7/1

横浜王

今日までにチケットが送られてこないと、ワールドカップのチケットははずれとのこと。送られてこないぃ(;_;)

しゃぁない、ボランティアでもやるか・・・・・・

7/2

千代田王

会社の歓迎会で赤坂で飲み会。ここへ来た新しいバイトさんが滅茶苦茶濃いキャラクターで、大盛り上がりっちゅうか、なんちゅうか。ま、水曜日からどうなることやら、愉しみなのやら、心配なのやら。複雑な心境である。

7/3

ブウ*

まぁ、たまには新規開拓でもせなあかんな、ということで、思い立って、下北沢の「田舎(でんしゃ)」へ。以下、評価。

田舎

東京

下北沢

5/ABC

麺は太麺と細麺が選べるので、太麺指定。やや加水率高めの麺は食べはじめはきちんとコシがあって、スープの絡みも良好。ただし、徐々にコシが失われていくので、さっさと食べてしまった方が良い。A評価か、B評価か、迷うところだが、のんびり食べていたことを差し引いて、とりあえずA評価。スープは鶏ガラベースの東京系醤油味。海産物系の旨味がそこそこ効いているが、目立つのは八角系のスパイス。かなり強めに効いているので、食べはじめはちょっと気になる。こちらは麺と逆に、食べているとだんだん麻痺してきて気にならなくなる(^^;。チャーシューはまずくない程度のもので、別 に害ではないが、わざわざトッピングする程のものでもない。

7/4

横浜王

ピクシーの代表ラストゲームが大分で(キリンカップ最終戦)。しかし、ピクシーのコンディションはあまり良くないようだし、ユーゴ全体も今一つ動きが鈍い。この程度のチームだったら、まぁ、問題なく勝ててしまうよな、という内容で、大分のファンも消化不良だったんじゃないだろうか。でもまぁ、ユーゴ、パラグアイという面 子相手に二連勝なんだから、代表は誉めてあげるべきかな。広山、せっかく呼んだんだから、ちょっと使えば良かったのに。

7/5

千代田王

スピルバーグ監督、オスメント君主演の「A.I.」鑑賞。

以下ネタバレのため、文字色変えます。ストーリーは別に難解じゃないし、知らずに観た方がきっと楽しめると思うので、観る予定のある人は無理に読まない方が良いですぜ。

温室効果で地表の大部分が水没した未来を舞台に、ロボットの2000年にわたる冒険を描いたもの。映画化構想はキューブリックだそうで、生前、映画化をスピルバーグにゆだねたらしい。

物語はまずファミリーものっぽい作りで始まり、途中、キューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」風のパンクな未来が描かれ、最後に2000年後の大団円が静かに語られる。母親の愛情を求めるという、画期的な感情を持たされて生まれてきたロボットは、その機能故にトラブルを起こし、家族に疎まれ、捨てられてしまう。それでも母親の愛情を取り戻したい彼は、空間と時間を超えた冒険の末に、やっとただ一つの望みを叶える、というストーリー。

話は途中のパンクな世界だけ、キューブリック色が濃く出るが、スピルバーグの模倣は単なる真似に終わらず、なかなか見事。また、見る前には「ちょっと長いな」と感じる尺をほとんど感じさせずにラストまで持っていく描写 もなかなかである。

「母を訪ねて三千里」「オズの魔法使い」っぽい、どこかで聞いたことのあるようなストーリーではあるが、オスメント君と助演のジュード・ロウの熱演もあって、良質のエンターテイメントに仕上がっていると思う。

惜しいのは、彼の望みが叶えられるのがたった一日という、御都合主義的な設定だが、まぁ、「キューブリックに捧げる」ことだし、ここら辺は目をつぶろう。

孤児、宇宙人、ユダヤ人、黒人といった、迫害されがちな存在にスポットを当てる一連の作品の延長線上にあるとも言える今作で、スピルバーグはロボットに感情移入させることに成功している。

一見して全く正反対の作風であるスピルバーグとキューブリックの融合、SFXであることを感じさせないレベルまで到達したSFX、世代を超えて世界を代表する役者の共演、愛とは何か、人間とは何かを深いレベルまで掘り下げた内容。表現、内容の両面 で見どころ満載の一本だと思う。

