イタリアン

新潟の名物と言えば何でしょう?
コシヒカリ?酒?日本海の幸?実はそのどれでもありません。真の新潟名物は、『みかづきのイタリアン』なのです。太めの中華麺をモヤシとキャベツと共に炒め、ソースで味付けをし、その上に秘伝のイタリアンソースをかけ最後に生姜を添えたものが『みかづきのイタリアン』なのです。その味は何物にも代え難い、「みかづき」オリジナルの味であり、世界中で新潟の「みかづき」でしか食べられないものなのです。コシヒカリや酒はどこへでも運ぶことが出来ます。海の幸は、良い漁港のある街なら他でも食べられます。しかし、『みかづきのイタリアン』は新潟へ行かなくては食べられません。『みかづきのイタリアン』こそが真の新潟名物なのです。ちなみに「イタリアン」で使っているモヤシは以前は自家製でしたが、現在は“株式会社 上原園”さまのモヤシを使っているそうです。「イタリアン」のおいしいモヤシがどうやって作られているか、上原園さまの素敵なホームページでご覧ください。
http://www.ueharaen.co.jp/

みかづきの社長より、イタリアン誕生に関する資料を頂きました。三日月さんありがとうございます。

 イタリアンの夜明け「誕生秘話」

昭和34年、箱根の「商業会セミナー」に参加していた三日月晴三(現会長)は東京の京橋でご商売をなさっていた繁盛店の(中ばし)さんに「帰省の時にでもウチに寄っていけ」誘われたのがきっかけ。
「甘すぎて申し訳ありません」という当時有名なキャッチ・コピーで甘味処を経営されていた。この方が大阪の「ぼてじゅう」の焼きそばをヒントに関西のお好み焼屋でお客が自分で焼くという伝統的スタイルを、店員が焼いてお客に提供するという関東のニーズにあわせた方法で提供し商売をしていた。
当時、三日月の主力商品は
「あんみつ」「アズキあいす」「関東煮=カントダキ」...(おでん)などで甘味喫茶であり、特に当時のおでんは赤提灯でしか食べられないもので当時の女性にとってはいささか食するには「はばかられる」状態であったものを気軽に利用できるようにした。
東京の浅草、田原町の付近でも「ソース焼きそば」が主流で、そこで会長は箸で食べるという点を「フォークで粉チーズ」をかけて提供する「やきそばイタリアン」とした。
小判型の皿、紅生姜ではなく白生姜を添えて提供している。
名称はこの頃ではトレンド・センターではあるイタメシであるがスパゲティ=イタリアンのイメージでネーミングした。
昭和35年当時、ラーメン1杯70円のところ、イタリアン1杯80円で販売した。売り始めてから幸いにもすぐにお客様の支持を得ることが出来たが、バザー「文化祭」にご利用頂いたことが今日に至るきっかけになったと思われる。
漢字の「三日月」から「みかづき」に変更したのは昭和47年です。
長岡に「フレンド」さんという同じく「中バシ」さんのところへ勉強に出かけた関係上同様な仕様になっているが無論、販売はこちらが早くに行っていた。
登録商標しようとしたら特定の国名はダメと門前払いであったことが思い出される。