでした。 でも、好き勝手に中に入って色々みて写真をとってもいいとのことでした。 いずれはビジターセンターも予定しているとのことでしたので、しばらくすればここもちゃんとした見学ツアーが行われるようになるでしょう。

  15. ジュラ (Jura)

これはアイラ島ではなく、隣りの島ジュラ島唯一の蒸留所です。 フェリーでジュラ島に渡りました。小さ目でアットホームな感じでした。 お土産もテイスティングも無く、蒸留所の人が見学ツアーをしてくれるだけです。 ただ、こちらの島のアクセントが非常に強いらしく、ほとんどなにを言っているか聞き取れませんでした。

  1. ポートエレン (Port Ellen)

ここはもう使われていない蒸留所だが、建物はまだ健在である。 周りにはピートの山でした。

ポートエレン モルティング 工場 (Port Ellen Maltings)

ポートエレンの蒸留所はもう動いていなくても、モルティング工場が現在多いに活躍しています。 とくに見学ツアーはありませんが、フレンドリーなマネージャーさんが自ら説明しながら見学させてくれました。 (みんなヘルメットをかぶって) 色々な蒸留所にモルトを提供しているのですが、各蒸留所の香りに合わせてピートの強さを調整していました。 大きな機械がいっぱいで、初めて見るものばかりで感動物でした。

その他のスコットランドの蒸留所

  1. オーバン (Oban)

また別のスコットランド旅行で行ったオーバンにも蒸留所があったので、行ってみました。 見学ツアーは時間が足りなかったので参加しませんでしたが、お土産ショップで買い物をしました。 町中にちょこんとある、不思議な感じの蒸留所でした。 オーバンの町はそれ以外でもとても可愛い町なので、また訪れたいと思うところの一つです。

 

日本国内の蒸留所

蒸留所巡りはほとんどスコットランドばかりでしたが、さすがに遠いな、と思うのなら、日本国内の蒸留所を見学するのもいいかもしれません。 私達も、今年のゴールデンウィークに初めて軽井沢にある蒸留所に行きました。 軽井沢はスコットランドよりはるかに栄えていますので、まったく雰囲気は違いますが、泊まったペンションがヨーロッパ風だったので、ちょっとだけスコットランドを思い出したりしました。 とりあえずメルシャンしか行きませんでしたが、今度はサントリーの蒸留所に行ってみたいですね。

  1. メルシャン軽井沢蒸留所
  2. どちらかというとメルシャン美術館の方がメインみたいな感じですが、見学ツアーはちゃんとあります。 残念ながら写真撮影は駄目でした。 女性のツアーガイドがマニュアル的に説明するだけなので、スコットランドの時のように詳しくないし、本人もわかって言っているのかな?とちょっと疑問でしたが… でも樽がいっぱい並んでいるのは感動的でしたし、周りはとても奇麗でお散歩にも良い感じでした。 テイスティングもありました。 蒸留所ではないのですが、マンズのワイナリーにも行きました。 ツアーはほんのちょっとだったのですが、テイスティングのところではとにかく色々な種類のワインを試せてよかったですよ。 私は15種類試しましたが、途中でちょっと気持ち悪くなってしまいました。

  3. ニッカウィスキー蒸留所 仙台

仙台旅行のプランの一つとしてニッカウィスキー蒸留所に行って来ました。行きの車が事故渋滞にはまってしまい、残念ながら見学には間に合いませんでした。でも、敷地内を散歩した限りでは、赤い色の建物が全てとても綺麗でとても良い雰囲気の場所でした。ショップのも開いていたので、ショップに入りましたが、ウィスキーの試飲もできて、ウィスキー入りソフトクリームまで販売していました。川辺でシーズンにより(秋)芋煮会が出来ます。遅かったので、私達だけでやりましたが、里芋、大根、ゴボウ、ニンジン、豚肉などを煮て、醤油か味噌で味付ける鍋といった感じでしたが、身体も温まりとても美味しかったです。ニッカウィスキーの水割りの缶もセットに入っているので、ピクニック気分で盛り上がります。ちなみに、別のシーズンだと、バーベキューなどもできるそうです。次回は是非早めに行って見学をしたいと思います。

 

 

これからも色々旅したい…

いまのところこれぐらいしか蒸留所巡りの旅には行っていないのですが、まだまだこれからもこういった旅をしたいと思っています。 そもそも旅が好きなのですが、こういったテーマがあると、それまた楽しいのです。 でも、ワインも好きなので、ワイナリーも巡ってみたいな、と思ったりしています。 私達は蒸留所巡りは本当に楽しめましたし、きれいな水がなければ出来ないウィスキーの蒸留所のあるところは必ずといっていいほど自然がいっぱいで奇麗。 そこまでウィスキーが好きではなくても、こういった旅の形、お勧めします。

 

ちょっと素敵なバーを紹介

ここでは、お勧めなバーを紹介したいと思います。

 

1.  BAR TALISKER (Taliskerはスコットランドの蒸留所名)

 

    東京都中央区銀座 7-5-12 藤平ビル B1

    Tel/Fax: 03-3571-1753

1998年8月3日にオープンしたばかりのとっても雰囲気がいいバーです。

ここのオーナーの内田さんは、以前は麹町にある「ぐらんぺしゃわーる」、その後は赤坂の「OLD TIME」のバーテンダーを勤めた後、夢を実現させて自分のお店をオープンさせたのです。

内田さんは根っからのウィスキー好き。 スコットランドの蒸留所巡りももちろんしたことはありますし、スコットランドでは少なくなっているが、ウィスキーがそこまでポピュラーではないからお宝スコッチがいっぱいあるイタリアでもいっぱいウィスキーを仕入れてきた本格的なウィスキーのコレクターです。 そのコレクションは1000本以上、レア物もいっぱいもっています。 その半数ぐらいを現在店に出していますので、ウィスキーが好きな人にとっては嬉しすぎるお店です。 また、ウィスキー以外も、もちろん普通のBar並に他のもの(カクテル、ワイン、ブランデー等)ありますのでどなたでも気軽に入れるところです。

お店の作りは、木をいっぱい使ってあって雰囲気いいです。 カウンター以外にもお席があるので、たとえばデートで二人でお話したいという方にも大丈夫です。 お外の看板は、イギリスにあるようなランプだけなので(アンティークだそうです)ちょっと見つけにくいかもしれませんが、かえって穴場っぽくていいですよ。

で、なにより良いのが「人」です。 内田さんはお話も楽しくって、お話していて飽きません。 とてもフレンドリーで冗談も通じるとっても良い方です。 そして、もう一人のバーテンさん(いつもは二人でやっている)もやはりスコットランドに蒸留所巡り経験有りですので、スコットランドのお話をしたい方には是非このお二人とお話をしてみてください。 ちょっと一杯、とか思ったときでも是非行って見てください。