監督、脚本を手掛けた(脚本を自分でやるのは随分久しぶりじゃないかな?)スピルバーグにあげられる☆が3つしかないのが残念である。ということで、評価は☆☆☆。

今度、もうちょっと空いてからまた見に行こうっと(^^

7/6

ブウ*

有楽町の無元で一杯。以下、評価。

無元

札幌

有楽町

1/BCC

店の前には「当店自慢の味噌を是非御賞味下さい」みたいなことが書いてあったので、全く気が進まなかったけれども味噌を注文。麺は北海道っぽい縮れ麺だが、一つ間違えるとインスタントラーメンっぽい。まぁ、それは良いとして、コシはそこそこだが、スープの絡みは今一つ。おまけにきちんとほぐしながら茹でていないため、あちらこちらで固まりになってしまっている。うまく茹でればそこそこの麺だろうに、ちょっと惜しい。スープはラードの膜で保温した、すみれタイプのものだが、質の方は雲泥の差。ご多聞に漏れず、味噌汁ラーメンである。チャーシューも味付けは普通 だが、肉質があまり良くない。まぁ、醤油、塩だったらもうちょっと評価は良くなるかもしれないけど、店が「味噌を食べてくれ」と主張しているんだから、仕方ない。もう食べに行かないと思うので、評価もこのまま変わらないと思う(^^;

7/7

横浜王

ジュビロ磐田、わがマリノスを延長で下してあっさりと前期優勝が決定。もう、4月の時点で馬鹿強で、優勝は決定したようなものだったけど、最後まで緊張感を切らさずに走り抜けたのは見事。そして、中山、名波、服部といったベテランと、高原らの若手の融合(マリノス、見習うべし)、技術的・戦術的に高度な課題を与え、モチベーションを維持し続けさせた監督の手腕(アントラーズ、見習うべし)など、他のJチームとは3ランクぐらいの違いを見せていた。

去年、圧倒的な強さを見せたアントラーズ、今年それ以上の強さを見せているジュビロ、両チームに共通 するのは、ジーコ、ドゥンガという、超一流の外国人によって精神的な基盤を整備されていることである。技術的な成熟を見せつつある日本の選手達に、こういうメンタル面 の好影響が及ぼされているのは非常に良いことである。しかし、他のチームの不甲斐なさを見ていると、そういった精神的成長がほんの一部の選手の中で止まってしまっているような感じでもある。

まぁ、何にしても、ここ数年続いているジュビロの時代は、まだ数年は続きそうである。

7/8

ブウ*

成増の「一笑」に再チャレンジ。前回は非常にレベルの高いラーメンを出したけど、今回は全然ダメ。以下、再評価

一笑

九州

成増

3/CBA

スープのコクが前回と比べて随分と失われていた。夏になって、ブタが痩せてしまったということもあるだろう。脂分が空回りしてしまっていて、良くある、濃厚なだけの九州系になってしまっている。ただ、これはスープの性質上、仕方がないところもある。もっと残念なのは、麺である。麺固めで注文したにもかかわらず、麺は茹で過ぎでコシがない。これは明らかに技術的な問題である。チャーシューだけは相変わらずレベルが高かったが、これでは3/CBAがやっとである。

7/9

横浜王

忘れてた。今回のtoto、再び2等当選!!!!しかし、前回以下の、400円(;_;)。

7/10

ネギトロ王

築地の場内でネギトロ丼を一杯。以下、評価。

大江戸食堂

まずトロだが、質はまぁまぁ。わざわざ良い部分を取ってきたというわけではなさそうだが、このくらいの質のものを出してくれるならそれなりに満足。ネギは普通 のネギだが、適度なバランスで、及第点。御飯は普通の白米だが質が悪い。ワサビは割ときちんとしていてこれも及第点。価格は850円だったかな。お椀がついてくるけど、これはダシがきちんととれてなくて、妙に味気ないもの。麦茶は沢山飲めてサービスが良かった。点数は13点満点で4点(BCDC)。

評価方法は、A:絶品、B:うまい、C:普通、D:いただけない、の4段階で「トロ」「ネギ」「シャリ」「わさび」の各要素を評価、A=3、B=2、C=1、D=0で換算して、それぞれを合計。さらに付帯要素で±1の範囲で補正。合計点は最高13点から、最低-1点までの、15段階評価。合計で8点以上であれば「文句なしに美味しい」、5点以上であれば「そこそこ」、3点以下なら「もう食べない」となる。

7/11

ブウ*

ピンズが欲しくてローソンの「ディズニーオンアイス」の入場券を申し込んだら、なぜかチケットが当たってしまった(^^; なんか、運を無駄 に使った気分。しかし、その勢いを買ってスタバのお姉さんに「ピンズ、ありませんか?」と尋ねたら、親切にも4つ、ピンをくれた。ありがとう(^^

7/12

ブウ*

志木に醍醐の支店ができてるんだった。ということで、ちょっくら出かけてみると、この間まで喜多方ラーメンの店だったところ。居抜きで借りたのかな?以下、評価。

紅醍醐

独自系(九州風)

志木

3/ACB

恐らく青山などに展開している醍醐の支店。スープは牛骨スープとのことだが、クリーミーなだけで、ほとんど旨味のないもの。とんこつだったら「とんこつライト」に分類されるんだろうけど、これは牛骨だから牛骨ライトかな?「間違って、水で薄めちゃったんじゃないの?」と思ってしまうスープは当然いただけない。麺は中位 の太さの太平タイプ。やや加水率が高いのかな?味のないスープは全然絡んでこないけど、これは麺のせいというより、スープのせいだろう。一応豆板醤をたっぷり入れて食べてみたら、ちゃんと麺に絡んできていた。このスープには勿体無い。チャーシューは薄切りの煮ブタで、九州風としてはまともな部類。

なんか、期待していっただけに拍子抜け。青山のスープもこんな酷いものを出すようになったんだろうか。

7/13

蛇王

最近、ようやくそこそこに勝てるようになってきた。級も大分あがってきた。でも、相変わらず、うっかりミスが多い。そういう負け方をしていると、ついつい熱くなって、夜中までやってしまう。「健康のために指し過ぎに注意しましょう」。

7/14

千代田王

暑い(;_;) ここんところの平均気温はバンコクと一緒らしい。スコールも良く降るし、すっかり熱帯のような気候になってしまったようだ。こんな現状を見ていても、京都議定書を批准するのを迷ってるなんて、小泉も所詮その程度か(^^;?

7/15

ブウ*

新宿でスキー仲間と飲み会。色々と裏事情の情報交換をして、なかなか楽しめた。

7/16

千代田王

総合科学技術会議ライフサイエンス部会、見学。いや、なかなか楽しめました(^^

そのあと、夕食を食べに銀座のAS Cafeへ。パスタのセットを食べたけど、味は良いけど量 が少ない。腹六分目ぐらい。うーーーん、まだ食べたいよう、と思ったけど、ちょっと大人になって我慢。家についたら、結構お腹が膨れていた(^^; 食べなくて良かった。

7/17

蛇王

戦法、向い飛車一辺倒からちょいと別の作戦を含むようにしてから連戦連勝。壁をあっという間に破って、あれよあれよと言う間に5級。初段が見えてきたか??

7/18

蛇王

昨日、5級と言っていたら、今日はもう3級。うーーーむ、絶好調。

7/19

千代田王

今日、FFの発売日。でも、家に誰もいないから、持ってかえられちゃっただろうな。宅配便はこういう時に不便だよなー。クロネコヤマト(ペリカンかもしれないけど)も気の毒。毎度毎度、再配達だもんね。

7/20

千代田王

我が家のボンダイマック君がついに里子に出されることに決定。長いこと、お疲れさまでした。(って、ブチのマックが我が家に来たのは随分前で、それから長いこと、ただのHDとして使用されていて、非常に気の毒だったんだけど)

それで、FFはようやく我が家に。さて、遊ぶぞー。ということで、日記はしばらく他の人に任せなくちゃ(^^;

7/21

横浜王

トト、引き分けを適中させたりして高額ゲットの期待が高まったのに、最後の最後でこけてしまってアウツ。しかし、一等賞金が意外と低額で、35万円。引き分け2試合あててもこれじゃぁ、みんな買うのやめちゃうんじゃないかなー。

7/22

千代田王

ブリッツの試合にすっかりはまってしまい、一日を無駄遣い(^^; え? あぁ、FFの話ね。

7/23

ブウ*

護国寺に移転したちゃぶ屋で一杯。以下、評価。

ちゃぶ屋

東京トンコツ

5/BBA

トンコツベースの醤油味スープ。野菜でダシをとった甘みのあるスープで、焦がしネギでアクセントをつけたなかなか美味しいもの。しかし、スープ単体では美味しいのに、モヤシ、大量 に入った焦がしネギと焦がしニンニクはスープの味をぼけさせてしまっている。麺は中位 の太さのやや偏平タイプ。加水率が高く、モチモチした感じ。やや茹で過ぎで、コシが失われているのが惜しい。チャーシューは非常に丁寧につくられた肩ロースの煮豚。味も厚さも極薄だが、スープの味とあいまってなかなか見事。移転前にくらべると麺が悪くなったと思うが、その他はなかなか高品質。

7/24

ネギトロ王

会社そばの寿司屋のランチでネギトロ丼。なかなか美味しいんだけど、でも、中落ち丼って感じ。評価に入れるかどうか迷いに迷ったが、今回は見送り。味は良いんだけどね。

7/25

千代田王

イーベイで新規フィードバックを10個ためた人の中から抽選で一名様に500万円という破格のフェアをやっているため大慌てで(締め切りは30日)10アイテム程出品。しかし、全然入札がない(^^;このサイト、日本人は全然使ってないんじゃないの??

7/26

千代田王

今日発売予定のFF8のデスクトップアクセサリー集がなかなか見つからない。まだ入荷してないのかなー。デジキューブのサイトから注文した方が早いのかな?

7/27

千代田王

ようやくFF8のデスクトップアクセサリー集をゲット。でも、会社にCDドライブ置いてきちゃったよ。

7/28

ブウ*

青山でやっているイタヤコレクション展示会に再訪。2時間程板谷さんと雑談。

その後、久しぶりに武蔵@青山に向かったが、残念ながら閉店後。ということで、ぶらぶら表参道方面 に歩いていって、醍醐の先にあった「麺家大海」で一杯。以下、評価。

麺家大海

東京西部

表参道

1/CCB

麺は中くらいの太さの縮れ麺。やや茹で過ぎ感のある柔らかい麺で、スープの絡みはまぁまぁだけど、それ以前の問題として麺が絡まっていてなかなかほぐれない。食べにくいことおびただしい。もうちょっとちゃんと調理してくれー。スープは店の前まで強烈ににおってくる和風ダシが中心。ベースはトンコツ。この手のスープを絶賛する一部のマニアがいるのも事実だとは思うが、なんかバランスが悪くて、「魚のダシを強くすりゃぁ良いってもんじゃないよ」と言いたくなる。チャーシューは味自体はなかなかだが、九州系の白湯スープにはマッチしても、この手の和風だし系トンコツベースのスープにはいかがなものか。

ところで、ここって、ちょっと前まで別の店だったような。あれ?前からこの店だっけ?ま、大した味じゃなかったから、別 にどっちでも良いけど。

7/29

千代田王

法事で横浜へ。六角橋の名寿司店「みゆき寿司」でたらふく。

その後従兄弟を送りながら帰宅。

夜はのんびり選挙速報をチェック。まぁ、当然のごとく小泉自民党圧勝。おかみに守られるのが大好きな日本人が、「多少の倒産、失業率アップもやむなし」と言い続けている小泉さんをここまで指示する理由がさっぱり判らないんだけど、小泉さんが何をやろうとしているのか全く理解していないのか、小泉さんが色々と構造改革をやっても自分だけは大丈夫と思っているのか、どっちかなんだろうなぁ(^^; つまらない選挙速報を見ているうちにテレビが大分くたびれてきているのに気がついた。またちょっと日本の景気回復に貢献するか?

7/30

千代田王

安易に500万円ゲットをたくらんだものの、あえなく失敗(^^;

7/31

千代田王

FFで忙しい。


ブウ*

友達が神戸に転勤になるので、送別会。

今回は送別される人間の希望もあって、水道橋の京城へ。送別会ということもあって、しばらく会ってなかった知り合いも数名参加。○○ちゃんの妹が結婚しただの、××のコンピューターが娘に破壊されて再起不能になっただの、なかなか面 白い情報をゲット。

しかし、これから神戸に帰る人間の送別会で近江牛、松坂牛を食べるのも、ちょっと謎ではある。まぁ、本人がとっても満足していたから良しとしよう。

それから、家に帰ったら、今日は来れなかった知り合いからMLにメールが一本。曰く、○○○○にわざわざ自分の○○○○を作ってみたんだけど、すぐ○○○きちゃうので、いちいち○○○のが大変、とのこと(^^; よくやるよ。暇なんだろうか(^^; 暇なんだろうな(^^;(^^;(^^;